SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-01-17 11:14:54

マーケット > 朝イチ情報

国内市況 デイリーコメント

 2019年1月16日(水)  大引け

更新 : 2019/1/17 10:00
(更新予定時間:12:45頃/16:15頃の1日2回)

今日の株式市況

16日の日経平均株価は前日比112円安の2万442円と3営業日ぶりに反落。TOPIXは同4ポイント安の1,537ポイント。騰落銘柄数は値上がり635銘柄、値下がり1,424銘柄、変わらず69銘柄。朝方は、15日の米国株高を受けて買い先行に日経平均株価は小高く始まったが、一巡後は下げに転じた。円が対ドルで強含むとともに株価指数先物売りを交えて軟化し、一時2万323円(前日比231円安)まで下落した。その後は円伸び悩みもあって後場中盤に向けて下げ渋ったが、戻りは限定され、大引けにかけてもみ合い商状となった。

前日の米国市場

15日の米国株式は、3日ぶりに反発した。NYダウが前日比155ドル高の2万4,065ドル、ナスダック総合指数が同117ポイント高の7,023ポイントで取引を終了。ナスダック総合指数は12月13日以来、約1カ月ぶりに終値ベースで7,000ポイントの大台を回復した。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億7,010万株、ナスダック市場が21億1,965万株だった。中国の国家発展改革委員会による景気支援策への期待感から買いが先行。直近で調整を入れていたこともあり、堅調に推移した。英議会が15日、EU(欧州連合)からの離脱協定案を反対多数で否決したものの、相場への影響は限定的だった。

業種・個別株動向   

業種別(東証33業種)株価指数は値上がり11、値下がり22。値上がり率上位は電気ガス、食料品、水産農林など。値下がり率上位は石油石炭製品、鉱業。パルプ紙、証券商品先物、非鉄金属など。東電力HD<9501>、東ガス<9531>などの電気ガス株が堅調。味の素<2802>、キッコマン<2801>などの食料品株や。マルハニチロ<1333>などの水産農林株も高い。半面、JXTG<5020>、コスモエネH<5021>などの石油石炭製品株や、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が下落。日本紙<3863>、王子HD<3861>などのパルプ紙株も安い。野村<8604>、SBI<8473>などの証券商品先物株や、住友鉱<5713>、日軽金HD<5703>などの非鉄金属株も売られた。

新興市場・IPO

新興市場で日経ジャスダック平均株価は3営業日続伸。京写<6837>、CSランバー<7808>、日本ISK<7986>、日本色材<4920>がストップ高となり、ユビテック<6662>なども上昇。半面、KG情報<2408>、マジェスティ<7834>、ピープル<7865>などが下落。

主要指標(19/1/17 10:00)

日経平均株価

20,499

+56

日経平均先物

20,480

+50

TOPIX

1,547

+9

日経ジャスダック平均

3,342

+10

  • ※日経平均先物に関しては、前引けは11時30分、大引けは15時15分の更新となります。

注目ニュース(毎日10:00更新)

●住友ゴム<5110>SUBARUが開催する「ゲレンデタクシー2019」の全車両に、DUNLOPの乗用車用スタッドレスタイヤを供給する。
●JR東日本<9020>モバイルSuicaの一部サービスを変更・終了する。
●NTTドコモ<9437>電通と、デジタルOOH(Out Of Home)広告の新会社「ライブボード」を設立する。
●アドベンチャ<6030>総合レンタル事業子会社EDISTを設立し、ファッションレンタルサービス「EDIST CLOSET」事業を譲渡する。
●ユニゾHD<3258>米国での連結子会社の組織体制を再編する。
●石光商事<2750>印紅茶輸出大手と合弁会社を設立した。
●博報堂DY<2433>スポーツテクノロジーの研究・開発を行う「Sports Technology Lab」を設立した。
●日立<6501>東京海上日動と、製造現場のデジタル化推進に向けた新サービス提供で協創を開始する。
●丸大食<2288>健常者を対象としたプラズマローゲン摂取の影響を認知機能テストで確認した。
●アルフレッサ<2784>ヤマト運輸と、「医薬品流通研究会」を発足した。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.