SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-04-20 21:54:04

マーケット > 朝イチ情報

先物・オプション市況

更新:2018/04/20(毎営業日9:00頃更新)

毎日更新!相場見通し・テクニカル分析 (4/20)

下を売り込む流れにはなりにくい:見通し
19日の225先物は前日比20円高の22200円。価格帯別出来高では商いが積み上がっている水準でもあり、大引けにかけて利益確定の売りも出て上げ幅を縮めた。一方、19日の米国株式相場は下落。ダウ平均は83.18ドル安の24664.89、ナスダックは57.18ポイント安の7238.06で取引を終了した。台湾セミコンダクター(TSM)が、スマートフォン需要の鈍化を理由に慎重な通期見通しを示したことが嫌気され、半導体関連株を中心に売りが先行。生活用品株にも売りが広がり、終日軟調推移となった。一方で、複数の主要企業決算が好感されたほか、長期金利の上昇で金融セクターも選好され、下値は限られた。
225ナイトセッションの終値は日中終値比80円安の22120円だった。円相場は1ドル107円40銭台、1ユーロ132円50銭台で推移(8時30分時点)。19日の米国市場は半導体株の弱い動きから下落しており、指数インパクトの大きい値がさハイテク株に、この影響がみられる可能性があり、上値の重石になりそうだ。ただし、海外勢の需給動向に変化がみられてきており、下を売り込む流れにはなりづらいだろう。5日線が支持線として意識されており、押し目買い意欲は強そうだ。上値メドは22200円、下値メドは22050円とする。
海外市場では米長期金利の上昇を背景にドル買い・円売り基調が継続。また、最近の良好な内容の米経済指標を受けて、市場では米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペースの加速が意識されており、ドル相場の支援材料となった。ただ、米株式市場が軟調に推移したことから、ドルの上値を抑える展開となった。東京市場に入ってもこの流れを引き続き、ドル・円は107円台半ば近辺で小動きに推移している。本日の東京市場は日経平均株価の動向が手掛かり材料になりそうだ。日米首脳会談などのイベント通過に伴う材料出尽くし感から、リスク回避的なドル売り・円買いは縮小する可能性があるものの、明確な方向性を示唆する相場展開にはならないと予想される。

提供:フィスコ社

今すぐ先物・オプション口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • お客さまは、本レポートに表示されている情報をお客さま自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、 複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客さまご自身でお願いします。

お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • 積立サマリー
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.