SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-10-24 06:22:11

マーケット > 朝イチ情報

FX市況 デイリーレポート

更新 : 18/10/23 9:00(毎営業日9:00頃更新)

ニューヨークマーケットデイリーレポート

10/23 6:00時点

◆NY市場のドル/円は、欧州市場から続く堅調地合いを継続し、112.81円から始まったものの米シカゴ連銀全米活動指数が市場予想を下回ったことから、一時112.66円まで反落した。その後は、英国のEU離脱問題や、イタリアの財政問題を背景に、ドルが対欧州通貨で堅調な値動きとなったことを背景にドル/円も一時112.89円まで上昇した。しかし、トルコ政府によるサウジアラビア人記者殺害を巡る捜査結果公表を控えNYダウ平均株価が208j安まで下落したことから112.69円まで下落した。しかしNY市場取引終盤にかけてNYダウが下げ幅を縮小するとともにドル/円は堅調地合いを続け112.80円台で取引を終えた。

◆NY市場のユーロ/円は、欧州市場の流れを引き継ぎ、129.68円から軟調な展開で始まった。イタリアの来年度予算案を巡る政治的な不透明感を背景に、イタリア国債が軟調に推移したことなどが影響し、一時129.22円まで下落した。その後は、上昇していた欧州主要株価がマイナス圏の下落したことなどもあり、終盤まで129.30円から129.43円での小幅な値動きの中、NY市場終盤まで上値の重い値動きが続いた。

◆NY株式市場は、上海株の大幅高に支援されたほか欧州株の上昇もあり、序盤の主要株価指数は堅調な値動きとなり、ダウは一時117j高まで上昇した。その後は、油田関連サービス大手の業績見通しが市場予想を下回ったこと嫌気されて石油株が売られたほか、金融株の下落が圧迫要因となったほか、サウジアラビア記者殺害を巡るトルコ政府の捜査公表を控えダウ平均株価は、208j安まで下落するなど反落した。取引終盤にかけて下げ幅を縮小したものの126j安、一方、ハイテク株中心のナスダックは、一時マイナス圏で推移する場面もあったが底堅い値動きを続け19Pts高と小幅反発して取引を終了した。

東京マーケットデイリーレポート

10/22 17:00時点

◆東京市場のドル/円は、先週末の海外市場の流れを受けて、112.54円から軟調な展開で始まった。先週末にサウジアラビア人記者殺害事件に関し、トランプ大統領がサウジに対する制裁を示唆したことを受けて、米国とサウジアラビアの関係悪化懸念が引き続き材料視され、序盤は112.36円まで下落した。さらに、日経平均株価も序盤に260円安まで下落したこともリスク回避志向への思惑を高めることに影響した。しかし、上海株が4.5%超の大幅上昇したことに支えられ、日経平均株価も一時140円高へ反発に転じるなどリスク選好の動きが優勢となる中、ドル/円は取引終盤にかけて112.77円まで上昇した。

◆東京市場のユーロ/円は、米国とサウジアラビア、ロシアの関係悪化懸念を背景に、上値の重い値動きとなった先週末の海外市場の流れを引き継ぎ、129.59円から軟調な動きとなる中、日経平均株価が260円安まで下落したことも嫌気され、ユーロ/円は一時129.21円まで下落した。その後、上海株の大幅上昇に牽引され日経平均株価が140円高まで上昇したほか、欧州主要株価指数が軒並み上昇して始まったことから、投資家のリスク志向の動きも強まり、終盤には130.20円まで上昇した。

提供:SBIリクイディティ・マーケット


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • FIGS
  • 【ムーンライトトレード】決算発表シーズン夜間PTS取引で現金が当たる!

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.