SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-11-21 00:35:12

マーケット > 朝イチ情報

FX 週間為替展望

(通常毎週第一営業日9:00頃更新)

週間為替展望 18/11/19〜18/11/23

 先週は、週明けから米主要株価の下落や、米長期金利の低下が続いたことから、ドルは上値の重い動きとなった。一方、英国のEU離脱合意への期待感が後退したことや、イタリアの財政問題に対する懸念を受けて、ポンドやユーロも週明け軟調な動きとなった。しかし、英国とEUが離脱協定の草案で合意し、英国の閣議でも承認されたこと受けて、ポンドが主要通貨に対して上昇となり、ユーロも連れ高となったが、今後の展開が不透明であることから上値は限定的となった。その後、英国のEU離脱担当相ら複数の閣僚が相次ぎ辞任したこと受けて、ポンドは主要通貨に対して大きく下落となり、ドル円やほかのクロス円にも波及した。そして、週末には米当局者の発言を受けて、ドルが主要通貨に対して下落となり、加えて株価が上昇したことから、クロス円は堅調な動きとなった。

 今週は、英国のEU離脱に関する動きが注目される。英閣議での承認で離脱に向けて一歩前進したとの見方が強まったものの、閣僚に辞任に加え、メイ首相の不信任投票を求める声動きが与党・保守党内で高まっているとの報道もあり、議会承認に向けての駆け引きも活発になる可能性も考えられる。英国のEU離脱問題がマーケットの注目材料だが、イタリア財政問題、米中通商問題など、懸念要因が依然として燻っており、ドル円・クロス円は上値の重い動きが続くことも考えられ、状況次第ではリスク回避の動きが強まる可能性もあるだろう。そして、22日には米国が感謝祭の休場、23日は日本市場が祝日で休場となる。そのため、週央から市場参加者が少なくなる可能性もあり、小動きとなる反面、やや値動きが荒くなる可能性もあることから十分に注意したい。

相場の見通し
(18/11/19〜18/11/23)
米ドル−円
短期(1ヶ月) もみ
あい
中期(3ヶ月) もみ
あい
長期(6ヶ月)
週間予測 高値 113.50
安値 112.30
ユーロ−円
短期(1ヶ月) もみ
あい
中期(3ヶ月)
長期(6ヶ月)
週間予測 高値 129.60
安値 127.50
豪ドル−円
短期(1ヶ月) もみ
あい
中期(3ヶ月)
長期(6ヶ月)
週間予測 高値 83.30
安値 81.50

提供:SBIリクイディティ・マーケット


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

IPO共同主幹事決定!

ソフトバンク株式会社(9434)
ソフトバンクグループの日本における中心的な事業会社

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.