SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-09-20 19:38:36

マーケット > 朝イチ情報

FX 週間為替展望

(通常毎週第一営業日9:00頃更新)

週間為替展望 18/9/17〜18/9/21

 先週は、米中通商摩擦に対する懸念が高まったことから、ドルはやや上値の重い動きとなったが、トランプ米大統領と北朝鮮の金朝鮮労働党委員長の首脳会談を調整しているとの報道を受けて、ドルは底固い動きとなった。一方。EUのバルニエ首席交渉官が、英国のEU離脱に関する合意を8週間以内に結ぶことは可能との認識を示したことが好感され、ポンドは主要通貨に対して上昇した。また、株価や原油価格など資源価格の上昇も加わり、クロス円も堅調な動きとなった。その後、米国の物価関連の経済指標が軒並み冴えない結果となったことを受けて、米国の利上げペースが鈍化するとの観測が広がり、ドルが主要通貨に対して下落し、資源国・新興国通貨はドルや円に対して堅調な動きとなった。また、トルコ中銀が予想以上の大幅な利上げをしたこと受けて、トルコ・リラが上昇となり、これを受けて新興国通貨は対ドルで堅調な動きとなった。

 今週は、米国の通商問題に関する動向が注目される。21日には日米通商協議(FFR)が控えているが、9月上旬にトランプ大統領が「合意ができなければ、大きな問題になる」と警告したこともあり、注目が集まっている。また、来週には日米首脳会談が実施される可能性があることから、牽制的な発言には注目したい。また、先週トルコ中銀の大幅利上げ受けて新興国通貨が上昇となり、一旦懸念も後退したが、あくまで一時的であり、利上げに反対していたトルコ大統領の発言などが今後の焦点となるだろう。そして、18-19日に日銀金融政策決定会合、20日に自民党総裁選の投開票も予定されており、結果を受けた日本株の動きにも注目したい。

相場の見通し
(18/9/17〜18/9/21)
米ドル−円
短期(1ヶ月)
中期(3ヶ月) もみ
あい
長期(6ヶ月)
週間予測 高値 112.75
安値 111.00
ユーロ−円
短期(1ヶ月)
中期(3ヶ月)
長期(6ヶ月)
週間予測 高値 131.50
安値 129.25
豪ドル−円
短期(1ヶ月) もみ
あい
中期(3ヶ月) もみ
あい
長期(6ヶ月)
週間予測 高値 81.25
安値 78.50

提供:SBIリクイディティ・マーケット


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.