SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-03-05 16:25:03

マーケット > 朝イチ情報

FX 週間為替展望

(通常毎週第一営業日9:00頃更新)

週間為替展望 24/03/04〜24/03/08

今週のドル円は2/13の150円89銭が目先の高値として意識される一方、3/1のシカゴ日経平均先物が40,220円で取引を終えたことから週明け4日の日経平均株価も4万円を上回ると思われ、日足・転換線(150円02銭)を下値支持線として堅調な値動きが予想されます。また、3/5発表の東京都区部2月CPIが先週末の植田日銀総裁のハト派発言を裏付ける結果となるか注目されます。さらに、先週発表の米経済指標は市場予想を下回る結果が相次いだものの、FRBの6月利下げ開始観測に影響を及ぼすものではないと見込まれる中、3/7‐8のパウエルFRB議長の議会証言では、インフレ抑制に重点を置きつつも景気とのバランスを重視し、先行きの金融政策は単月の指標の振れに過度に反応しないとしつつ、データ次第との考えには変わりはないと従来の考えを踏襲すると見込まれます。それだけに3/8の米2月雇用統計が大幅な下振れとならない限り、2/29の149円21銭を目先の下値として労働市場の逼迫継続を確認すれば151円台を回復する一段の円安進行につながると思われます。

今週のユーロドルは2/22の1.0888ドル、2/27の1.0866ドルなど1.08ドル台後半からの上値の重さが意識される一方、日足・転換線(1.0795ドル)を下値支持線する1.08ドル台前半から半ばを中心としたレンジから上下いずれに放れるか焦点となります。2/1発表のユーロ圏2月CPIは前年比+2.6%と1月(+2.8%)から鈍化した中、3/5発表のドイツやユーロ圏2月製造業/サービス業PMIを受けて、据え置きが確実視される3/7のECB理事会でインフレ及び景気見通しのほか、3/8発表のユーロ圏10-12月期GDP(改定値)や米2月雇用統計の反応が注目されます。また、ユーロ円は日足・転換線(162円70銭)を下値支持線として2/26の163円72銭を上抜け昨年11/16の164円30銭を回復するか、あるいは転換線を上値抵抗線として2/29の安値(161円69銭)を下抜け基準線(160円90銭)を目指して下落するか上値/下値メドとして注目されます。そのため、3/5発表の東京都区部2月CPIを受けたドル円の反応、さらにはユーロドルの動向が注目されます。

相場の見通し
(24/03/04〜24/03/08)
米ドル−円
短期(1ヶ月) -
中期(3ヶ月) -
長期(6ヶ月) -
週間予測 高値 152.00
安値 149.00
ユーロ−円
短期(1ヶ月) -
中期(3ヶ月) -
長期(6ヶ月) -
週間予測 高値 164.00
安値 161.00
豪ドル−円
短期(1ヶ月) -
中期(3ヶ月) -
長期(6ヶ月) -
週間予測 高値 99.00
安値 96.00

提供:SBIリクイディティ・マーケット


ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

2024年アメリカ大統領選挙特集

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス

よくあるお問合せ
・証券税制と確定申告について
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード

ご注意事項

ヘルプ

  • オンラインセミナー
  • 【当選確率最大+5倍!?】最大10万円が当たる!SBIセレクト買付応援キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.