SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-01-27 05:58:03

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>1月24日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 23日の米国株式は、NYダウが前日比26.18ドル安の2万9160.09ドルと3日続落、ナスダック総合指数は同18.710ポイント高の9402.478ポイントと続伸して取引を終了。ナスダック総合指数は3日ぶりに史上最高値を更新した。出来高概算は、ニューヨーク市場が9億4848万株、ナスダック市場が23億3849万株だった。新型コロナウイルスの世界的な流行が警戒され、NYダウは一時220ドル近い下げをみせる場面がみられた。WHO(世界保健機関)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を見送ると表明したことから、過度な警戒感が後退し、下げ幅縮小した。一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、アップルやマイクロソフト、インテルなどが堅調で、同指数の上昇を支えた。

 24日の東京株式は、方向感に乏しい展開か。現地23日の米国株式市場では、ナスダック総合指数が史上最高値を更新したものの、NYダウは3日続落するなどまちまちの展開だった。手掛かり材料難のなか、もみ合い商状となりそう。新型コロナウイルスの流行警戒が相場の重しとして意識されるなか、厚生労働省は24日、日本国内で中国武漢市在住の旅行者が、同ウイルスによる肺炎にり患していたことが確認されたと発表。流行の拡大懸念から、マスクや消毒薬などの衛生管理品を手掛ける銘柄に関心が向かう場面もありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台の半ば(23日終値は109円60-61銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=121円台の前半(同121円53-57銭)と円高に振れている。23日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、武田薬<4502.T>、コマツ<6301.T>、日電産<6594.T>などが、23日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、23日の大阪取引所終値比45円高の2万3795円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 ピアラ<7044.T>―2月14日を基準日、同15日を効力発生日として1株を2株に分割
 メドレックス<4586.T>―同社が出願中の「酸捕捉剤を含有する貼付製剤」について、米特許商標庁から特許査定の通知があったことを代理人から受ける

 ●マイナス材料
 ソレイジア<4597.T>―当社開発品「SP-04」の権利導入元で、欧米で第3相国際共同臨床試験中のPledPharma社がFDA(米食品医薬品局)から実施保留命令を受領
 サイオス<3744.T>―金融機関向けシステム開発・構築支援について上期において発生したプロジェクト遅延による不採算案件の影響を下期に補いきれず、19年12月期の連結利益予想を下方修正

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 エイトレッド<3969.T>は23日大引け後、20年3月期第3四半期(19年4-12月)の単体決算を発表した。

 営業利益は前年同期比6.4%増の4億円だった。通期予想(前期比8.8%増の5億6000万円)は据え置いた。

 独自開発のワークフローソフトを大企業や中堅企業に提供している。第3四半期は、ワークフローソフトのクラウドサービスの需要拡大が追い風となった。全国主要都市でのパートナー企業との共同セミナーの開催なども寄与した。

 23日の終値は前日比28円安の1776円。

<ダイジェスト>


ニトリHD、1月度既存店売上高は前年同月度比2.9%減、3カ月連続で前年を下回る

更新 : 20/1/24 7:30

 ニトリホールディングス<9843.T>は22日引け後、1月度(19年12月21日-20年1月20日)の月次売上(速報)を発表した。

 1月度の既存店売上高は、前年同月度比2.9%減と3カ月連続で前年同月度を下回った。客数が同2.9%減、客単価は同変わらずだった。同社では、ホームファッションについては、キッチン用品、洗濯・清掃用品などが堅調に推移したものの、気温の影響により季節商品が伸び悩んだ。家具については、増税の影響が若干残るものの、ダイニング家具のテレビCM放映効果などもあり、回復傾向にあるとしている。

 23日の終値は、前日比85円高の1万7315円。


シスメックス、体外診断用医薬品「リノアンプBC」が19年12月にNMPAから薬事承認を取得

更新 : 20/1/24 7:31

 シスメックス<6869.T>は22日、体外診断用医薬品「リノアンプBC」が、19年12月9日にNMPA(中国国家薬品監督管理局)の薬事承認を取得したと発表した。

 「リノアンプBC」はNMPAから、安全性および有効性が最も厳しく管理される製品分類であるクラス3の新規項目として薬事承認を取得。これにより、「リノアンプBC」を遺伝子増幅検出装置「RD-100i」と併せてOSNA法(直接遺伝子増幅法)を用いた乳がんリンパ節転移検査システムの製品として、中国市場へ導入するため体制構築を行っているとしている。

 23日の終値は、前日比13円安の7950円。


アイサンテク、自動運転技術の実用化などでKDDIなどと包括連携協定(再送)

更新 : 20/1/24 7:32

 アイサンテクノロジー<4667.T>は22日、自動運転技術の実用化、持続可能な地域交通の実現、およびび自動運転技術の集積と地域産業への波及に取り組むため、長野県塩尻市、アルピコホールディングス(長野県松本市)、塩尻市振興公社、ティアフォー、SOMPOホールディングス(SOMPOH)<8630.T>グループの損害保険ジャパン日本興亜、KDDI<9433.T>と包括連携協定を締結すると発表した。

 今回の協定により、各団体が持つ資源を有効に活用した取り組みを推進し、自動運転技術を用いたモビリティサービスの事業化を通じ、地域交通の課題解決など地域の活性化を目指すとしている。

 23日の終値は、前日比30円安の2283円。


タカラBIO、遺伝子の迅速な測定が簡便に行えるポータブル型リアルタイムPCR装置を開発

更新 : 20/1/24 7:33

 タカラバイオ<4974.T>は22日、遺伝子の迅速な測定が簡便に行えるポータブル型リアルタイムPCR装置「CronoSTARTM Portable」を発売すると発表した。

 リアルタイムPCRは、遺伝子発現解析をはじめ、遺伝病やがん遺伝子の検査、ウイルスや病原菌の検出、環境DNA測定などの幅広い分野で利用されている。ただ、従来の装置は大型で高価格であるほか、検査時間を要する点などが課題となっていました。今回発売する同装置は、小型で低価格でありながら、複数検体を短時間で測定できるため、学術研究機関から企業の品質管理部門などのさまざまな場面で利用できるとしている。

 リアルタイムPCRとは、PCRでのDNA増幅の過程をリアルタイムで検出する手法。

 23日の終値は、前日比10円安の2111円。


セコム、ソニーのaiboとホームセキュリティを連携させたサービスを提供

更新 : 20/1/24 7:34

 セコム<9735.T>は22日、ソニー<6758.T>の自律型エンターテインメントロボット「aibo(アイボ)」とセコム・ホームセキュリティを連携させたサービスの提供を1月30日から開始すると発表した。

 今回提供を開始するサービスは、セコム・ホームセキュリティと連携した「aibo」が愛らしく留守番や出迎えをしたり、外出先から「aibo」を通して自宅の様子を確認するなど、従来のセコム・ホームセキュリティだけでは提供できない「あんしん」をプラスし、顧客の暮らしをより豊かにすることを目指しているという。

 23日の終値は、セコムが前日比23円高の9734円、ソニーは同9円安の7950円。


東芝、角度を直接検出する高精度ジャイロセンサーの小型モジュールを開発

更新 : 20/1/24 7:35

 東芝<6502.T>は22日、動作に伴う物体の向きの変化を高精度に検出する角度直接検出型のジャイロセンサーとして、大型の計測制御装置等を必要としない小型モジュールの開発に成功したと発表した。

 今回の開発で、ロボット・無人搬送車・ドローンなど、従来は難しかった小型機器への搭載・実証実験が可能となるという。また同小型モジュールでは、機器が回転する角速度(角度の時間変化)を計測し、それを演算して角度を求める一般的なジャイロセンサーと異なり、機器が回転する角度を直接計測することで高精度と高速応答の両立を可能にしたとしている。

 23日の終値は、前日比55円高の3715円。


アクセルM、「コントラクトサーヴァント-CARDGAME-」の正式サービス開始日を1月23日に決定

更新 : 20/1/24 7:36

 アクセルマーク<3624.T>は22日、ブロックチェーンゲーム「コントラクトサーヴァント-CARD GAME-」の正式サービス開始日が1月23日に決定したと発表した。

 同社では、サービス開始を記念して、ゲーム内アイテムやコモンサーヴァント(カード)のユーザー全員プレゼントキャンペーンなど、複数のキャンペーンを開催するとしている。

 23日の終値は、前日比27円安の665円。


メドレーが急騰、三菱UFJモルガン証は新規「Buy」に

更新 : 20/1/24 7:37

 メドレー<4480.T>が3日ぶりに急反発し、一時前日比187円高の1408円を付けた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規に「Buy」(買い)に格付けした。

 同証券は22日付でメドレーをカバレッジ。医療・介護系求人サイトの急成長などを評価して、目標株価を1800円に設定した。

 23日の終値は、前日比124円高の1345円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3っつの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 米ドル/円の基準スプレッドを縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.