SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-12-19 16:40:48

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>12月19日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 18日の米国株式は、反発した。NYダウが前日比82.66ドル高の2万3675.64ドル、ナスダック総合指数が同30.178ポイント高の6783.911ポイントで取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が10億7651万株、ナスダック市場が24億6616万株だった。NYダウは直近2営業日で1000ドルを超える下げを演じていただけに、朝方から買いが先行。一時330ドルを超える上昇をみせる場面があった。ただ、NY原油先物WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格が大幅に3日続落したことや、19日に終了するFOMC(米連邦公開市場委員会)での結果を確認したいとして、模様眺め気分が広がり、上げ幅を縮小した。NYダウ採用銘柄では、ボーイングやゴールドマン・サックス、ナイキなどが値上がり率の上位に入っている。

 19日の東京株式は、引き続き日経平均株価の2万1000円台を維持できるか否かに注目が集まりそう。18日の欧州主要市場の株価は続落となったものの、米国株式は反発するなど、海外市場はまちまちの動きだった。東京市場は軟調な地合いが続くなか、心理的なフシ目の2万1000円や、10月26日の直近安値(2万971円93銭)が下値として意識されそう。きょう19日は、ソフトバンクグループ<9984.T>の携帯子会社ソフトバンク<9434.T>が、東証1部に新規上場する。個人投資家の関心が高いとみられることから、ソフトバンクの初値形成が投資家心理に影響を与える可能性もありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の半ば(18日終値は112円51-53銭)、ユーロ・円が1ユーロ=127円台の後半(同127円78-82銭)と小動き。18日のADR(米国預託証券)は円換算値で、シャープ<6753.T>、三菱UFJ<8306.T>、三井住友<8316.T>などを中心に、18日の東京終値に比べ軟調な銘柄が多い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、18日の大阪取引所終値比100円安の2万970円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 メディネット(MDNT)<2370.T>―JUNTEN BIO(東京都中央区)と再生医療等製品の製造技術の開発委受託契約を締結
 コムチュア<3844.T>―プロジェクト管理の精緻化による不採算プロジェクトの撲滅などで、19年3月期の連結利益予想を上方修正

 ●マイナス材料
 メルカリ<4385.T>―英国子会社のMercari EuropeとMerpayを解散・清算へ
 ストリーム<3071.T>―証券取引等監視委員会は金融庁長官に対し、同社へ1391万円の課徴金納付命令を勧告

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 コムチュア<3844.T>が18日大引け後、19年3月期の連結業績予想を増額した。

 営業利益は前期比29.3%増の25億4500万円と増益幅を拡大させる。期初予想は同11.8%増の22億円だった。

 成長領域のクラウド・ビッグデータ・AI(人工知能)などの事業を拡大するなかで、提案力の強化でコンサルティング事業が伸び、1人当たり売上高が向上したことが寄与する。また、不採算プロジェクトが減ることで、人件費・労務費およびシステム投資費の増加を吸収する。

 18日の終値は前日比240円安の3215円。

<ダイジェスト>


塩野義薬、CHMPが「Rizmoic」の承認を推奨する肯定的な見解を示す

更新 : 18/12/19 7:30

 塩野義製薬<4507.T>は18日、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品評価委員会(CHMP)から、「緩下薬での治療経験を有する成人のオピオイド誘発性便秘症」を適応症として、「Rizmoic」(一般名:ナルデメジン、日本での製品名「スインプロイク」)の承認を推奨する肯定的な見解が示されたと発表した。

 同社によると、CHMPの肯定的な見解は、欧州連合に承認を与えている欧州委員会への承認勧告とみなされるという。

 18日終値は、前日比223円安の6792円。


T&Gニーズ、新元号・10連休関連株として浮上、業績拡大期待高まる

更新 : 18/12/19 7:31

 テイクアンドギヴ・ニーズ<4331.T>は先高が期待できそうだ。新元号・10連休関連株のひとつとして浮上している。

 結婚式企画運営会社で、邸宅風の直営店を強みに国内婚礼の需要を取り込み、海外・リゾート婚にも力を注ぐ。17年5月からホテル事業にも参入し、新たな事業として成長を目指す。

 19年3月期予想の連結経常利益は前期比36.6%増の34億円と増益幅を拡大させる。8月時点の予想は同20.5%増の30億円だった。前期オープンしたホテルが好調に推移したほか、リニューアル効果で国内店舗での取り扱い組数が増えた。

 市場では、「来年は元号が変更され、それに合わせた挙式を行うカップルや、5月の10連休に合わせ海外挙式組も増えそうで、業績の拡大が期待される」(ネット証券)との見方が出ている。

 20年3月期も好調な流れが続く見通しで、株価の水準訂正高が期待される。

 18日終値は、前日比84円安の2004円。


NEC、京都市上下水道局のIoTを活用した試験に参画

更新 : 18/12/19 7:32

 NEC<6701.T>は18日、京都市上下水道局が民間企業との共同研究として実施しているIoT(モノのインターネット)を活用した水道スマートメーターの試験的導入と、電波状況確認試験に参画すると発表した。

 今回の共同研究はIoTの各通信方式を用いて、京都市左京区の山間地域の一部(久多、広河原、花脊、別所及び百井地域)で実施される。試験的に導入される水道スマートメーターは、計測した使用水量等のデータを通信回線で遠隔地に自動送信することができることから、現地に出向くことなく検針することが可能となる。業務の効率化とともに、取得したデータの活用で「使用水量の見える化」などの顧客サービスの向上や、漏水の早期発見などが可能になるとしている。

 18日終値は、前日比90円安の3490円。


SBSHD、好業績の流れは19年12月期も続く、押し目は買い好機

更新 : 18/12/19 7:33

 SBSホールディングス<2384.T>は反落も下ヒゲを伸ばし、底堅い。19年12月期も好調な決算が見込まれ、継続した買いが期待できそうだ。

 冷蔵・冷凍輸送で国内屈指の同社は、倉庫の運営などにも強みを持ち、大手EC(電子商取引)向け宅配にも力を注いでいる。18年12月期予想の連結経常利益は前期比11.2%増の72億円。食品やアパレルを中心に3PL(物流一括請負)が拡大。8月に連結子会社化したリコーロジスティクス分も下期から寄与する。EC通販市場の拡大も追い風となる。

 19年12月期は、リコーロジスティクス分が通年で寄与するうえ、3PLやEC向け宅配も伸びる。好業績評価の局面で、押し目は買い好機となりそうだ。

 18日終値は、前日比43円安の1431円。


日産自、福島県の浜通り地域でカーシェアリングサービスを開始

更新 : 18/12/19 7:34

 日産自動車<7201.T>は18日、福島県の浜通り地域において、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」の運用を同日から開始すると発表した。

 福島県の浜通り地域は、東日本大震災および原子力災害により今もなお、公共の交通インフラが不十分な場所が存在する。今回の実証事業では、福島イノベ構想に関連する施設・拠点間や常磐線不通区間を結ぶ新しい交通ネットワークを形成するとともに、地域産業の集積と交流人口の拡大・推進を目的として実施されるという。今回使用する車種は「日産リーフ」で、ステーションは、浪江駅を手始めに、浜通りを通る常磐線の主要な駅に順次拡大していく予定。

 18日終値は、前日比2円安の927.9円。


ヤギ、好業績評価の買いに下値切り上げ、GC接近で一段高期待

更新 : 18/12/19 7:35

 ヤギ<7460.T>は、好業績評価の買いに下値切り上げの動き。糸・布地など扱う繊維商社で自社ブランド衣料にも力を注いでいる。

 19年3月期予想の連結経常利益は前期比28.4%増の40億円。衣服の企画・製造受託が伸び、布販売も好採算品を軸に堅調に推移する見通し。国内需要の減少で原料分野の苦戦は続くが、増収効果で吸収する。

 株価は、年初来安値(1594円、11月21日)を底に、ジリ高トレンドを形成している。

 チャート上では、25日・75日の両移動平均線のゴールデンクロス(GC)が接近するなど、先高期待の買いを誘いやすい。割安なバリュエーション(予想PER5倍台、PBR0.5倍台、予想配当利回り年2.7%台)も後押しをし、一段高が期待できそうだ。

 18日の終値は前日比18円安の1729円。


メルカリが4日続落し連日で上場来安値、英国子会社を解散・清算へ

更新 : 18/12/19 9:57

 メルカリ<4385.T>が4日続落。一時86円安の2027円を付け連日で上場来安値を更新した。18日引け後、英国子会社のMercari EuropeとMerpayを解散・清算すると発表、嫌気された。

 今回の子会社解散に伴い、拠点閉鎖による諸費用など概算で2億円前後の費用が19年6月期または20年6月期の連結決算で発生する見込みとしている。

 午前9時55分時点の株価は、前日比60円安の2053円。


MDNTが一時急伸、JUNTEN BIOとの開発委受託契約を材料視

更新 : 18/12/19 10:22

 メディネット(MDNT)<2370.T>が急伸し、一時7円高の72円を付けている。18日引け後、JUNTEN BIO(東京都中央区)と再生医療等製品の製造技術の開発委受託契約を締結したと発表、材料視された。

 JUNTEN BIOが、学校法人順天堂と共同開発中の臓器移植後の拒絶反応の抑制を目的とした再生医療等製品の製造技術の開発委受託契約を結んだ。同社では、今回の契約締結を契機に、企業などからの再生医療等製品の開発・製造を行うCDMO事業をさらに拡大する方針。19年9月期業績に与える影響は、軽微としている。

 午前10時21分時点の株価は。前日比2円高の67円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.