SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-10-19 14:07:34

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>10月19日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 18日の米国株式は、NYダウが前日比160.16ドル高の2万3157.60ドルと4日続伸し、3日連続で史上最高値を更新。ナスダック総合指数が同0.563ポイント高の6624.220ポイントと小反発し、2日ぶりに史上最高値を塗り替えて取引を終了した。出来高概算は、ニューヨーク市場が6億7889万株、ナスダック市場が17億7377万株。17日の通常取引終了後に、好決算を発表したIBMが急伸。株高を受け、米10年物国債の金利が上昇(価格は下落)したことから金融株も買われ、NYダウを押し上げた。経済指標では、9月住宅着工件数が季節調整済みの年率換算で112万7000件と市場予想平均の同117万5000件を下回ったが、影響は限定的だった。NYダウ採用銘柄では、IBMやゴールドマン・サックス、インテルなどが値上がり率の上位に入っている。

 19日の東京株式は続伸後、上値を試す場面もありそう。18日の米国株式は、NYダウ、ナスダック総合指数がともに史上最高値を更新。欧州の主要株式も上昇するなど、世界的な株高の動きを受け、買い優勢の展開が続きそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の後半(18日終値112円50-52銭)、ユーロ・円が1ユーロ=133円台の前半(同132円31-35銭)と円安に振れている。足元で大型株の堅調な動きが続くなか、輸出関連の大型株を中心とした物色が継続するとみられる。18日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でパナソニック<6752.T>、三菱UFJ<8306.T>、三井住友<8316.T>などを中心に上昇し、18日の東京終値に比べ、ほぼ全面高だった。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、18日の大阪取引所終値比100円高の2万1450円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 日本新薬<4516.T>―国内医薬品が好調に推移、18年3月期第2四半期(17年4-9月)の連結業績予想を上方修正
 ロゼッタ<6182.T>―機械翻訳の開発において、医薬や化学分野など数種類分野の英日翻訳が高い精度に到達

 ●マイナス材料
 京都友禅<7615.T>―18年3月期第2四半期(17年4-9月)と通期の連結業績予想を引き下げ、期末配当予想を従来の30円から12円(前期実績30円)に減額
 バンナムHD<7832.T>―子会社のバンダイで元従業員による不正行為が判明、現在判明分で約2億円の金員を詐取

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 日本新薬<4516.T>は18日引け後、18年3月期第2四半期(4-9月)の連結業績予想を増額。営業利益は前年同期比41.7%増の92億円と増益幅を拡大させる見通し。期初予想は同4.7%増の68億円だった。


 国内医薬品が好調に推移。当初予想を上回る増収効果に加え、研究開発費が当初予想を下回るためだという。通期予想については、11月6日に予定している第2四半期決算で明らかにするとしている。

 18日の終値は、前日比10円高の7740円。株価は8月16日に5日・25日移動平均線がミニ・ゴールデンクロス(GC)を形成以降、順調に上昇基調をたどり、10月12日に年初来高値8020円を付けた。高値更新に期待がかかる。

<ダイジェスト>


旭化成、クウェートの海水淡水化プラント向けに中空糸ろ過膜が採用

更新 : 17/10/19 7:30

 旭化成<3407.T>は18日、同社の水処理用中空糸ろ過膜「マイクローザ」が、クウェートで建設されている逆浸透膜方式の海水淡水化プラント「ドーハ フェーズ1」向けに、前処理用膜として採用されたと発表した。

 同社では、今回の採用により納入する水処理膜の規模は日量61万トンとなる予定で、過去最大規模の受注になるという。「マイクローザ」は物理的強度や耐薬品性に優れるポリフッ化ビニリデン(PVDF)製中空糸膜。PVDF膜の中でも独自の製膜技術で、高いろ過性能と長寿命化を実現している。

 18日終値は、前日比13円安の1359.5円。


enish、欅坂46公式ゲームアプリ「欅のキセキ」を18日から配信

更新 : 17/10/19 7:31

 enish<3667.T>は18日、欅坂46公式ゲームアプリ「欅のキセキ」を18日から配信を開始すると発表した。

 配信はiOS版/Android版/PC版で、App Store/Google Play/Yahoo!ゲームプレイヤー上で配信される。利用金額は基本プレイは無料、アイテム課金制となっている。

 18日終値は前日比252円安の2260円。


武田薬、米HemoShear社と肝疾患の新規治療法の創出・開発で共同研究契約

更新 : 17/10/19 7:32

 武田薬品工業<4502.T>は18日、HemoShear Therapeutics(バージニア州、HemoShear社)と、非アルコール性脂肪性肝炎を含む肝疾患の新規治療法を創出・開発するための共同研究契約を締結したと発表した。

 今回の契約で、HemoShear社は、同社から一時金と研究開発費を受領。同社は、特定の肝疾患に対するベストインクラスの治療法開発のため、HemoShear社独自の創薬基盤技術の独占的アクセス権を取得する。また、HemoShear社は、開発や販売のマイルストン達成に応じて最大で4億7000万ドル(約530億円)のロイヤリティを受領する権利を保有する。

 18日終値は、前日比43円高の6304円。


三菱自、年間販売台数と売上高を16年度比30%以上増の新中計を発表

更新 : 17/10/19 7:33

 三菱自動車工業<7211.T>は18日、19年度の年間販売台数目標と売上高目標をそれぞれ16年度比30%以上増の130万台、2.5兆円とした17年度から19年度までの新中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」を発表した。

 計画期間中に設備投資を60%増の年間1370億円、売上高比5.5%に引き上げる。また、研究開発費も50%増の1330億円とし、3年間で計6000億円の投資を行う。計画期間中には、11車種の新型車を投入する。6車種は新規モデルまたはフルモデルチェンジで、毎年2車種の投入を予定している。SUV・4WD車およびプラグインハイブリッド車からなる主力5車種でグローバル販売台数の70%を占める予定。さらに、20年以降、軽自動車EVを含めた主力モデルの電動化を進める予定。

 18日終値は前日比12円安の898円。


京セラ、半導体・液晶製造装置用のファインセラミック部品の増産へ新工場建設

更新 : 17/10/19 7:34

 京セラ<6971.T>は18日、半導体・液晶製造装置用のファインセラミック部品の増産のため、鹿児島国分工場に新たに第4-1工場を建設すると発表した。

 第4-1工場は、18年10月より半導体・液晶製造装置用のファインセラミック部品の生産を開始し、同製品の生産能力を従来の2倍にする計画。投資総額は約56億円で、着工は11月。生産計画は初年度(18年10月-19年3月)約30億円。

 18日終値は前日比47円安の7353円。


住友商、ミャンマーで動物薬の販売に関する販売代理店契約を締結

更新 : 17/10/19 7:35

 住友商事<8053.T>は18日、中国住友商事会社を通じ、ミャンマーの現地代理店であるKMT(Kan Myint)社と動物薬の販売に関する販売代理店契約を締結したと発表した。

 今回の契約で17年内を目標に、同社が出資する中国動物薬メーカーのシンダー社の畜産向け動物薬の販売を開始する。同社では、今後、ミャンマーの動物薬市場は、畜産農家の大規模化や交通・物流網の整備が進み、地場の畜産業が伸長するともに、拡大してくと予想。現在、ミャンマーにおける動物薬の市場規模は約50-60億円と推定されるが、今後7-10年で100億円規模になると見込まれているという。

 18日終値は、前日比3円安の1599.5円。


デンソー、FeNi超格子磁石材料の高純度合成に世界で初めて成功

更新 : 17/10/19 7:36

 デンソー<6902.T>18日、東北大学、筑波大学と共同で鉄とニッケルが原子レベルで規則配列したFeNi超格子磁石材料の高純度合成に世界で初めて成功したと発表した。

 FeNi超格子磁石は高い磁石性能を期待されており、高性能レアアースフリー磁石の実用化を大きく前進させるもの。今後は、FeNi超格子磁石材料のモーター用永久磁石への適用を目指して、高い性能を引き出す材料形状や成形法を検討する。

 18日終値は前日比41円高の5751円。


サイバダイン、JSTの委託研究開発で新たに公募2件に採択

更新 : 17/10/19 7:37

 CYBERDYNE(サイバダイン)<7779.T>は18日、JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)と、国際規格に準拠したサイバニックインタフェース・デバイス・システムの研究開発における委託研究開発で、新たに公募2件に採択されたと発表した。

 委託期間は19年3月31日までで、委託研究開発費(予定)は全期間で9億9200万円。委託研究開発費は、委託期間において営業外収益に計上される見込だが、委託期間の各事業年度経過後のJSTの審査により確定する。

 18日終値は前日比3円安の1520円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 400万口座キャンペーン
  • S株NOW!
  • 米ドル建社債
  • 成績表

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.