SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-03-02 20:21:26

マーケット > 朝イチ情報

国内週間展望

2024年3月4日〜2024年3月8日

更新 : 2024/3/1 18:00
(通常毎週金曜日夜更新)

中期強気も3月需給変調に注意

今週の株式見通し

主要指標の推移 日経平均株価 39910.82(前週末比 +812.14 TOPIX 2709.42(前週末比 +48.71

日経平均株価が史上初の4万円に肉薄した。1日は前日の米株高や半導体関連銘柄の強調に支えられ、午後2時50分に大台まで10円に迫る3万9,990円(前日比824円高)まで値上がり。堅調な企業業績や資本効率の改善期待を背景に、強い先高感がマーケットを覆っている。
けん引役は依然として値がさ大型株ではあるものの、物色の幅は着実に広がりを見せている。また、春闘で相次ぐ満額回答も、賃上げ加速によるデフレ脱却機運につながり、株式市場への資金流入を促しているようだ。
一方で、駆け足での最高値更新が、警戒感を招いていることも確かだ。日経平均は年初来で既に6,446円も上昇し、率は約2割に達している。日経平均をTOPIX(東証株価指数)で割った「NT倍率」は、1日時点で14.7倍と2年8カ月ぶりの高水準だ。
3月は季節的に海外勢が日本株を売り越す傾向があるほか、年金の年度末へ向けたリバランス(資産配分の調整)などで需給が緩みやすい。8日のメジャーSQ(特別清算指数)算出日も控え、日経平均は大台を前に足踏み・調整となる可能性も視野に入れたい。
来週の日経平均の予想レンジは3万9,000〜4万500円とやや保守的にみる。利益確定売りの圧力が強まる場合、通信などこのところ出遅れていたセクターに資金が向かう可能性がある。
ただ、中期的には上値を追う余力が十分に残されている。日本の主要企業は来年度も今年度に続く業績拡大が見込まれる中で、日本株のバリュエーションに割高感はない。また、損保大手4社が政策保有株を向こう数年ですべて売却する方針を示すなど、株式の持ち合い解消へ向けた動きも追い風だ。他業種にも波及する可能性が高いほか、受け皿としての自社株買いの増加も見込まれ、日本株の1株利益の押し上げが期待される。
米国では6、7日にFRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長の議会証言が予定されている。利下げ開始時期のヒントが示されれば、債券や為替、株式の大きな変動要素となるだけに注意が必要だ。

注目材料・為替

米2月雇用統計に注目

予想レンジ:1ドル=149円00銭−152円00銭
2月26−29日のドル・円は下落した。26日は、米1月新築住宅販売は市場予想を下回ったが、ダラス連銀2月製造業活動指数が予想を上回って大きく改善する中、ドル・円は上伸。27日は日本の1月全国消費者物価指数が予想を上回り、いったん円が買われる展開となるが、米10年債利回りの上昇と共にドル・円の下落は最小限にとどまる。28日は、米10−12月期の、GDP(国内総生産)は予想を下回ったが、個人消費やコアPCE(個人消費支出)が予想を上回る中、ドル・円は反発。29日は日銀の高田創(たかたはじめ)審議委員が、2%の物価安定目標について実現が見通せる状況になってきたと述べ、マイナス金利の解除など出口への対応も含めた対応も必要という考えを示したことでドル・円は一時149円20銭がらみまで下落した。
8日までに発表される米国の経済指標では、2月ISM(全米供給管理協会)製造業景況指数、2月ISM非製造業景況指数、1月耐久財受注、2月ADP(オートマティック・データ・プロセッシング)雇用統計、1月貿易収支、2月雇用統計に注目。市場予想では、2月ADP雇用統計の非農業部門雇用者数は前月比15万人増と1月の同10万7,000人から増加する見通しだが、2月雇用統計の非農業部門雇用者数の市場予想は前月比19万人増と、1月の同35万3,000人増から大幅に減少する見込みとなっている。
ドル・円は、昨年11月の高値を意識して152円ちょうどが上値メド。下値メドは149円ちょうど。

週間タイムテーブル

国内 海外
3月4日(月) 10〜12月期法人企業統計=8時50分
2月マネタリーベース=8時50分
 
3月5日(火) 2月東京都区部消費者物価=8時30分
10年国債入札
中国、全国人民代表大会(全人代)開幕
米1月製造業受注=6日0時
米2月ISM非製造業景況指数=6日零時
スーパーチューズデー(カリフォルニア州、テキサス州など大統領選に向け予備選挙が集中する)
◆決算発表=(米国)クラウドストライク・ホールディングス、ターゲット
3月6日(水)   米2月ADP雇用統計=22時15分
米1月JOLTS求人件数=7日零時
パウエルFRB議長、下院金融サービス委員会で半期に一度の金融政策報告書について証言
◆決算発表=(欧州)サルバトーレ・フェラガモ、テレパフォーマンス、(米国)フットロッカー
3月7日(木) 2月都心オフィス空室率=11時
30年国債入札
熊本県知事選告示(3月24日投開票)
◆決算発表=積水ハウス(1928)
中国2月貿易収支
ECB定例理事会(ラガルド総裁会見)
米1月貿易収支=22時30分
米1月消費者信用残高=8日5時
パウエルFRB議長、上院銀行委員会で半期に一度の金融政策報告書について証言
◆決算発表=(米国)ブロードコム、ドキュサイン、マーベル・テクノロジー、コストコホールセール、ギャップ
3月8日(金) 1月家計調査=8時30分
2月景気ウオッチャー調査=14時
1月景気動向指数=14時
メジャーSQ算出日
米2月雇用統計=22時30分
インド市場休場
  • ※ 海外の時刻は日本時間。

提供:ウエルスアドバイザー社


ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社 第59回無担保社債

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス

よくあるお問合せ
・証券税制と確定申告について
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード

ご注意事項

ヘルプ

  • オンラインセミナー
  • ソフトバンクグループ株式会社 第59回無担保社債

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.