SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-10-20 07:31:20

マーケット > 朝イチ情報

国内週間展望

2021年10月18日〜2021年10月22日

更新 : 2021/10/15 18:00
(通常毎週金曜日夜更新)

戻り売りと恒大問題こなし足場固め

今週の株式見通し

主要指標の推移 日経平均株価 29068.63 (前週末比 +1019.69 TOPIX 2023.93(前週末比 +62.08

急調整から一転して騰勢を強めた日本株相場。岸田新政権をめぐる期待と失望の相場が一巡し、決算シーズンを前に好業績の見込まれる銘柄を拾い集める動きへと移行しつつある。外部環境に関しても、米長期金利の上昇一服が半導体関連などのグロース(成長)株の追い風になっている。週明けは戻り売りをこなしつつ、足場を固める展開が予想される。
11日からの週は序盤から相場に強さが戻り、日経平均は15日に2万9,000円を回復(日中高値は前日比531円高の2万9,082円)した。前日は値下がり銘柄も多いいまいちな展開だったが、この日はほぼ全面高商状。東証マザーズ指数も急伸した。
インフレ懸念はくすぶるものの、米10年債利回りは1.6%台をピークに上昇が一服。グロース株の見直しにつながったほか、ファウンドリー(受託製造)世界最大手の台湾TSMCの好調な業況や、日本進出の戦略を改めて材料視する向きがある。
日本企業の決算本格化へ向けて円安進行も意識される。インフレによる「悪い円安」という認識がある半面、海外子会社には機械的に換算益が膨らむ。また、ドル建てのアセットが目減りすることで、海外投資家はウエートを維持するために日本株を買い増す可能性がある。
一方、週明けは経営破たんの不安が絶えない中国の恒大集団の次の社債の利払いが19日(人民元建て)に予定され、さらに23、29日にはそれぞれドル建て債の利払い猶予期限を迎える。日本株には直近の底からの上昇の反動と相まって、リスクオフに伴う売り圧力が膨らむことも想定される。ただ、市場は恒大問題にはこなれてきたと考えられる。
日経平均の想定レンジは2万8,500〜2万9,500円。テクニカルでは日足のマド下限(2万8,576円)が反落のメドとなるが、うまくいけば週末に奪回した200日移動平均線がサポートラインとして機能するかもしれない。衆院選に関しては、新型コロナウイルスの国内の感染状況を注視しておきたい。なお、解散日(14日)から投開票日(31日)までの日経平均は上昇する経験則がある。

注目材料・為替

11月FOMCでのテーパリング決定織り込み、ドル・円は上値試す展開か

予想レンジ:1ドル=111円20銭−115円60銭
11−15日のドル・円は上昇した。週初11日は、米国がコロンブス・デーで債券市場が休場となる中、岸田首相が金融所得課税見直しについて当面撤回の意向を示し、日経平均株価が大幅高となる展開を背景に、ドル・円は上伸し、18年12月以来の1ドル=113円台に乗せた。12日は米テーパリング(量的金融緩和の段階的縮小)観測が高まり、ドル買い・円売りが進んだ。13日、米9月CPI(消費者物価指数)が市場予想を上回り、ドル買いに振れる場面があったものの、好調な米30年債入札を受け米長期金利が低下すると、ドル・円は軟化した。14日、米9月PPI(生産者物価指数)が市場予想を下回ったものの、インフレへの過度な懸念が後退し、NYダウが反発。リスクオンムードがドル・円をサポートした。15日東京時間では、日経平均株価の大幅続伸を背景に、ドル・円は上値を試す展開となり、18年11月以来の114円台に乗せた。
目先は15日の米9月小売売上高、週明けは米9月鉱工業生産、米9月住宅着工件数、ベージュブック(米地区連銀経済報告)、米9月中古住宅販売件数など米経済イベントが相次ぐ。市場では、11月FOMC(米連邦公開市場委員会)でのテーパリング決定を織り込み始めている。足元では複数のFRB(米連邦準備制度理事会)高官がテーパリングに着手することへの支持を表明しており、FOMCの討議資料となるベージュブックでは米経済成長鈍化からの脱却、物価の上昇基調などが指摘される可能性があり、11月FOMCでのテーパリング決定が一段と織り込まれそうだ。また、米経済指標が強い結果となれば、テーパリング後の利上げ開始時期を探る動きも強まるとみられる。
ドル・円の下値メドは、25日移動平均線近辺の111円20銭。上値メドは、17年1月第3週の高値水準となる115円60銭とする。

週間タイムテーブル

国内 海外
10月18日(月) 9月首都圏新規マンション発売=14時 中国7〜9月期GDP、中国9月小売売上高、中国9月工業生産、中国9月都市部固定資産投資=11時
米9月鉱工業生産・設備稼働率=22時15分
米10月NAHB住宅市場指数=23時
米8月対米証券投資=19日5時
10月19日(火) 衆議院議員選挙公示(31日投開票)
20年国債入札◇IT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC2021 ONLINE」開幕(〜22日)
米9月住宅着工件数、米9月建設許可件数=21時30分
インド市場休場
◆決算発表=ハリバートン、インテュイティブサージカル、J&J、P&G、トラベラーズ、ネットフリックス
10月20日(水) 9月貿易統計=8時50分 ベージュブック(米地区連銀経済報告)=21日3時
米20年国債入札
◆決算発表=(欧州)ASMLホールディング(米国)バイオジェン、IBM、ネクステラ・エナジー、ベライゾン・コミュニケーションズ
10月21日(木) ◆決算発表=ディスコ(6146) トルコ中銀金融政策決定会合
米10月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数=21時30分
米9月中古住宅販売件数=23時
◆決算発表=(欧州)ABB、SAP(米国)ダウ、フリーポート・マクモラン、インテル、AT&T、ユニオン・パシフィック
10月15日(金) 9月消費者物価=8時30分
◆決算発表=中外薬(4519)、東製鉄(5423)、ジャフコ(8595)、沖縄セルラー(9436)
◆決算発表=アメリカン・エキスプレス、シュルンベルジェ、シーゲイト・テクノロジー
  • ※ 海外の時刻は日本時間。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.