SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-10-18 20:39:09

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>10月18日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 17日の米国株式は、反落した。NYダウが前日比91.74ドル安の2万5706.68ドル、ナスダック総合指数が同2.787ポイント安の7642.703ポイントで取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が7億9384万株、ナスダック市場が23億6974万株だった。米9月の住宅着工件数が、季節調整済みの年率換算で120万1000件と市場予想平均の同121万件を下回った。足元での金利上昇で住宅市場への影響を警戒する動きが強まった。NY原油先物WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格が、原油の在庫増から4日ぶりに大幅反落したことも重しとなり、NYダウは、一時300ドルを超える下げをみせる場面もあった。NYダウ採用銘柄では、IBMやホーム・デポ、ユナイテッドヘルスなどが値下がり率の上位に入っている。

 18日の東京株式は、もみ合いとなりそう。日経平均株価はきのう17日の上昇で、75日線(2万2737円)を上回った。先高期待が高まることが見込まれるものの、8月末までのボックス相場の上限だった2万3000円が視界に入り、戻り待ちの売りに押される場面も想定される。為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の半ば(17日終値112円23-24銭)、ユーロ・円が1ユーロ=129円台の半ば(同129円77-81銭)と小動き。円相場の落ち着きから、引き続き、輸出関連銘柄が堅調な動きを示す場面もありそう。17日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、キリンHD<2503.T>、ソニー<6758.T>、三菱UFJ<8306.T>などが、17日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、17日の大阪取引所終値比20円安の2万2870円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 ALBERT<3906.T>―主要プロジェクトの受注が好調に推移、18年12月期の単体業績予想を上方修正
 キリン堂HD<3194.T>―19年2月28日を基準日として、株主優待制度を新設

 ●マイナス材料
 アルバイトT<2341.T>―当初の収益計画とのカイ離が顕著となり、ペット関連情報誌「Wonderful Style」静岡版および愛知版を休刊

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 ニチダイ<6467.T>が17日引け後、19年3月期の連結業績予想を増額した。

 営業利益は前期比55.4%増の11億7300万円と増益幅を拡大させる。今年8月時点の予想は同27.2%増の9億6000万円だった。

 精密鍛造金型の大手。切削加工なしに複雑形状部品を成形する精密鍛造技術に強みを持つ。

 ネットシェイプ事業の金型部門の主要ユーザーが堅調に推移していることに加え、精密鍛造品部門のカーエアコン用スクロール鍛造品の売り上げが計画を上回ったことが増額の要因。

 17日の終値は前日比24円高の832円。

<ダイジェスト>


ダイダン、19年3月期第2四半期業績予想を上方修正

更新 : 18/10/18 7:30

 ダイダン<1980.T>が17日、19年3月期第2四半期(18年4-9月)の連結業績予想を上方修正した。

 第2四半期業績予想で、売上高を675億円から696億円(前年同期比2.1%増)に引き上げ、営業利益は30億円から36億4000万円(同13.7%増)に一転して増益となる見込み。売上高は、受注工事高の増加や手持ち工事が順調に進ちょくし、利益面では、原価低減策などが寄与する。通期業績予想については、今後の経済情勢および市場動向などを勘案し、11月8日に予定する第2四半期決算発表時に公表するとしている。

 17日終値は、前日比207円高の2619円。


トヨタ紡織、起潮力が生物に及ぼす影響を解明するため名古屋大学と共同研究契約

更新 : 18/10/18 7:31

 トヨタ紡織<3116.T>は17日、名古屋大学と、起潮力(潮の満ち引きをひき起こす力)が生物に及ぼす影響を解明するため共同研究契約を締結したと発表した。

 同社はこれまで、植物の成長と起潮力の関係に注目。満潮と干潮のリズムに合わせて、栽培室内の温度、光、養液、二酸化炭素などの環境因子を最適調整することで、レタスなど葉野菜の収穫重量が増加する効果を得ている。今回の研究契約により、新たなエネルギーや資源を投入せずに、植物の成長を助長させる栽培方法として実用化に向けた実証実験を進めるという。

 17日終値は、前日比25円高の2028円。


THKとミズノ、ヒューマノイド型サービスロボット用「エアリージャケット」を開発

更新 : 18/10/18 7:32

 THK<6481.T>とミズノ<8022.T>は17日、ロボットが発する熱を排除して稼動効率を向上させるヒューマノイド型サービスロボット用「エアリージャケット」を開発したと発表した。

 このワークウエアを着用させることによって、腕にあるモーターから発する熱を効率よく袖口に換気し、温度上昇をウエア内2.2度、腕部4.3度抑え、長時間の連続稼動を実現する。

 17日終値はTHKが前日比78円高の2634円、ミズノが同55円高の2719円。


JVCケンウッド、ドライブレコーダーがHonda純正アクセサリーとして採用

更新 : 18/10/18 7:33

 JVCケンウッド<6632.T>は17日、ホンダ<7267.T>グループのホンダアクセスと共同開発したドライブレコーダーが、Honda純正アクセサリーのドライブレコーダー(リア用)として採用されたと発表した。

 今回採用されたドライブレコーダーは、リアウインドウへ設置するリア用のドライブレコーダー。独自のHDR(High Dynamic Range)制御により、トンネルの出入り口や夜間走行時の照明など、明暗差が激しい環境時におきやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑え、安定した映像を録画することができるとした。同モデルは、ホンダが展開する主要車種19モデルに適用しているという。

 17日終値は、前日比5円高の293円。


旭化成、iPS細胞技術の特許について通常実施権を取得するライセンス契約を締結

更新 : 18/10/18 7:34

 旭化成<3407.T>は17日、iPS細胞技術に関する特許について通常実施権を取得するライセンス契約を締結した。

 これは、iPSアカデミアジャパンが京都大学より許諾されているiPS細胞技術に関する特許のうち、全世界における外傷性関節軟骨損傷を適応疾患とする治療用途を対象とした、iPS細胞技術に関する特許の非独占的通常実施権と、軟骨分化誘導技術に関する特許の独占的通常実施権を取得する。

 これにより、同社は、当該特許権がおよぶ全世界において、外傷性関節軟骨損傷を適応とするiPS細胞由来の再生医療等製品を独占的に研究開発・製造販売する権利を保有し、iPSアカデミアジャパンに対して契約一時金および開発段階に応じた開発マイルストーンを支払う。また、販売後は、販売額に応じたロイヤルティーおよび販売額の目標達成に応じた販売マイルストーンを支払う。

 17日終値は前日比7円高の1528.5円。


パナソニック、2020年6月末で水銀ランプの生産を終了へ

更新 : 18/10/18 7:35

 パナソニック<6752.T>は17日、水銀に関する水俣条約に対応し、2020年6月末をもって水銀ランプの生産を終了すると発表した。

 今後は、水銀ランプが多く使用されている高天井用照明器具、投光器、街路灯、道路照明器具などの分野において、置き換え可能なLED照明器具の品揃えを強化し、リニューアルの提案を積極的に進めていくとしている。

 17日終値は、前日比15.5円高の1250.5円。


日立、多言語での受付・接客対応などを行うアプリ型のコミュニケーションロボットを開発

更新 : 18/10/18 7:36

 日立製作所<6501.T>は17日、日立ビルシステムとタブレットなどで多言語での受付・接客対応などを行うアプリ型のコミュニケーションロボット「エミュー・ティーティー」を開発した。

 今後、実証実験などを通じて早期の実用化を図り、商業施設などにおける人手不足や外国人対応などの課題解決に向け、導入を図る。

 17日終値は前日比42円高の3510円。


凸版、新しいヘッドマウントディスプレーモジュールを開発

更新 : 18/10/18 7:37

 凸版印刷<7911.T>は17日、VR(バーチャル・リアリティー)を活用したロボットの遠隔操作用途に向けた新しいヘッドマウントディスプレーモジュール「TransRay(トランスレイ)」と、3Dセンサーで撮影された3次元シーンをライトフィールド情報へ、リアルタイムに変換する描画エンジンを開発したと発表した。

 「TransRay」は、ヘッドマウントディスプレー特有の酔いや疲労の軽減効果が期待され、長時間使用が想定される工場や医療現場での活用が期待されるという。同社では、ロボットや建機メーカーをはじめとした連携先を募り協業を図りながら、「TransRay」の研究開発を進めるとした。各種センサーとの連動やセンサーからの情報の可視化、AI(人工知能)との連携など、より効率的なロボット遠隔操作の実現に向けた開発を行い、2020年度の実用化を目指すとしている。

 17日終値は、前日比19円安の1653円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.