SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 04:02:02

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>6月18日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 17日の米国株式は、反発した。NYダウが前週末比22.92ドル高の2万6112.53ドル、ナスダック総合指数が同48.365ポイント高の7845.024ポイントで取引を終了。出来高概算はニューヨーク市場が6億8169万株、ナスダック市場が19億83万株だった。18日から19日にかけて開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、手控えムードが広がった。今回のFOMCでは、金融政策に変更はないとの見方が大勢のもようだが、早期の利下げ期待が相場を支えた。ハイテク株比率の高いナスダック市場は、アップルやアルファベット(グーグルの持株会社)、アマゾン・ドット・コムなどが堅調だった。

 18日の東京株式は、方向感に乏しい展開か。現地17日の米国株式は反発したものの、FOMC後の米国株式の反応を確認したいとして、手控え商状が続きそうだ。きのう17日の東証1部の売買代金が1兆6000億円台に留まり、活況の目安とされる2兆円を割り込むなか、引き続き値動きの軽い中小型株への物色が中心になるとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=108円台の半ば(17日終値は108円56-57銭)、ユーロ・円が1ユーロ=121円台の後半(同121円73-77銭)と小動き。17日のADR(米国預託証券)は円換算値で、パナソニック<6752.T>、シャープ<6753.T>、三井住友<8316.T>などが、17日の東京終値に比べ安い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、17日の大阪取引所終値比変わらずの2万1070円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 東海カーボン<5301.T>―ドイツ炭素黒鉛製品メーカーのCOBEX社を約1000億円で子会社化
 アイル<3854.T>―7月2日付で市場1部銘柄に指定される

 ●マイナス材料
 西松屋チェーン<7545.T>―値下げ販売の増加や地代家賃などの上昇などにより、20年2月期第1四半期(19年2月21日-5月20日)の単体決算は2ケタの減益
 日本光電<6849.T>―米子会社で特別損失を計上、20年3月期第2四半期(19年4-9月)と通期の連結純利益予想を引き下げ

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 ツルハホールディングス<3391.T>は17日大引け後、19年5月期の連結決算を発表した。

 19年5月期の営業利益は前期比4.0%増の416億2600万円だった。続く20年5月期は前期比4.5%増の437億円を予想。連続増益を見込む。

 カウンセリングサービスの充実に引き続き力を注ぐとともに、PB(プライベートブランド)商品の品ぞろえも強化する。出店は134店を計画している。

 17日の終値は前週末比140円高の9060円。

<ダイジェスト>


JFE、オーストラリアの科学産業研究機構と共同研究契約を締結

更新 : 19/6/18 7:30

 JFEホールディングス(JFE)<5411.T>は17日、グループのJFEスチールが、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)と、19年5月に高炉用原料の評価技術開発の促進を目的に共同研究契約を締結したと発表した。

 今回の契約で、JFEスチールは、原料分野の先進的な共同研究を推進し、原料評価技術および高炉用原料の塊成化技術の向上を進めるとしている。

 17日終値は、前週末比18円安の1510円。


楽天、西友と神奈川県横須賀市の猿島へのドローン配送サービスを3カ月にわたり実施

更新 : 19/6/18 7:31

 楽天<4755.T>は17日、西友(東京都北区)と、神奈川県横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から、観光地である猿島を訪問している一般利用者へ商品を届けるドローン配送サービスを、19年7月4日から約3カ月にわたって実施すると発表した。

 同社では、今回の配送サービスで使用するルートは、主に海上を飛行するため、より安全性を保ったうえでドローン配送を実施することができるという。夏のレジャーを楽しむために来島者が増える夏季期間中に行うことで、ドローンを活用した新たなショッピングの形を、一般利用者に体感してもらう機会となることを見込む。また、サービス提供を通じ、利用者が求める商品層の把握やドローン配送の運用ノウハウを蓄積し、将来的に同市内で地理的な課題を抱える地域における、買い物困難者の救済や災害支援などへの活用を目指す。

 17日終値は、前週末比51円高の1276円。


豊田合成、シチズン電子とLED技術に関し特許クロスライセンス契約を締結

更新 : 19/6/18 7:32

 豊田合成<7282.T>は17日、シチズン時計<7762.T>グループのシチズン電子と、LED(発光ダイオード)製品の開発と市場への供給を促進するため、両社がそれぞれ保有するLED技術に関する多数の特許を相互に活用できる、「特許クロスライセンス契約」を締結したと発表した。

 今回の契約で、新たなLED関連技術を開発するための自由度が格段に高まるという。また、今回のクロスライセンスには、同社がライセンス活動を積極的に進めている窒化物系赤色蛍光体に関連する基本特許が含まれているという。両社は今後も、互いの技術を尊重し合うとともに、公正な競争を通じ、高性能なLEDの開発を加速させ、市場の発展を目指すとしている。

 17日終値は、前週末比15円安の1986円。


スズキ、パキスタンで新型「アルト」の販売を開始

更新 : 19/6/18 7:33

 スズキ<7269.T>は17日、パキスタンで四輪車、二輪車の生産販売を手掛けるパックスズキモーター社が、15日から新型「アルト」の販売を開始したと発表した。

 販売を開始した新型「アルト」は、日本で販売している軽自動車「アルト」と同じ全長・全幅のボディーに、660CCのR06A型エンジンを搭載。スズキの海外拠点で、現在の日本の軽自動車規格と同じボディーと排気量を採用したモデルを生産するのは、今回が初めてという。また、パキスタンの道路事情を考慮して最低地上高を高くするなど、使用環境に合わせた変更を加えている。

 17日終値は、前週末比22円安の5177円。


ユーグレナが上げ幅拡大、理化学研究所とミドリムシの産業利用種を対象とした高効率なゲノム編集方法を確立

更新 : 19/6/18 7:34

 ユーグレナ<2931.T>が上げ幅を拡大。17日午後2時、理化学研究所(埼玉県和光市)と共同で、ミドリムシの産業利用種を対象とした、高効率のゲノム編集方法の確立に初めて成功したと発表、材料視された。

 今回、研究チームは、ミドリムシ細胞にCas9 RNP複合体を直接導入する手法を用いて、最適な条件を見いだすことにより、約80%という非常に高い編集効率で標的遺伝子への欠損・挿入変異導入に成功した。さらに、2種類のCas9 RNP複合体を用いたDNAの特定領域への長い欠損変異の導入や、一本鎖のドナーDNA分子を用いた正確な外来DNA分子の導入も可能であることを明らかにしたという。

 17日終値は、前週末比64円高の964円。


ソフトフロントが急伸、グループ会社がNTSホールディングスと自然会話AIプラットホーム開発で業務提携

更新 : 19/6/18 7:35

 ソフトフロントホールディングス<2321.T>が急伸。17日午前11時30分、グループのソフトフロントジャパンが、NTSホールディングス(東京都港区)と、自然会話AI(人工知能)プラットホーム「commubo」に関し、業務提携することで基本合意したと発表、材料視された。

 今回の業務提携では、主に金融業界においてお客様との接点を重要視する企業が増えるなか、コールセンター業務における人手不足と採用難の時代背景を受け、最先端の音声会話AIによる更なる業務効率化や、生産性向上のためのソリューションを両社で連携・提供していくことを目指す。

 17日終値は、前週末比2円高の117円。


PRTIME、大垣銀行と業務提携、岐阜県を中心に顧客のPR支援体制を強化

更新 : 19/6/18 7:36

 PR TIMES<3922.T>が17日引け後、大垣共立銀行<8361.T>と業務提携し、同日から岐阜県を中心とする同行の取引先企業、団体に対するPR支援体制を強化したと発表した。

 対象企業は半年間で3回までPR TIMESプレスリリース配信を無料で提供するほか、PRセミナーを開催して広報ノウハウを伝えるなど、岐阜県を中心とする地域の有益な企業ニュースを発信しやすくする環境づくりを進めるという。

 17日終値は、PRTIMEが前週末比65円高の3080円、大垣銀行が同9円安の2477円。


三栄コーポ、日本環境設計とパートナーシップ契約を締結

更新 : 19/6/18 7:37

 三栄コーポレーション<8119.T>は17日引け後、リサイクルプロジェクトを手掛ける日本環境設計(東京都港区)と、パートナーシップ契約を締結したと発表した。

 同社では、今回のパートナーシップ契約締結で、日本環境設計から提供されるリサイクル樹脂をバッグやポーチなどに製品化させ、卸売り販路を中心に営業活動を行う。この事業を通じ、同事業の拡大と企業価値の向上を目指すとしている。

 17日は、前週末比5円高の3080円ザラバ引け。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.