SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-12-14 09:25:25

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>12月14日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 13日の米国株式は、NYダウが前日比80.63ドル高の2万4585.43ドルと5日続伸し、4日続けて史上最高値を更新。ナスダック総合指数が同13.482ポイント高の6875.799ポイントと反発して取引を終了した。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億7534万株、ナスダック市場が19億2155万株だった。FOMC(米連邦公開市場委員会)では、FF(フェデラルファンド)金利の誘導目標を0.25%引き上げ、年1.25-1.50%に引き上げることを決定。政策金利見通しで18年の利上げ回数は3回が予想され、従来の見込みから変化はなかった。緩やかな金利引き上げ方針に変更がないことが確認され、買い優勢の展開だった。NYダウ採用銘柄では、キャタピラーやナイキ、コカ・コーラなどが値上がり率の上位に入っている。

 14日の東京株式は、弱含みの展開か。現地13日の米国株式は、NYダウが4日連続で史上最高値を更新し、ナスダック総合指数も反発。ただ、11月の米消費者物価指数でインフレ圧力が引き続き弱いことが明らかになり、米長期金利が低下し、金利差の縮小から為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の半ば(13日終値113円43-44銭)と円高に振れている。対ドルでの円高を受け、ハイテク株を中心とした輸出関連銘柄は、上値が重そうだ。一方、ユーロ・円が1ユーロ=133円台の前半(同133円15-19銭)と小動き。手掛かり材料難から、消去法的に値動きの軽い中小型株に物色の矛先が向かうこともありそう。13日のADR(米国預託証券)は円換算値で高安まちまちながら、コマツ<6301.T>、東芝<6502.T>、パナソニック<6752.T>などが13日の東京終値に比べ高い。13日のシカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、13日の大阪取引所終値比40円安の2万2660円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 シンシア<7782.T>―東京証券取引所から20日付で市場1部銘柄に指定される
 三谷産業<8285.T>―子会社アクティブファーマ(東京都千代田区)が、富山八尾工場で研究・品質管理棟や少量合成棟、原料・製品倉庫を拡張へ

 ●マイナス材料
 原弘産<8894.T>―固定資産の減損損失などを計上、17年10月期の単体業績予想を下方修正
 ビリングS<3623.T>―東京証券取引所は14日の売買分から、信用取引による新規の売りおよび買いに係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)に引き上げ

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 スクロール<8005.T>が13日大引け後に発表した18年3月期11月月次売上高は前年同月比9.3%増の56億5800万円と、9月以来2カ月ぶりに高い水準を確保した。

 一方、累計では同4.4%増の409億2900万円と、今期に入って最大の伸び率となった。

 1月にナチュラピュリファイ研究所、5月にT&M、7月には資生堂<4911.T>の子会社で化粧品を製造・販売するキナリと、化粧品事業を手掛ける企業を相次ぎ買収。「3社の買収効果が累計の今年最大の伸びにつながった」(IR担当)という。

 同社はカタログ通販大手。生協向けカタログ通販事業が収益柱。

 13日の終値は前日比7円高の502円。株価は12月13日に年初来高値508円を付けており、高値更新に期待がかかる。

<ダイジェスト>


住友商、カーシェアリング用自動運転EVメーカーに出資

更新 : 17/12/14 7:30

 住友商事<8053.T>は13日、米州住友商事を通じカーシェアリング用自動運転EV(電気自動車)メーカーのリヴィアン社(ミシガン州)の第三者割当増資を引き受け、出資参画したと発表した。

 リヴィアン社では、2020年にピックアップトラックを北米市場に初投入する計画で、共同所有や共同利用を主用途として開発された複数の車種を、順次量産化する。また、充電やメンテナンスだけでなく顧客同士の交流の場ともなるカスタマータッチポイント網を全米に構築する予定という。

 リヴィアン社は、車両の設計や開発を行なう本社拠点に加え、カリフォルニア州に自動運転やデータ通信、バッテリーなどの技術開発拠点を設置しているほか、イリノイ州に年間30万台の生産能力を有する工場を保有している。

 13日終値は、前日比19円安の1847.5円。


東急不HD、日本アジア投資などと大規模ソーラーシェアリング事業

更新 : 17/12/14 7:31

 東急不動産ホールディングス<3289.T>は13日、日本アジア投資<8518.T>などと岩手県一関市の国営開発農地で大規模ソーラーシェアリング事業を行うと発表した。

 これは、太陽光発電と小麦・大麦の栽培を両立させるもので、発電所稼動後は発電事業収入の一部を20年間に渡り営農支援費用として藤沢農業振興公社へ支払い、地域創生に貢献する。

 13日終値は前日比10円安の819円。


デンソー、豊田通商とタイで量子コンピュータの実証実験を開始

更新 : 17/12/14 7:32

 デンソー<6902.T>は13日、豊田通商<8015.T>と交通系商用アプリケーションを用いた量子コンピュータの実証実験を12月からタイで開始すると発表した。

 今回の実証試験は、大規模な車両位置や走行データを量子コンピュータ上でリアルタイムに処理する。タイ国内のタクシー・トラック約13万台に取り付けられた専用車載器から収集した位置情報を活用。クラウド接続したカナダのD-Wave Systems社製の量子コンピュータ内で処理する。実証を通じて、量子コンピュータを活用した渋滞解消や緊急車両の優先的な経路生成などの新しいアプリケーション提案につなげる方針。

 13日終値は、デンソーが前日比9円安の6253円、豊田通商が同40円安の4330円。


テルモ、カテーテル関連製品を生産する新棟を建設

更新 : 17/12/14 7:33

 テルモ<4543.T>が13日、子会社のテルモ山口にカテーテル関連製品を生産する新棟を建設すると発表した。

 テルモ山口は、カテーテル手術で血管内の道筋を確保するガイドワイヤーと呼ばれる製品を生産。3号棟として新たな生産棟を建設し、生産するガイドワイヤーの品目数を増やすとともに、増産も図る。総投資額は約300億円で、18年6月に着工、19年10月に竣工、21年4月から稼働を開始する。

 13日終値は前日比50円高の5240円。


エーザイ、中国で高度アルツハイマー型認知症に関し適応追加の承認を取得

更新 : 17/12/14 7:34

 エーザイ<4523.T>は13日、「アリセプト」(一般名:ドネペジル塩酸塩)について、中国で高度アルツハイマー型認知症に関する適応追加の承認を取得したと発表した。

 今回の承認で、同剤は中国において、軽度から高度までアルツハイマー型認知症に関する幅広い適応を有する治療薬となった。中国でのアルツハイマー型認知症の患者数は約600万人と推定され、今後、高齢化の進展に伴い、認知症患者数の大幅な増加が予想されている。

 13日終値価は、前日比149円高の6864円。


コマツ、米半導体大手のエヌビディアとAI導入で協業

更新 : 17/12/14 7:35

 コマツ<6301.T>は13日、米半導体大手のエヌビディアとAI(人工知能)を導入し、建設現場の安全と生産性を高めるパートナーとして協業すると発表した。

 日本の建設業界では、高齢化や熟練工の減少などによる深刻な労働力不足が課題となるなか、エヌビディアのGPUを導入し、ドローンを用いて現場を撮影して、可視化する。建機の周りにいる人や機械を直ちに認識できる360度映像が提供可能となり、接触や衝突などの事故を防ぐことを目指す。

 将来的には、機器の自動制御に加え、建設現場や採掘現場の高解像度レンダリングや仮想シミュレーションなどに利用する計画。

 13日終値は、前日比17円高の38782円。


JAL、宇宙開発事業会社ispaceと資本業務契約を締結

更新 : 17/12/14 7:36

 JAL<9201.T>は13日、宇宙開発事業会社ispace(東京都港区)と資本・業務契約を締結した。

 提携では、JALの出資のほか、共同プロモーション活動や輸送、整備、運航に関わる協働、宇宙旅行事業に関わる協働を行っていく。

 13日終値は前日比4円安の4296円。


スクロール、11月月次売上高は9.3%増、累計では4.4%増と今期最大の伸び率に

更新 : 17/12/14 7:37

 スクロール<8005.T>が13日大引け後に発表した18年3月期11月月次売上高は前年同月比9.3%増の56億5800万円と、9月以来2カ月ぶりに高い水準を確保した。

 一方、累計では同4.4%増の409億2900万円と、今期に入って最大の伸び率となった。

 1月にナチュラピュリファイ研究所、5月にT&M、7月には資生堂<4911.T>の子会社で化粧品を製造・販売するキナリと、化粧品事業を手掛ける企業を相次ぎ買収。「3社の買収効果が累計の今年最大の伸びにつながった」(IR担当)という。

 同社はカタログ通販大手。生協向けカタログ通販事業が収益柱。

 13日の終値は前日比7円高の502円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 積立サマリー
  • 国内株式 強力なサポートツール7選
  • 成績表

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.