SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-06-20 05:07:36

マーケット > 朝イチ情報

FX市況 デイリーレポート

更新 : 18/6/19 9:00(毎営業日9:00頃更新)

ニューヨークマーケットデイリーレポート

6/19 6:00時点

◆NY市場のドル/円相場は、 欧州市場での上値の重さが嫌気され、110.46円からやや軟調な展開で始まった。米中貿易摩擦への懸念をNYダウ先物が200j以上下落したこともありドル/円は序盤に110.38まで下落した。その後も新規材料に乏しい中、110.40円台でのもみ合いの動きが続いた。一時260j安まで下落したNYダウが取引き終盤にかけて下げ幅を縮小したことからドルを買い戻す動きも見られ、終盤には110.59円まで上昇した。しかし米中貿易摩擦への不透明感が燻っていることが重石となり上値も限定的となった。

◆NY市場のユーロ/円相場は、欧州市場の流れを引き継ぎ128.26円から軟調な展開で始まった。ECBがハト派に傾いていることや、ドイツの移民政策を巡る危機管などを材料に128.07円まで下落したが下げ一服後には、米主要株価が下げ幅を縮小し、ドル/円の反発に伴って終盤には128.48円まで上昇した。

◆米株式市場は、米中の貿易摩擦への懸念を背景に、序盤から主要株価指数は売りが先行した。ダウ平均株価は、序盤こそ前週末比264ドル安まで下落したが、その後下げ幅を縮小し103ドル安で終了するなど5営業日続落で取引を終了した。一方、ナスダックは終盤にプラス圏まで値を戻し小幅反発して取引を終えた。

東京マーケットデイリーレポート

6/18 17:00時点

◆東京市場のドル/円相場は、週明けで新規材料に乏しい中、110.62円から小動きの展開で始まった。大阪府北部で起きた地震の影響や、米中の貿易問題の先行き不透明感を背景に日経平均株価が下落したほか、米長期金利先物も低下したことから午前中に、110.30円まで下落した。その後日経平均株価の下げ幅が縮小したことや米長期金利が小幅に上昇したことから110.62円まで反発した。結果的に下値の底堅さの一方で上値の重さを確認するなど方向感に乏しく110円台半ば付近を中心とした小値動きとなった。

◆東京市場のユーロ/円相場は、週末にドイツ・メルケル首相が率いるキリスト教民主同盟(CDU)と連立を組むキリスト教社会同盟(CSU)党首のゼーホーファー内務相とが連立解消を巡り対立との報道が嫌気されたことをきっかけに先週末終値からギャップダウンして始まり軟調な値動きとなった。しかし、こうした報道が否定されたことから上昇に転じたものの、近畿地方での大きな地震の影響から日経平均株価の軟調地合いなどを背景に127.92円まで下落した。その後、日経平均株価の下げ幅縮小や米長期金利の上昇から、ドル/円が反発に転じたこともありユーロ/円も128.15円まで上昇しました。しかしドル/円の上値の重さが嫌気され終盤には127.84円まで再反落となった。

取引レンジ
ロンドン 6/18
米ドル-円 高値 110.58
安値 110.43
ユーロ-円 高値 128.42
安値 127.85
ニューヨーク 6/18
米ドル-円 高値 110.59
安値 110.37
ユーロ-円 高値 128.48
安値 128.07
東京 6/18
米ドル-円 高値 110.67
安値 110.30
ユーロ-円 高値 128.34
安値 127.82

提供:SBIリクイディティ・マーケット


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」 CM全国放送記念キャンペーン!
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.