SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-21 13:35:56

ホーム > じぶん年金 > じぶん年金のつくり方 > じぶん年金はなぜ必要?

投信積立のメリット 〜積立運用という安心の仕組み〜

1 時間分散でリスク分散!- 買いタイミングに迷うことがありません

2 毎月自動買付で発注忘れもなし!- 好きな金額で好きな日に設定できます

1 時間分散でリスク分散!- 買いタイミングに迷うことがありません

投資家の最大の悩みは、いつ買ったらいいのか?今買うべきか?見送るべきか?など売買のタイミングではないでしょうか。「さんざん悩んだ末に高値を買ってしまってがっかり」ということはよくあることです。

投信積立は、投資環境が良いときも悪いときも、長期的に一定金額を買い付ける投資手法です。つまり、基準価格が高いときは口数を少なく買い付け、逆に基準価格が低いときは口数を多く買い付けることで、買い付けコストを長期的に引き下げることが可能なのです。

これを投資の世界では「ドル・コスト平均法」と言います。ドルコスト平均法の最大のメリットは、投資家のみなさんが買いタイミングで毎日思い悩む必要がないことなのです。

では、「ドル・コスト平均法」という投資手法がどれくらいお得なのでしょうか。

「毎月一定金額を購入する場合」と「毎月一定口数を購入する場合」を比較して、どちらが平均購入単価を安く抑えることができるか見てみましょう。

一万口当たりの基準価額の推移(例)

「ドル・コスト平均法」によって、基準価額が高いときは口数を少なく買付け、基準価額が低いときは口数を多く買付けることができたので、毎月一定で「金額購入」したときのほうが、平均購入単価が安くなるのです!

SBI証券で投信積立を設定すると、毎月「金額購入」で投資信託を購入することができます。

2 毎月自動買付で発注忘れもなし!- 好きな金額で好きな日に設定できます

毎月発注するのが面倒ですし、発注することをつい忘れてしまうこともあるかと思います。

そこで、SBI証券のWEBサイトから、銘柄を選んで、毎月積み立てる金額と日にちを設定すると、自動的に投資信託を毎月購入することができます。また、年2回までボーナス月コースとして別途日付を設定していただくことも可能です。

設定は、投信TOP>投信個別ページ または、ログイン後の取引>投資信託>積立買付からどうぞ。

ファンドの積立買付(新規設定)のデモを体験いただけます。

新しいウィンドウで開きます。 投信積立のお取引体験デモ

投信積立には、証券総合口座への入金の手間が省ける「投信積立銀行引落サービス」をご利用ください。

じぶん年金におすすめのファンドはこちら

じぶん年金についてのご留意事項

じぶん年金は、投資信託等による資産運用を通じて、個々人での資産形成を提案するものです。公的な年金制度ではありませんので、以下の点にご留意ください。

  • 積み立てた元本や将来の給付額が保証されているものではありません。
  • 資産形成後は、ある時点から自らの意思で解約し生活資金の一部とすることを想定しており、何らかの給付が自動的に受けられるものではありません。
  • 中途での換金や収益の分配により利益が発生した場合には、通常の金融取引と同様課税の対象となります。積立金の所得控除や利益に対する課税の繰り延べ等、年金制度における税制上の優遇措置はありません。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • 成績表
  • FX口座解説&お取引で最大100,000円キャッシュバック!

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.