SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-04-20 08:19:21

マーケット > 朝イチ情報

先物・オプション市況

更新:2018/04/19(毎営業日9:00頃更新)

毎日更新!相場見通し・テクニカル分析 (4/19)

戻り待ちの売り圧力も意識されてくるところ:見通し
18日の225先物は前日比350円高の22180円。17日のNYダウの大幅続伸、為替の円安基調を受けて買い戻しの流れに。日米首脳会談では、通商、為替政策への問題が先送りされたことで、ひとまず安心感を誘ったとの指摘が聞かれた。一方、18日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は38.56ドル安の24748.07、ナスダックは14.14ポイント高の7295.24で取引を終了した。複数の主要企業決算や原油相場の上昇が好感され、買いが先行。連日の好決算で投資家のリスク選好姿勢が強まっているものの、ITサービスのIBM(IBM)の通期見通しが予想を下振れたことが相場の重しとなり、小動きとなった。地区連銀経済報告(ベージュブック)では、大半の地区で雇用の伸びが確認されたものの、製造業や農業などの複数のセクターで輸入関税策や貿易摩擦による悪影響への懸念が示された。
225ナイトセッションの終値は日中終値比10円安の22170円だった。円相場は1ドル107円20銭台、1ユーロ132円70銭台(8時30分時点)。18日の米国市場はIBMの下落影響が重石となったが、これについては織り込み済み。一方でアルコアが決算評価から時間外で上昇しており、材料視されよう。ただ、価格帯別出来高では、ここから22300円辺りでは商いが積み上がっている水準でもあり、戻り待ちの売り圧力も意識されてくるだろう。とはいえ、海外勢の需給動向に変化がみられており、底堅さが意識されそうだ。上値メドは22250円、下値メドは22050円とする。
18日(米東部時間)に発表された米連邦準備制度理事会(FRB)による地区連銀経済報告(ベージュブック)では、米経済は3月から4月上旬にかけて全地区で緩やかに拡大を続けたと総括した。これを受けて、FRBは利上げを継続するとの観測が広がり、米長期金利が上昇。このため、ドル買い・円売りが優勢となった。また、2日目の日米首脳会談では、通商政策について、米国の対日貿易赤字の削減に向け日米2国間の新たな枠組みを設けて貿易協議を開始することで合意した。市場では警戒視されていた通商問題を含む日米首脳会談が無難に通過したことも、ドル相場の支援材料となっている。ただ、19日から2日の日程で米ワシントンD.C.で開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、米中の貿易摩擦問題やシリア情勢の緊迫が主な議題となるとみられ、内容を見極めたいとの見方から積極的な商いは手控えられそうだ。

提供:フィスコ社

今すぐ先物・オプション口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • お客さまは、本レポートに表示されている情報をお客さま自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、 複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客さまご自身でお願いします。

お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • 積立サマリー
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.