SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-08-21 22:27:56

マーケット > 朝イチ情報

先物・オプション市況

更新:2018/8/21(毎営業日9:00頃更新)

毎日更新!相場見通し・テクニカル分析 (8/21)

円高傾向が重石になりそう:見通し
20日の大引けの225先物は前週末の終値比100円安の22160円と反落して終了した。高値は22270円、安値は22130円で、上下レンジは140円。米国株式相場は上昇。ダウ平均は89.37ドル高の25758.69、ナスダックは4.68ポイント高の7821.01で取引を終了した。貿易摩擦の緩和に向けた米中協議への期待や、トルコ情勢の沈静化の兆しから欧州株が全面高となり、米国株も買いが先行。S&P500及びダウは終日堅調推に推移し、ナスダック総合指数も朝方は下落に転じる場面も見られたが、引けにかけて上昇に転じた。
225ナイトセッションの終値は日中終値比変わらずの22160円。円相場は1ドル109円90銭台、1ユーロ126円30銭台で推移(8時00分時点)。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の22175円だった。20日の米国市場は、貿易摩擦の緩和に向けた米中協議への期待や、トルコ情勢の沈静化の兆しから欧州株が全面高となり、米国株も買いが先行した。海外株高は材料視されるものの、円相場の円高傾向が重石になりそうだ。対中追加関税の公聴会とジャクソンホール会議という2大イベントを控え。日経平均は引き続き狭いレンジでこう着となり、物色対象に広がりは見られないだろう。上値メドは22300円、下値メドは22100円。
報道によると、トランプ米大統領は20日、ロイターとのインタビューで米連邦準備理事会(FRB)が利上げを継続する方針であることについて「気に入らない」との見方を伝えた。また、トランプ大統領は、FRBはもっと緩和的であるべきとの見方を示した。為替についてトランプ大統領は「中国は間違いなく為替操作をしている。操作されていると考える」と述べた。市場関係者の間では「トランプ大統領が利上げを批判してもFRBは9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で0.25ポイントの追加利上げを決定する」との見方が多い。ただし、一部の市場関係者は「今週24日に行われるパウエルFRB議長の講演に対する関心はかなり高まった」、「金利引き上げについてパウエル議長が肯定的な見解を表明する否かを確認する必要がある」と指摘している。なお、人民元相場については、米中貿易協議で議論される可能性があるとの見方が少なくないようだ。市場関係者の間からは「ドル高・人民元安の流れは米中貿易協議の前後で変わる可能性がある」との声が聞かれている。

提供:フィスコ社

今すぐ先物・オプション口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • お客さまは、本レポートに表示されている情報をお客さま自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、 複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客さまご自身でお願いします。

お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」 CM全国放送記念キャンペーン!
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.