SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 20:21:46

マーケット > レポート > サキモノの『ココがPOINT!』

サキモノの『ココがPOINT!』

2014/12/2

大納会(12/30)に向けて、株価は上昇する!?

今すぐ先物・オプション口座開設

今すぐお取引

1

7年4ヵ月ぶりの日経平均株価、高値更新

先週は、11月24日(月)が勤労感謝の日の祝日だったことから、4日立会いでした。先週の高値は25日(火)の1万7,490円39銭、一方、安値は27日(木)の1万7,212円48銭。高安の値幅は277円91銭と、小幅のレンジ内の値動きが続きました。
しかし、今週に入って原油安・円安の外部環境の後押しと、7〜9月期の法人企業統計で注目度が高いソフトウエアを除く全産業の設備投資額が増えたことを好感した買いによって、12月1日(月)の終値は、7年4ヶ月ぶりに1万7,500円台を回復しました。

また、先週11月25日(火)から、JPX日経インデックス400先物が取引開始されました。
先週4日間の出来高枚数が、ミニTOPIXの出来高枚数を上回るなど好調な滑り出しです。JPX日経インデックス400先物の想定元本は約130万円と、ミニ日経225先物、ミニTOPIX先物よりも少額です。最低必要証拠金は1枚47,000円(12/2現在)です。12月2日からは、日本銀行の買い入れ対象のETFに、JPX日経インデックス400のETFが追加され、益々、JPX日経インデックス400先物の取引が活発化することが予想されます。特に、前場引け時点で大きく下落している局面においては、14:30以後に日銀のETF買いの可能性があります。大引けに掛けて、思惑で価格が上下する可能性があるので、取引チャンスになりそうです。

表1:日経平均株価 四本値・前日比・出来高
日付 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高(株)
11月25日(火) 17,490 17,490 17,373 17,408 50 2,716,960,000
11月26日(水) 17,348 17,433 17,336 17,384 -24 2,211,990,000
11月27日(木) 17,310 17,347 17,212 17,249 -135 2,057,010,000
11月28日(金) 17,340 17,472 17,331 17,460 211 2,329,090,000
12月1日(月) 17,475 17,521 17,300 17,590 98 2,023,620,000
図1:日経平均株価(日足 6ヶ月間)
図1:日経平均株価(日足 6ヶ月間)
  • ※当社WEBを用いてSBI証券が作成。
2

今週は、ECB理事会と米雇用統計に注目!!

今週は、12月4日(木)に開催される欧州中央銀行(ECB)理事会に注目です。ドラギ総裁が追加緩和に前向きな発言を繰り返していることから、ECBが近い将来にさらなる金融緩和策を打ち出すとの見方があるからです。また、5日(金)にある米雇用統計と、その前哨戦である、ISM製造業・非製造業景況指数、ADP雇用者数なども含めて注目度が高いようです。
いずれも日本時間の夜間に発表されるため、先物のイブニング・セッション(16:30〜翌3:00)を利用すれば、リアルタイムで取引が可能ですので、是非ご検討ください。

表2:今週後半の主なスケジュール
日付 時間(日本時間) 内容
12月3日(水) 8:00 米国 新車販売台数(11月)
14:00 日本 レギュラーガソリン小売価格
22:15 米国 ADP雇用リポート(11月)
0:00 米国 ISM非製造業景況指数
12月4日(木) 4:00 米国 地区連銀経済報告(ベージュブック)
8:50 日本 対外及び対内証券売買契約等の状況
21:00 英国 英金融政策決定委員会
23:30 米国 新規失業保険申請件数
12月5日(金) 14:00 日本 景気動向指数(速報)
19:00 欧州 ユーロ圏国内総生産(GDP)(7〜9月期 改定値)
22:30 米国 雇用統計(11月)
  • ※当社WEBを用いてSBI証券が作成。
3

12月は1年で一番勝率の高い月。「掉尾(とうび)の一振」がありそう!?

年内最後の取引日(12/30)の大納会に向けて株価が上昇することを、「掉尾(とうび)の一振」とも言いますが、過去のデータより、年末の株高について検証してみました。

表3のように、12月は日経平均株価の月足ベースでの勝率(月足陽線=勝ち)が過去25年間で16勝9敗(勝率64.0%)と、1年間で最も勝率が高い月であり、12月の月足ベースの日経平均株価チャートは、陽線になることが多い傾向があることが判ります。

過去10年間の12月の日経平均の高値・安値を日付を調べたものが、表4です。
過去10年間で、高値日が安値日より後日にあったのが8回、逆に安値日が高値日の後日にあったのが2回でした。また、10年間の平均の安値日は7.8日、高値日は24.4日であることから、年末高の傾向があると言えそうです。しかも、大納会より3営業日以内に高値を付けたのが7回と、年末に向けて株価上昇したことが多かったことがわかります。

あくまでも過去実績なので、2014年末も株高になる保証はないですが、年末の株高の可能性が高いことを踏まえて日経平均先物の売買に活かしてみてはいかがでしょうか。

「掉尾の一振」については、新年相場への期待感もあり、株高が起こるとも言われています。
リーマンショック前の日経平均株価の高値は、18,300円。12月1日(月)の終値の17,590円からは、あと710円。
さて、2014年の年末はどのようになるでしょうか。

表3:日経平均月足星取表(25年)
  勝ち 負け 勝率
1月 10 15 40.0%
2月 14 11 56.0%
3月 13 12 52.0%
4月 14 11 56.0%
5月 12 13 48.0%
6月 14 11 56.0%
7月 10 15 40.0%
8月 10 15 40.0%
9月 10 15 40.0%
10月 11 14 44.0%
11月 15 10 60.0%
12月 16 9 64.0%
合計 149 151 49.7%
  • ※Bloombergデータより、SBI証券作成
表4:日経平均株価の12月高値・安値 騰落率
月間安値 月間高値 安値日 高値日 順序 騰落率
2004 10,757 11,489 10日 30日 6.8%
2003 15,131 16,344 1日 29日 8.0%
2006 16,266 17,226 5日 29日 5.9%
2007 15,031 16,045 19日 11日 ×
2008 7,864 8,860 2日 30日 12.7%
2009 9,572 10,638 1日 29日 11.1%
2010 9,988 10,371 1日 21日 3.8%
2011 8,296 8,722 19日 7日 ×
2012 9,432 10,385 4日 28日 10.1%
2013 15,153 16,291 16日 30日 7.5%
2014
平均 7.8日 24.4日 8.2%

少ない資金で大きな利益を狙いたくありませんか?そんな方はこちらを確認!

先物・オプションの関連コンテンツ

オプションのココがPOINT!
日経平均激動、増税延期・総選挙の行き着く先は?

先物・オプション取引口座開設お申し込み画面へ

先物・オプション取引サイトへ

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 必要証拠金額は当社SPAN証拠金(発注済の注文等を加味したSPAN証拠金×100%)−ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。
  • 当社SPAN証拠金及びネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。
  • SPAN証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮の上、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、又はお客様ごとに変更することがあります。
  • 先物・オプションのSPAN証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)
  • 指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。
  • 日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客様が日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。
  • 日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。
  • 日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20〜30程度)に回帰するという特徴を持っています。
    日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。
  • 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。
  • 未成年口座のお客様は先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.