SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-11-18 06:08:02

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  決算発表には要注意!発表終了後の好業績銘柄はコチラ!?

決算発表には要注意!発表終了後の好業績銘柄はコチラ!?

2018/11/2
投資情報部 鈴木英之

2018年7〜9月期の決算発表が佳境を迎えています。決算発表社数では、10/31(水)が382社で前半のヤマ場とも言えるべき日になり、その後も11/1(木)83社、11/2(金)136社と高水準の発表が続きました。11/5(月)はソフトバンクグループ(9984)、11/6(火)はトヨタ(7203)が発表のスケジュールとなり、11/9(金)には、512社が発表を予定し、いよいよピークを迎えることになります。

今回の決算発表では、事前の市場予想を下回ったり、業績見通しを引き下げたりする銘柄も少なくなく、決算発表後に株価が急落するケースも多くなっています。このため、決算発表予定日をチェックし、売買ポジションを調整することが重要になると考えられます。

しかし、決済発表自体への警戒感が強まるだけに、逆に決算発表以降は安心感が強まる銘柄も増えるとみられます。そこで、今回の「日本株投資戦略」では11/1(木)までに決算発表を終えた銘柄を分析対象とし、好決算銘柄の抽出を試みました。

1

決算発表が佳境となり、投資家として注意すべきことは?

2018年7〜9月期の決算発表が佳境を迎えています。決算発表社数では、10/31(水)が382社で前半のヤマ場とも言えるべき日になり、その後も11/1(木)83社、11/2(金)136社と高水準の発表が続きました。11/5(月)はソフトバンクグループ(9984)、11/6(火)はトヨタ(7203)が発表のスケジュールとなり、11/9(金)には、512社が発表を予定し、いよいよピークを迎えることになります。

今回の決算発表は、米中貿易摩擦や鉄鋼・アルミ関税の影響が懸念され、特に前半に株式市場の警戒感が強まりました。10月に入り、これまで相対的に堅調だった日米株式市場でも、企業業績への警戒感も手伝い大きく下げる日がみられるようになりました。しかし、10/26(金)に信越化学(4063)、10/30(火)にローム(6963)、ソニー(6758)、ホンダ(7267)等が見通しの上方修正を発表したことで、企業業績に対する過度の懸念は後退しつつあります。株式市場はようやく落ち着きを取り戻しつつあるようです。

ただ、200社以上の決算発表は11/14(水)まで続き、個別銘柄ごとに明暗が分かれる状況は今後も続くとみられます。今回の決算発表では、事前の市場予想を下回ったり、業績見通しを引き下げたりする銘柄が少なくなく、決算発表後に株価が急落するケースも多くなっています。米中貿易摩擦問題解決への期待もあり、11/2(金)の東京株式市場では日経平均株価が急騰しましたが、個別銘柄レベルではまだまだ予断は許されないと考えられます。

表1は主要企業の決算発表予定日です。個別銘柄の売買ポジションを持つ場合は、決算発表予定日をチェックした上で臨んだ方がよいと考えられます。

表1:主要企業の決算発表予定

発表予定日 コード 銘柄名
11/5(月) 9984 ソフトバンクグループ
7270 SUBARU
11/6(火) 7203 トヨタ自動車
9432 日本電信電話
6367 ダイキン工業
11/7(水) 5020 JXTGホールディングス
8802 三菱地所
4901 富士フイルムホールディングス
6273 SMC
11/8(木) 7201 日産自動車
4543 テルモ
1925 大和ハウス工業
9735 セコム
11/9(金) 8801 三井不動産
11/13(火) 6098 リクルートホールディングス
11/14(水) 6178 日本郵政
  • ※Bloomberg、報道等をもとにSBI証券が作成
2

決算発表を終え、市場で再評価が期待される主力銘柄はコチラ!?

上述したように、今回の決算発表では、事前の市場予想を下回ったり、業績見通しを引き下げたりする銘柄も少なくなく、決算発表後に株価が急落するケースも多くなっています。このため、決算発表予定日をチェックし、売買ポジションを調整することが重要となります。

しかし、決済発表自体への警戒感が強まるだけに、逆に決算発表以降は安心感が強まる銘柄も増えるとみられます。そこで、今回の「日本株投資戦略」では11/1(木)までに決算発表を終えた銘柄を分析対象とし、好決算銘柄の抽出を試みました。スクリーニング条件は以下の7点です。

(1)東証1部上場銘柄であること
(2)3月決算銘柄であること
(3)時価総額1,000億円以上の銘柄であること
(4)11/1(木)までに決算発表を終了した銘柄であること
(5)上期(2018年4〜9月期)の営業利益が、事前の市場コンセンサスを上回っていること
(6)上期(2018年4〜9月期)の営業増益率(前年同期比)が通期(2019年3月期)会社予想増益率を上回っていること
(7)決算発表と同時に通期会社予想を上方修正していないこと

上記の全条件を満たした銘柄を、(5)で計算した上期営業増益率について、市場コンセンサスを何%上回ったのか計算し、その数字が大きい順に並べたものが表2となります。これらの銘柄は今後、株式市場で再評価の対象になる場面もあると「日本株投資戦略」では予想しています。

表2:決算発表が佳境となり、投資家として注意すべきことは?

取引 チャート ポートフォリオ コード 銘柄名 株価
(11/2)
2018年4〜9月期
営業利益
2019年3月
会社予想
営業増益率
前年同期比 市場予想比
現買信買 チャート 追加 7013 IHI 4,230 30.6% 65.4% 17.6%
現買信買 チャート 追加 4044 セントラル硝子 2,725 74.9% 36.9% 32.5%
現買信買 チャート 追加 2220 亀田製菓 5,390 32.0% 32.5% 29.8%
現買信買 チャート 追加 7518 ネットワンシステムズ 2,563 113.6% 22.5% 45.6%
現買信買 チャート 追加 7105 三菱ロジスネクスト 1,270 56.4% 21.9% 34.7%
現買信買 チャート 追加 6816 アルパイン 1,915 101.4% 17.3% -5.4%
現買信買 チャート 追加 9936 王将フードサービス 7,190 50.0% 14.0% 4.1%
現買信買 チャート 追加 2317 システナ 1,442 49.2% 9.3% 16.3%
現買信買 チャート 追加 6135 牧野フライス製作所 4,895 188.0% 9.3% 17.2%
現買信買 チャート 追加 4917 マンダム 3,095 7.4% 6.8% 1.7%
  • ※Bloombergおよび会社公表データを用いてSBI証券が作成。市場予想は4〜6月期実績と7〜9月期事前予想値(市場コンセンサス)を合計した数字。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

IPO共同主幹事決定!

ソフトバンク株式会社(9434)
ソフトバンクグループの日本における中心的な事業会社

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.