SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-12-15 20:16:40

マーケット > レポート > 出世株を探せ!新興株ウィークリー >  リバウンド狙い、好業績の新興株はコレ?

リバウンド狙い、好業績の新興株はコレ?

2018/7/4
投資情報部 長谷川 稔

サッカーW杯では、日本代表がベスト8進出を逃しましたが、強豪ベルギーを相手に大健闘の試合内容でした。世界中に侍ブルーの存在感を示してくれ、代表チームに対し誇りを持てた2週間だったのではないでしょうか。個人的には世界の一流プレイヤーがシミュレーションでファウルをとろうとする姿が散見されたのが残念です。大会はこれからも続き、決勝戦は7/15(日)の24:00から行われます。どういう組み合わせになるか楽しみですね。

先週はボーナスシーズンにちなんで、初心者の方でも手がけやすいと思われる、最低投資単位10万円以下でも株式投資ができる銘柄をスクリーニングでピックアップしてみました。今週は東証マザーズ市場に限定して、最近の株価は大きく下落しているものの、業績が好調そうな銘柄を今後のリバウンド候補銘柄としてピックアップしてみました。

米中貿易摩擦を懸念して、株価は重苦しい展開となっていますが、ひとつの投資アイディアとして、ご参考にしていただければと思います。

信用取引口座開設

図1:東証マザーズ指数(日足)

図2:JASDAQ平均(日足)

  • ※図1・図2ともに当社チャートツールを用いてSBI証券が作成

表1:主要株式指標の騰落率(6/26〜7/3)

指数

終値(7/3)

騰落率

日経平均株価

21785.54

-2.5%

東証マザーズ指数

1,044.29

-2.7%

JASDAQ平均株価

3,793.89

-1.8%

  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

表2:主要新興市場銘柄の騰落率(6/26〜7/3)

コード

銘柄

終値(7/3)

騰落率

マザーズ市場の時価総額上位銘柄

 

4385

メルカリ

4,440

-2.3%

2121

ミクシィ

2,746

-0.3%

7779

CYBERDYNE

1,320

-0.7%

3993

PKSHA Technology

13,620

4.5%

7172

ジャパンインベストメントアドバイザー

4,935

-8.4%

JASDAQ市場の時価総額上位銘柄

 

2702

日本マクドナルドホールディングス

5,480

-3.7%

6324

ハーモニック・ドライブ・システムズ

4,845

9.4%

6425

ユニバーサルエンターテインメント

4,840

-0.4%

2782

セリア

4,870

-10.5%

4849

エン・ジャパン

5,240

-5.2%

直近上場銘柄・市場で話題の銘柄

 

4382

HEROZ

20,050

19.8%

9270

SOU

5,950

1.9%

6185

ソネット・メディア・ネットワークス

4,555

-7.6%

4384

ラクスル

2,555

1.7%

4381

ビープラッツ

9,140

-14.0%

  • ※表1・表2はBloombergデータをもとにSBI証券が作成。騰落率は7/3(火)終値と6/26(火)終値の比較による

1好業績ながら株価下落率が大きい新興市場銘柄はコレ!?

それでは早速スクリーニングにより、銘柄を抽出してみたいと思います。今回の条件は、下記の5項目です。

(1)東証マザーズの上場銘柄であること
(2)今年の年初来高値から株価が40%以上下落していること
(3)今期の会社側経常利益予想が30%以上の増益であること
(4)前期実績の税引後利益が黒字であること
(5)時価総額が50億円以上であること

上記の全条件を満たす7銘柄を株価下落率が大きい順に並べたものが表3となります。

この7銘柄はいずれもユニークなビジネスモデルや独自の技術開発力を持つ、ニッチ企業が殆どとなりました。また、上場後間もない企業も多いのが特徴です。最近の新規公開企業に多い、いわゆる「初値天井」のケースです。ただし、今後の業績が成長を遂げれば、バリュエーションの面で割安感が強くなり、株価も回復する可能性があるのではないでしょうか。

表3:好業績ながら株価下落率が大きい新興市場銘柄はコレ!?

取引 チャート ポート
フォリオ
コード 銘柄名 株価(7/3)(円) 経常増益率(%) 年初来高値からの株価下落率(%) 時価総額(億円)
現買信買 チャート 追加 3652 ディジタルメディアプロフェッショナル 5,340 51.5 69.4 150
現買信買 チャート 追加 3446 ジェイテックコーポレーション 5,200 109.6 61.5 300
現買信買 チャート 追加 4380 Mマート 3,060 49.6 56.1 75
現買信買 チャート 追加 6618 大泉製作所 653 31.5 53.3 54
現買信買 チャート 追加 6567 SERIOホールディングス 2,127 60.5 50.4 67
現買信買 チャート 追加 6573 アジャイルメディア・ネットワーク 8,580 68.7 49.1 58
現買信買 チャート 追加 3967 エルテス 1,830 40.9 42.6 94
  • ※当社スクリーニングシステムをもとにSBI証券が作成。経常増益率は今期の会社予想を採用。

2スクリーニング銘柄の投資ポイント?

ここでは、表3の銘柄について、それぞれの投資ポイントをご紹介します。

ディジタルメディアプロフェッショナル(3652)は、研究開発型のファブレス半導体企業です。NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)から人工知能アルゴリズムにより、省電力AIエンジンの処理効率を従来比で10倍以上にする技術開発研究を受託するなど、高い技術力を有しています。
組込みシステムのビジュアル・コンピューティング分野を事業の中核とし、独自開発した2D/3Dグラフィックス技術のハードウェアIP(論理設計データ等)やソフトウェアIP (ハードウェアを制御するドライバーやコンテンツ制作を支援するツール類) のライセンス、及びこれらIPを搭載したグラフィックスLSIの開発・販売を主な事業としています。今期の業績は新型の画像処理用LSIの販売増加が寄与し、会社側では大幅な増益を想定しています。

ジェイテックコーポレーション(3446)は、1993年に社長の津村氏が産学連携のベンチャー企業として創業し、2018年2月に上場した会社です。収益の主力は、放射光施設や自由電子レーザー施設等で使用されるX線ナノ集光ミラー等の製造です。放射光施設は古くからありましたが、2005年頃に理研と大阪大学の共同研究により、ミラーを使って放射光を効率よく集中させるブレークスルー技術が普及しました。同社の特徴はミラーの表面をナノレベルの精密度で仕上げることができる製造工程(世界で同社のみが有する化学処理技術)にあります。このため、世界の最先端の放射光施設では殆どが同社の製品(ブランド名は「OsakaMirror」)を採用しています。
この他には、自動細胞培養装置が注目されます。研究用途だけではなく、今後はIPS細胞など治療用の用途での需要拡大が期待されるためです。この分野では同社が60%のシェアを持ちトップです。自社開発した浮遊培養制御と呼ばれる方式が細胞を傷つけにくく、生産性が高いのが特徴です。

Mマート(4380)は、飲食、宿泊、中食業界をターゲットにBtoBのインターネットマーケットプレイス事業を展開しており、2018年2月に上場しています。業務用食品を取り扱う「Mマート」、食器や厨房機器など食品以外を扱う「Bnet」があります。出店企業が定額の出店料を支払うことでマーケットに商品を掲載する仕組みです。「Mマート」では出来高に応じたマーケット利用料も徴収しています。
また、食品アウトレットの「卸・即売市場他」、「Bnet」のアウトレットである「ソクハン」も展開しており、こちらは出品企業が商品に応じたシステム利用料を支払うビジネスモデルになっています。利用する企業の在庫処分に利用されることが多いようです。
配送費の上昇がマイナス要因となっていますが、新規出店の増加により増益基調が続きそうです。

大泉製作所(6618)は、1944年に航空機の電気接点メーカーとして設立された長い歴史を持つ会社です。現在はサーミスタを利用した温度センサーの製造が主力事業です。自動車やエアコン向けなどが主な用途で、自動車ではデンソー(6902)向けが主体です。マザーズ市場には2012年に上場しています。製造は国内の他、中国やタイ等にも拠点を持っています。
2018年度の業績は、引き続き自動車向けの温度センサーが好調な見通しで、空調向け不採算品の整理から売上高は伸び悩みますが、利益面では合理化効果から会社側は好調な見通しを立てており、上場来初めて1株当たり8円の配当を実施する計画です。

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)は、2018年3月に上場した、インターネットを利用した広告配信代理、情報提供サービスなどを行う会社です。同社の特徴は「アンバサダープログラム」と呼ばれるサービスです。これは、クライアント企業の商品や製品・サービスのファンを対象に「ファンの“好き”を加速する」ことで、クチコミ(利用体験の発信・購入の推奨)の活性化や購買の促進を支援する様々なサービスを提供しております。
SNSの普及により、企業の口コミに対する注目度が高まっており、契約企業数の増加が業績面で追い風となっています。2018年12月期について、会社側では34.9%増収、90.2%営業増益を想定しています。

SERIOホールディングス(6567)は、2005年に大阪地区で既婚女性のパートタイマー型勤務に絞りこんだ人材派遣業として創業し、2018年3月にマザーズに上場しています。社長の若濱氏はパナソニックやアクティス(ソフトウェア開発)での勤務経験を持っています。現在の同社の売上高構成比は、女性のパートタイマー人材派遣就労支援事業が48%(以下いずれも2017年5月期)、自治体や私立学校から受託する放課後事業が37%、保育園の運営が15%となっています。いわゆる子育て支援事業の売上高が52%を占めています。
主力3事業とも社会的要請や国策に沿ったものである上、消費者のニーズも高いのが特徴です。上場による資金調達力や知名度上昇なども成長に寄与しそうです。

エルテス(3967)は、社長の菅原氏が東京大学在学中に、企業のインターネット上のブランディング支援を目的として創業した会社です。2013年にはSNS上の炎上対策およびコンサルタント業務を主とするソーシャルリスクマネジメント・クラウドサービスを開始し、2016年11月に株式上場しています。同社の強みは、投稿等を監視するだけではなく、ビッグデータの解析により早期にリスクを検知し、炎上の解決までのコンサル業務ができること。クライアントには著名なBtoCの大企業が多いです。
新規事業としてイベント等のリスク情報分析および危機管理対応支援が注目されます。具体的にはコンサート、スポーツイベント、国際会議のテロ対策などが対象です。過去には伊勢志摩サミットや東京ガールズコレクションなどの受注実績があります。東京オリンピックでの受注獲得を目標に同分野でのエキスパートをスカウトしています。
新しい材料としては、本人認証技術が面白そうです。政府はマイナンバーの普及に注力していますが、同社では個人認証分野で先端を行っているエストニア(国民IDカードの普及率が世界最高)のCYBERNETICA社の技術を採用したアプリケーションの開発を開始しています。

3今後の新規上場予定、決算発表予定は?

表4:当面の新規上場予定銘柄

上場日

コード

社名

市場

会社概要

7/4

4391

ロジザード(株)

マザーズ

在庫管理システムのクラウドサービスによる提供

7/5

1446

(株)キャンディル

マザーズ

住宅や商業施設などの内装・補修作業、住宅の維持管理サービス

7/10

7806

(株)MTG

マザーズ

美容機器、健康機器、化粧品などの企画開発および製造販売

7/23

7033

(株)マネジメントソリューションズ

マザーズ

マネジメントコンサルティング、プロジェクトマネジメントの実行支援

7/24

4393

(株)バンク・オブ・イノベーション

マザーズ

スマートフォンゲームアプリの開発・運営

7/25

3491

(株)GA technologies

マザーズ

中古不動産流通プラットフォーム『リノシー』の開発・運営

7/26

4394

(株)エクスモーション

マザーズ

システムおよびソフトウェアに対するテクニカルコンサルティング

7/26

4395

(株)アクリート

マザーズ

個人認証、マーケティングなどを目的とした個人向けSMS配信サービス事業

7/27

7034

(株)プロレド・パートナーズ

マザーズ

成果報酬型の経営コンサルティングの提供

8/2

5699

(株)イボキン

JASDAQ-S

解体作業、金属の総合リサイクル事業

8/2

4396

(株)システムサポート

マザーズ

システム・ソリューション事業およびアウトソーシング事業

表5:主な新興株の決算発表予定日

発表予定日

コード

社名

市場

決算種別

7/5

3711

創通

JASDAQ-S

8月期3Q決算

7/5

9977

アオキスーパー

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/5

2493

イーサポートリンク

JASDAQ-S

11月期2Q決算

7/5

6312

フロイント産業

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/5

2789

カルラ

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/6

9651

日本プロセス

JASDAQ-S

5月期本決算

7/6

7603

マックハウス

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/6

3063

ジェイグループホールディングス

マザーズ

2月期1Q決算

7/6

3815

メディア工房

マザーズ

8月期3Q決算

7/6

3344

ワンダーコーポレーション

JASDAQ-S

3月期1Q決算

7/6

8931

和田興産

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/6

5900

ダイケン

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/6

3907

シリコンスタジオ

マザーズ

11月期2Q決算

7/6

6159

ミクロン精密

JASDAQ-S

8月期3Q決算

7/6

2408

KG情報

JASDAQ-S

12月期2Q決算

7/9

7713

シグマ光機

JASDAQ-S

5月期本決算

7/9

2927

AFC−HDアムスライフサイエンス

JASDAQ-S

8月期3Q決算

7/9

3236

プロパスト

JASDAQ-S

5月期本決算

7/9

2303

ドーン

JASDAQ-S

5月期本決算

7/9

1401

エムビーエス

マザーズ

5月期本決算

7/10

2341

アルバイトタイムス

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/10

3189

ANAP

JASDAQ-S

8月期3Q決算

7/10

4920

日本色材工業研究所

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/10

3490

アズ企画設計

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/11

2294

柿安本店

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/11

1418

インターライフホールディングス

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/11

3080

ジェーソン

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/11

6552

GameWith

マザーズ

5月期本決算

7/11

3550

スタジオアタオ

マザーズ

2月期1Q決算

7/11

8886

ウッドフレンズ

JASDAQ-S

5月期本決算

7/11

9903

カンセキ

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/11

9778

JASDAQ-S

2月期1Q決算

7/11

6255

エヌ・ピー・シー

マザーズ

8月期3Q決算

7/11

7501

ティムコ

JASDAQ-S

11月期2Q決算

  • ※表4、表5は各種資料、報道等をもとにSBI証券が作成。なお決算発表予定日は変更される可能性があります。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.