SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-04-26 15:02:20

ホーム > セミナー > 過去に実施した会社説明会

過去に実施した会社説明会

ライブの模様は、各ページの『ご視聴はこちら』から、ご覧いただけます。

タカラレーベン不動産投資法人(証券コード:3492)は、株式会社タカラレーベン、PAGインベストメント・マネジメント株式会社、株式会社共立メンテナンス、株式会社ヤマダ電機の4社をスポンサーとして、2018年7月に上場した総合型J-REITです。今回の説明会では、本投資法人の第2期(2019年2月期)決算のご説明を中心に、本投資法人の特徴や直近の取組み等についてご説明させていただきます。

MCUBS MidCity投資法人(証券コード:3227)は、三菱商事USBリアルティ株式会社をスポンサーとする、上場13年目を迎える三大都市圏中心のオフィスビル重点型リートです。今回の説明会では、資産運用会社の代表取締役社長である松尾桂より、本投資法人の特徴にそって、直近のトピック(格付AA−の取得、大規模資産入替え完了)を交えながら、成長戦略についてご説明させていただきます。

「お客様の現場に入り込み、人に働きかけることで戦略の実行にコミットする」をサービスポリシーとし、企業変革・働き方改革・デジタルシフトを支援する、株式会社エル・ティー・エスの代表取締役社長である樺島弘明から当社の経営方針・強みなどを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

経営コンサルティング、M&A(企業や事業の買収・売却)、企業再生の3事業を軸に、業容を拡大し、2018年9月28日に東証マザーズ市場に上場したフロンティア・マネジメント株式会社の共同創業者であり、代表取締役の松岡真宏から当社の優位性、成長可能性の詳細な内容に加え、今後の経営戦略などについて、説明をさせていただきます。

「カーライフのトータルサポートを推進する」企業グループとして、業界内では銀行系とは異なる「独立系」というユニークなポジションで国内・海外へ幅広いビジネス展開をおこなっております。
創業11年にして東証一部に上場した当社の経営方針、強み、事業概要、成長戦略について、代表取締役社長である柴田洋一がご説明させて頂きます。

株式会社リクルートホールディングス【証券コード:6098(東証1部)】は、3月19日(火)19:00より「個人投資家向け オンライン会社説明会」を開催いたします。
(主催:株式会社リクルートホールディングス)

「投資主利益第一主義」を基本理念とするスターアジア不動産投資法人の資産運用会社であるスターアジア投資顧問株式会社 取締役財務管理部長 杉原亨より、J-REITへの投資全般に対する考え方や不動産マーケットの状況を交えつつ、2019年1月期の決算及び今後の取組み、成長戦略についてご説明申し上げます。

VALUENEX株式会社は、3月15日(金)に個人投資家向け オンライン会社説明会を開催いたします。【証券コード:4422(東証マザーズ)】
今回の会社説明会では、代表取締役社長CEOである中村達生から当社の経営方針・強みなどを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

株式会社ビーロットは、3月6日(水)に個人投資家向け オンライン会社説明会
会を開催いたします。【証券コード:3452(東証1部)】
今回の会社説明会では2018年12月期の業績のご報告と共に、次期以降の成長戦略を中心に代表取締役の宮内誠よりご説明させていただきます。

「カーライフのトータルサポートを推進する」企業グループとして、業界内では銀行系とは異なる「独立系」というユニークなポジションで国内・海外へ幅広いビジネス展開をおこなっております。
創業11年にして東証一部に上場した当社の経営方針、強み、事業概要、成長戦略について、代表取締役社長である柴田洋一がご説明させて頂きます。

日本の物流産業における基幹インフラであり、最新鋭の設備、広大な床面積、優れたロケーションに恵まれたAクラスの先進的物流施設に特化して投資・運用を行う日本プロロジスリート投資法人の直近の決算内容や物流不動産マーケットの動向などについて、資産運用会社の代表取締役社長坂下雅弘よりご説明させていただきます。

当社グループは2017年6月に始動し2018年6月に強化した新経営体制のもと、高い成長の実現による株主価値の最大化を目指し、主にサイバーセキュリティ分野やマーケティング分野における先行投資に対して経営資源の集中投下を行なっております。今回の会社説明会では、株式会社バルクホールディングスの代表取締役社長である石原紀彦から、直近の業績のご報告とともに当社のビジネスの概要、事業戦略等についてご説明申し上げます。

当社は「世界中の無駄を10%削減する」をビジョンに掲げ、小売業・卸売業・製造業の流通三層の在庫を最適化するためのソフトウェアパッケージ群「sinops(シノプス)シリーズ」を展開しております。日配品に優位性がある需要予測型自動発注システム「sinops-R6」を中心に、流通業の人手不足の解消や、食品ロス削減に貢献するサービスを展開しております。
今回の会社説明会では、代表取締役の南谷洋志より、2018年12月期業績の内容も交えながら、当社の経営方針や強みなどを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

東京23区駅近で高入居率の資産運用型マンション「XEBEC(ジーベック)」の企画・開発を主軸に、海外展開やストック型ビジネスの拡大を図るデュアルタップの事業と今後の方針をご説明いたします。

当社はファンと企業/ブランドの会話やコミュニケーションを支援することをコンセプトに2007年に設立されました。単なる受け身のファンではなく、積極的に企業の関わり応援してくれるファンを「アンバサダー®」と定義し、企業や製品のマーケティング活動をファンと共に推進する「アンバサダープログラム®」を推進しています。

コンタクトレンズ市場において新たな流通チャネルを構築し、今日まで事業を発展させている株式会社シンシアの代表取締役執行役員社長である中村研から2018年12月期の決算内容及び今後の事業戦略についてのご説明をさせていただきます。

AI 、音声インターネット 、モビリティ 、IoTビッグデータ 、クラウド 、セキュリティなどの各種アルゴリズム群のライブラリ及び基盤テクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成の研修を「NEW-ITトランスフォーメーション事業」として展開する株式会社チェンジの代表取締役兼執行役員社長である、福留大士から2019 年9月期第1四半期決算概要と今後の取り組み等につきましてご説明させていただきます。

三菱地所物流リート投資法人(証券コード:3481)は、日本最大級の総合デベロッパーである三菱地所をスポンサーとし、物流施設を主な投資対象とするリートです。三菱地所グループの総合力及び2001年の設立以来豊富な不動産ファンドの運用実績を有する不動産アセットマネージャーである三菱地所投資顧問の両社の強みをハイブリッド活用し、投資主価値の最大化を目指します。今回の説明会では、資産運用会社の常務取締役である坂川正樹より本投資法人の特徴や運用戦略、や物流市場を取り巻く環境についてご説明させていただきます。

IT資産のライフサイクルマネジメント(LCM)サービスで、法人のIT戦略と情報システム部門の支援を独自の戦略で行っている株式会社パシフィックネットの代表取締役社長である上田満弘から、経営方針・市場環境・当社の強み・中長期経営計画・株主還元などを中心に今後の成長戦略をご説明させていただきます。

プロフェッショナルから一般生活者の方々まで、多くの皆さまの住生活にかかわる商品を取り扱う住まいと暮らしの専門店としての「ホームセンター」の実現を目指し続ける株式会社LIXILビバのIR広報室長 田中浩幸から経営方針・強み・株主還元などを中心に今後の成長戦略についてご説明させていただきます。

株式会社リソー教育(証券コード:4714)は、1月31日(木)19:00より『個人投資家向けオンライン会社説明会』を開催します。(主催:株式会社リソー教育)
当社は、進学個別指導塾TOMASを1都3県にて直営方式で運営しております。
名門会、伸芽会、プラスワン教育、スクールTOMAS、インターTOMAS、TOMAS企画の6つの子会社とともに、グループスケールメリットを生かし事業を展開しています。
今回は、株式会社リソー教育 代表取締役社長 天坊 真彦、専務の平野 滋紀より、グループの特徴や、2018年11月期の決算概要と今後の成長戦略についてご説明します。

2016年のマザーズ上場以来、業態を拡大し、会社として成長フェーズに入っているリネットジャパングループ株式会社の代表取締役社長 黒田 武志より、カンボジア事業や小型家電リサイクル事業を中心に、当社の強みと今後の成長戦略についてご説明申し上げます。

インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(証券コード:3298)は、世界有数の独立系資産運用会社であるインベスコ・グループに属する資産運用会社が運用を受託するオフィスビル重点投資型の投資法人です。今回の説明会では、インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人の執行役員 峯村 悠吾より、本投資法人の特徴、2018年10月期の決算概要・運用実績、今後の成長戦略について説明をさせていただきます。

当社は「技術参謀」として、組込みシステム開発の品質改善に取り組まれるお客さまを現場から支援し、成功に導くためのコンサルティングファームです。十分な実績と多くの知見をもったコンサルタントがもたらす「高品質なソフトウェア」により、効率的な組込みシステムを作り出し、最終的に、顧客企業の開発する製品の競争力向上へとつなげます。
今回の会社説明会では、代表取締役社長渡辺博之から当社の経営方針・強み・株主還元などを中心に新たな技術動向を踏まえた成長戦略について説明させていただきます。

株式会社西松屋チェーンは1/16(水)20:00より『個人投資家向けオンライン会社説明会』を開催します。(主催:株式会社西松屋チェーン)
今回の説明会では、当社IR部長の宇田統英が、事業内容、直近の業績と今後の成長戦略に加え、個人投資家にご好評の株主優待制度について詳しくご説明いたします。

総合保証サービス会社として、家賃債務保証を初め、病院における医療費用保証、介護施設における介護費用保証などの保証事業および保証から派生したソリューション事業を展開する株式会社イントラストの代表取締役社長桑原豊より弊社の中期経営計画遂行の鍵となる成長戦略についてご説明させていただきます。

当社は、「ゲームをより楽しめる世界を創る」という企業理念のもと、ゲームユーザーとゲーム会社の間に立ったメディア事業を展開しております。今回の会社説明会では、今泉卓也(代表取締役社長)及び相馬知明(執行役員CFO兼経営戦略室長)から第2四半期までに公表している海外展開・新規事業のトピック、第2四半期決算概要についてご説明致します。

日本リテールファンド投資法人は、都市型商業施設を中心に投資・運用する、商業施設に特化したJ-REITです。今回の説明会では、資産運用会社の代表取締役副社長である吉本隆信より、本投資法人の特徴、Eコマースなどの商業施設を取り巻く環境、今後の戦略についてご説明させていただきます。

オリックス不動産投資法人は、2002年に日本で4番目に上場した、日本で初の「総合型リート」です。今では運用資産約6,700億円と業界6位の資産規模を誇っています(直近決算発表日 2018年10月17日時点)。今回の会社説明会では、運用会社のオリックス・アセットマネジメント株式会社の代表取締役社長である亀本由高より、オリックス不動産投資法人の強み・直近の実績・今後の運用方針などについてご説明させていただきます。

GLP投資法人は、国内最大の賃貸用物流施設運営事業者であるGLPグループをスポンサーとする物流施設特化型J-REITです。スポンサーの豊富な運用ノウハウと経営資源を活用し、大規模かつ機能的な設計を備えた「先進的物流施設」を主たる投資対象として、上場以来、着実に運用資産を拡大しており、2018年9月末日時点で、J-REIT全61銘柄中8位、物流REIT最大級の資産規模を誇ります。説明会では、資産運用会社の代表取締役社長 辰巳洋治より、GLP投資法人の2018年8月期決算の内容のほか、本投資法人の特長や運用戦略等について、ご説明させていただきます。

MCUBS MidCity投資法人は、上場13年目を迎える三大都市圏中心のオフィス重点型リートです。スポンサーである三菱商事UBSリアルティ株式会社と関電不動産開発株式会社のネットワークやノウハウを活用した外部成長・内部成長・財務戦略を実践し、直近約三年でオフィス系Jリートの中でもトップクラスの分配金成長を実現しています。本説明会では、本投資法人の特徴や直近の取組み等について、資産運用会社の代表取締役社長である渡邉豊太よりご説明いたします。

視聴環境

新しいウィンドウで開きます。視聴環境についてはこちらをご確認下さい。(QUMUのウェブサイトへ)

ご注意事項

  • インターネットの混雑状況、また、お客さまのパソコンの状況等によってご覧いただけない場合がございます。ご理解の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。
  • 内容、配信時間、録画配信時間等は予告なく変更させていただく場合がございますので予めご了承ください。
  • セミナー終了時間は目安となっておりますので、多少前後する場合がございます。
  • セミナーは、システム状況、またはその他の事情により開催を中止、または中断させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 本情報は、証券投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、SBI証券は、掲載のIR情報等についてその正確性を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についてもSBI証券および情報提供者は一切の責任を負いません。また、掲載されている情報は、有価証券の売買その他取引等を誘引する、又は投資勧誘、個別銘柄の推奨等を目的としたものではありません。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • 成績表

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.