SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-12-10 13:05:32

【特集】連続対談 「榮が聞く!How to 海外ETF」

「榮が聞く!How to 海外ETF」4連続対談A ウィズダムツリー・ジャパン株式会社 渡邊 雅史氏
  • iShares byBLACKRock
  • ウィズダムツリー・ジャパン株式会社
  • ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
  • バンガード

スマート・ベータETFのパイオニア ウィズダムツリーのETFで新たな投資戦略を!

ETFを使って「何に投資するか(What)」という時代から、「どうやって投資するか(How)」を実現できる時代。
ウィズダムツリーは、時価総額ではなく配当額や利益額などで加重するなど、様々な「投資戦略」を実現できるETFを提供しています。
投資戦略をインデックス化するとは?米国の投資家に浸透してきた為替と株の収益を分ける考え方とは?
ETFで資産運用されている方はモチロン!日本株や投資信託を既にお持ちの投資家さまもぜひご覧ください。


ウィズダムツリーでは、ファンド運用方針(ポリシー)はどのような点を重視されていますか?

渡邊ウィズダムツリーは、ETFに特化した運用会社として唯一の上場企業(NASDAQ)です。
ETF運用資産は米国5位(グローバル7位・2015/12末現在、524億ドル)で、株式、債券、コモディティ、通貨、オルタナティブ運用のETFを米国と欧州で展開しています。
当社の商品は、一般的な時価総額加重型のインデックスをベンチマークとしたETFではなく、リサーチ部門により独自のインデックスを開発する、スマート・ベータ型のETFです。「投資戦略」をインデックス化してETFを提供することを主軸にしています。

時価総額加重のインデックス

WisdomTreeのインデックス

株価や時価総額のみでウェイトを決定

ルールに基づいた独自の加重手法を用いる

割高な銘柄をオーバーウェイトし、割安な銘柄をアンダーウェイトするメカニズム

市場価格ではなくファンダメンタルズに基づきウェイトを決定

株価が上昇した場合、その銘柄のウェイトを引き上げ、株価が下落した場合、ウェイトを引き下げる

配当や企業業績などのファンドメンタルズをリスクリターンに反映させる仕組み

時価総額に基づき、定期的なリバランスを行う

一定の相対価値へ回帰するために、年次でリバランスを実施


投資戦略をインデックス化するとは具体的にはどういうことでしょうか?

渡邊 配当額や、利益額などで銘柄のウェイトを決定するという考え方です。
通常のインデックス投資は、時価総額加重による指数をターゲットにしているため、時価総額の大きい銘柄(=株価が高く割高な可能性の銘柄)の構成比率が大きくなり、時価総額が小さい銘柄(=株価が安く割安な可能性の銘柄)の構成比率は小さくなります。株価が相場状況により変動し、その本来の価値から乖離した場合、割高株を高い比率で保有してしまい、割安株を低い比率で保有してしまいます。

ウィズダムツリーのインデックスは、配当額や、利益額などの要素でインデックスを構築するため、時価総額加重による欠点が解消されると考えられます。

当社人気ランキング(残高上位)から支持された要因は何だと思いますか?

当社ウィズダムツリーETF人気ランキング(残高上位) 2016/1末現在

ティッカー

名称・連動指数

経費率

1

EPI

ウィズダムツリー インド アーニングス ファンド

0.83%

2

DEM

ウィズダムツリー エマージング マーケッツ ハイ ディビデンド ファンド

0.63%

3

HEDJ

ウィズダムツリー ヨーロッパ ヘッジド エクイティ ファンド

0.58%

4

DXJ

ウィズダムツリー ジャパン ヘッジド エクイティ ファンド

0.48%

5

DEW

ウィズダムツリー グローバル ハイ ディビデンド ファンド

0.58%

6

DFJ

ウィズダムツリー ジャパン スモールキャップ ディビデンド ファンド

0.58%

7

DXJH

ウィズダムツリー ジャパン ヘッジド ヘルスケア ファンド

0.43%

8

DHS

ウィズダムツリー ハイ ディビデンド ファンド

0.38%

9

GULF

ウィズダムツリー ミドルイースト ディビデンド ファンド

0.88%

10

DFE

ウィズダムツリー ヨーロッパ スモールキャップ ディビデンド ファンド

0.58%

渡邊 そうですね。ウィズダムツリー インド アーニングス ファンド(第1位)ウィズダムツリー エマージング マーケッツ ハイ ディビデンド ファンド(第2位)というところを見ると、投資のしづらいインドや新興国に対してのスマート・ベータのツールとしてご利用いただいているという印象です。

ウィズダムツリー インド アーニングス ファンド(第1位)は、当社で2015/8頃にインドの魅力をお客さまに伝えるキャンペーンを行いご紹介させていただきました。

渡邊 ありがとうございます。成長国のようなインドでは利益を配当よりも「投資」に回す傾向にあると考えられますので、企業利益に注目することが重要だと思います。このETFは利益額でウェイト付けをするインデックスで、米国のインドに投資するETFの中では純資産も大きく、出来高も最もあるファンドですね。(2015/12末現在)


当社のお客さまの中では、サテライト資産として保有されている方が多かったという印象です。御社のETFには(ハイ)ディビデンド=(高)配当と名を冠するETFが多いですね。ウィズダムツリー エマージング マーケッツ ハイ ディビデンド ファンド(第2位)等であれば、インカム重視の戦略もできますね。

渡邊 価格が下がっていることもあるのですが、2015/12末時点で、配当利回りが約5.2%もあります。低金利下においては、インカムを求める個人投資家も多いのではと思います。また長期的なドル高を見通すのであれば、国内はマイナス金利ですので、国内不動産やREITへの投資も選択肢です。御社のウィズダムツリーETF人気ランキング(残高上位・2016/1末現在)TOP10には入っていないのですが、ウィズダムツリー ジャパン ヘッジド リアルエステート ファンドも選択肢としてはあるのではないでしょうか。ドルから見て円をショートしますので、円安メリットの享受も狙えます。

その他では、ヨーロッパに投資するETF等、日本の個人投資家も重宝するものが揃っていますね。

渡邊 そうですね。非常に意外だったのが、ウィズダムツリー ヨーロッパ ヘッジド エクイティ ファンド(第3位)ウィズダムツリー ジャパン ヘッジド エクイティ ファンド(第4位)のような「為替ヘッジ」に着目した商品を日本の個人投資家の方がご利用されている点ですね。
米国利上げ観測によるドル高基調の中で、米国の投資家が外国株式(ヨーロッパ、日本等)を外貨で買っても、ドル高/外貨安により「為替」評価損で相殺されますので、為替ヘッジしてエクスポージャをとりたいというニーズに対応した商品です。為替のボラティリティが大きいので、為替と株の収益を分ける考え方が直近2、3年で米国の個人投資家にも浸透しつつあります。

米国で御社を非常に有名にした商品ですよね。

渡邊 そうなんです。「ウィズダムツリー=為替ヘッジの会社」とよくいわれますが、配当額や、利益額などで加重することを含めて様々な「投資戦略」をインデックス化したETFを提供するのがコンセプトで、そのひとつとして「為替ヘッジ」する商品があるんです。

米国でも御社のようなETFは好まれているのではないでしょうか?

渡邊 2015年のETFの資金フローをみると、ウィズダムツリー ヨーロッパ ヘッジド エクイティ ファンド(第3位)に非常に多くの資金流入がありました(米国ETFで1番)。アベノミクスが注目された2013年は、ウィズダムツリー ジャパン ヘッジド エクイティ ファンド(第4位)が注目されました。特に昨年は米国の利上げにフォーカスが当たった年でしたので、為替の影響に敏感な米国の個人投資家に注目される銘柄となりました。自国の株、債券でポートフォリオを組んでいた米国の個人投資家は、緩和している欧州株や日本株が自国の株式より、顕著に上昇しているので、為替ヘッジしながら外国株式投資という投資行動が浸透しはじめたのではないかと思います。

今後の相場環境の見通しはいかがでしょうか?

渡邊 2015年は米国の「利上げ」がテーマでした。とはいえグローバルな低金利が続く可能性があります。3年前まで戻ると米国もゼロ金利で、「インカムをどうやってとるのか?」というテーマがありました。もう一度そのテーマ、すなわち「高配当」に注目が戻ってくるのではないかと思います。米国の高配当銘柄であれば、ウィズダムツリー ハイ ディビデンド ファンド(第8位)ウィズダムツリー グローバル ハイ ディビデンド ファンド(第5位)、そして新興国であれば、ウィズダムツリー エマージング マーケッツ ハイ ディビデンド ファンド(第2位)が、再注目されるのではないでしょうか。

また、当社CEOのイェスパー・コールは、日本株式は現在「クラッシュテスト」を試されており、今年の企業決算が出そろう5、6月頃の段階で企業業績を織り込んだ上で、再度日本株にフォーカスが集まるのではないか、と見ています。そうなると、円安・株高の両方のメリットを享受できるウィズダムツリー ジャパン ヘッジド エクイティ ファンド(第4位)は面白いと思います。

なるほど。日本株にも見直しが入るのではないか、というストーリーですね。

渡邊 今、手元にストックしているキャッシュを使って株主還元するのではないかと見ています。

そうすると、御社の銘柄で組む個人投資家のオススメポートフォリオはどういったものになるでしょう?

渡邊 例えば、ウィズダムツリー ハイ ディビデンド ファンド(第8位)と、ウィズダムツリー ジャパン ヘッジド エクイティ ファンド(第4位)の組み合わせ等はいかがでしょう。リスクオンであれば、株高と為替で利益を享受するように攻めて、リスクオフであれば、高配当株で守る戦略ですね。

相対チャート(2013/12/31を100とした場合)

今後、日本の投資家にどのような商品をご提供いただけますか?

渡邊 日本でのプロモーションをはじめたばかりですので、日本の投資家に目新しいものをご提供できればと思っています。スマート・ベータを含め様々な「投資戦略」を提供するETFは当社の強みです。既にマネージド・フューチャーズ戦略、ロング・ショート戦略のようなヘッジ・ファンドが行う戦略を独自に指数化して米国でETFとして提供をはじめています。

最後に日本の個人投資家へメッセージをお願いいたします。


渡邊 世界はETFを使って「何に投資するか(What)」という時代から、「どうやって投資するか(How)」を実現する時代になってきていて、ETFがそれに応えられるようになってきたのではないでしょうか。ウィズダムツリーはその点に強みを持っていると思います。
従来は、「米国株を買う」=「S&P500を買う」というのが単純な選択肢でしたが、本当に時価総額加重のインデックスETFに投資するスタイルで良いのか?と、個人投資家も気づきはじめていると思います。とはいえ、個別銘柄を自分で選んでポートフォリオを作成するのは非常に手間がかかります。そういった中で、「投資戦略を提供するETF」=「スマート・ベータのETF」が注目されているのかなと考えます。

また、新しいウィンドウで開きます。ウィズダムツリーのWEBサイトを開設いたしましたので、ぜひご覧ください。まだまだコンテンツ数は少ないのですが、随時拡充して参ります。当社のイェスパー・コールCEOのブログ等掲載しておりますので、ぜひ相場の見通し等の参考にしてください。

渡邊 雅史(わたなべ まさふみ)

WisdomTree Japan株式会社
ETFストラテジスト

アクセンチュア株式会社にて金融機関向けコンサルティング業務に携わった後、バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現ブラックロック・ジャパン)にて、ポートフォリオマネジャー、ストラテジスト、及びETF部門専任のストラテジストを歴任。金融ベンチャー企業に参画した後、2016年よりWisdomTree JapanのETFストラテジスト。ETF市場の分析、ETFを用いた運用戦略の立案・提案業務などに携わる。
慶應義塾大学総合政策学部卒、早稲田大学大学院ファイナンス修士(MBA)。
著書に『計量アクティブ運用のすべて』(金融財政事情研究会)(共著)

榮 聡 (さかえ さとし)

SBI証券投資調査部
(日本証券アナリスト協会検定会員)

1986年一橋大学商学部卒業、1991年カーネギーメロン大学テッパー・スクール・オブ・ビジネス卒業。大和証券、大和証券投資信託委託、野村證券を経て15年4月よりSBI証券投資調査部に所属。国内外株式のファンド運用、ファンド運用助言、調査業務に長年携わる。欧州株式、アセアン株式について現地での調査経験があり、企業をグローバルな視点から評価できることに強み。

今すぐ外国株式口座開設今すぐお取引!

※外国株式のお取引には、外国株式の口座開設が必要となります。
お取引をご検討されておられる方は、お早目のお手続きをお勧めいたします。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

<手数料等およびリスク情報について>

外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください。

お客様サイトへログイン

外国株式の投資情報

商品・サービスのご案内

  • 2018年冬 現金プレゼントキャンペーン実施中! WealthNavi for SBI証券 最大50,000円現金プレゼント!

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.