SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-26 20:03:12

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “企業業績、金融政策が追い風に!”

“企業業績、金融政策が追い風に!”

2017/07/25
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“企業業績、金融政策が追い風に!”

  • トランプ政権の運営に不透明感が強まる中でも米国株式市場は堅調な展開を維持している。法案成立を目指したオバマケア代替法案の早期採決は頓挫し、モラー特別検察官はロシアゲート疑惑に関する捜査対象を拡大しトランプ大統領やビジネスに関する様々な取引について調べることを明らかにした。7/21には政権の顔でもあるショーン・スパイサー報道官の辞任が発表された。
    さすがに、為替市場でドル売りが優勢となったが、株式市場の下げは小幅に留まっている。本格化している2017/2Q(4-6月)決算が良好であるためだ。
  • 7/21現在、S&P500構成企業のうち97社が決算発表を行い、78.4%にあたる76社が市場予想のEPSを上回った。2016/3Q(7-9月)に6四半期ぶりの増益に転じて以降、四半期毎に増益率が高まり2017/1Q(1-3月)には2014/2Q(4-6月)以来となる2桁増益となった。2017/2Qは前年同期比8.79%増と1Qに比べ増益率は鈍化する見通しだが、7/7時点の同6.31%増の見通しに対して既に大幅に上振れており、今後も更に増益率見通しが高まる可能性がある。セクター別にはエネルギーが同3.3倍と大幅な改善が見込まれ、ハイテクは同20.0%増で、引き続きサブセクターの半導体が同40.4%増、ソフトウェア・サービスが同21.8%増などと大幅な増益が見込まれている。また、金融は同9.9%増、サブセクターの保険が同19.5%増、銀行が同10.1%増の見通しとなっている。
    ただ、足元で米10年国債利回りの低下が続き、金融セクターの株価は冴えない状況。相対的に配当利回りの高い公益事業が買われる展開である。ただ、7/25-26のFOMCではイエレンFRB議長の会見はないが、4.5兆ドルに膨らんだバランスシートの縮小に関して声明文の中に手掛かりが示される可能性がある。市場のメインシナリオである「9月のバランスシート縮小開始、12月に利上げ」との見方が強まれば、金利は底打ちし反転となる可能性もある。このため、金融セクターに資金が流入する展開も想定されよう。また、7/28に発表される4-6月期の米GDP速報値は、好調な設備投資や個人消費を背景に前期比年率2.5%増(1-3月期は同1.4%増)が見込まれている。資本財・サービスや素材など景気関連セクターが見直される可能性もあると見ている。(庵原)
  • 7/25号ではアルコア(AA)ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)ロッキード・マーチン(LMT)モルガン・スタンレー(MS)ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(7/21現在)

主要企業の決算発表予定

7月25日(火)マクドナルド、キャタピラー、GM、TI、AT&T、デュポン、3M
26日(水)コカ・コーラ、フォード、ボーイング、フェイスブック、コーニング
27日(木)ダウ・ケミカル、P&G、ツイッター、ベライゾン、UPS、マスターカード、インテル、スターバックス、コムキャスト、アマゾン、百度、サムスン電子
28日(金)エクソンモービル、シェブロン

主要イベントの予定

7月25日(火)
  • 日銀金融政策決定会合の議事要旨(6/15-16分)
  • FOMC(7/26まで)
  • 5月のS&P・コアロジック/ケース・シラー住宅価格指数
  • 独7月のIfo企業景況感指数
26日(水)
  • FOMC声明発表
  • 6月の新築住宅販売件数
27日(木)
  • 6月の耐久財受注
  • 新規失業保険申請件数(7/22終了週)
28日(金)
  • 2017/4-6期のGDP(速報値)
  • 7月のミシガン大学消費者マインド指数(確定値)
31日(月)
  • 7月のシカゴ購買部協会景気指数
  • 6月の中古住宅販売成約指数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1886年に設立した世界最大の非鉄金属製品とソリューションを提供する会社。アルミシート、アルミ箔製品、アルミニウムと加工アルミニウムを製造するほか、ボーキサイトの採掘、アルミナの精製も手掛ける。自動車、航空宇宙、梱包、防衛、資源などの業界にサービスを提供する。
  • 2017/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比23.1%増の28.59億USDと大幅な増収。純利益は7,500万USDと前年同期の▲5,500万USDから黒字に転換した。EPSは0.620USDと市場予想の0.581USDを上回った。アルミの市販価格の上昇と販売量の増加は売上高を引き上げた。また、ノースカロライナ州ヤドキン郡の水力発電プロジェクトの売却益も寄与した。
  • 同社は、2017/12通期の会社計画で、世界のアルミ需要が堅調に推移している中、原材料コストも増加すると予想し、EBITDAを21億-22億USDと従来予想の21億-23億USDから下方修正した。一方同社は、2017年の世界アルミ需要の見通しを2017/4時点の4.5-5%増から4.75-5.25%増に引き上げた。通期の市場予想は売上高が前期比20.5%増の112.32億USD、純利益が6.26億USDと前期の▲4.0億USDから黒字に転換する見通し。(袁)
  • 1887年設立のヘルスケア関連製品、サービスを取り扱う大手企業。医薬品、医療器具、手術機器などの製造・販売を行い、洗剤、スキン・ヘアケアなどの日用品も販売している。
  • 2017/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比1.9%増の188.39億USDと増収を確保した。純利益は同4.3%減の38.27億USDとなったが、調整後EPSが1.830USDと市場予想の1.790USDを上回った。為替の影響を除いた事業別の売上高は、消費者向けが同2%増、処方薬が同1%増となった。また、医療・診断機器は事業買収から同6%増収となった。
  • 2017/12通期の会社計画は、売上高とEPSともに前回予想から引き上げた。2017/6に過去最大規模の買収案件となったスイスの製薬アクテリオン買収を完了する予定で2017年後半は同買収による底上げ効果や新薬の需要拡大が見込まれる。通期の市場予想は、売上高が前期比5.5%増の758.43億USD、純利益がほぼ前期並みの164.54億USDである。(袁)
  • 1955年に、ロッキード社とマーティン・マリエッタ社の合併で誕生。航空機製造や宇宙航空事業を展開。ITソリューションや火器トレーニング等幅広い事業を手がけ世界規模で展開する。
  • 2017/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比9.6%増の126.85億USDとなった。ミサイル・射撃制御(MFC)事業が減益だが、主力の航空事業は2桁増収と好調で売上高を押し上げた。一方、情報システム部門を2016年に売却したことが収益を押し下げ、純利益は同7.7%増の9.42億USDとなった。ただ、調整後EPSが3.235USD と市場予想の3.108USDを上回った。
  • 2017/12通期の会社計画は、売上高が従来予想の495億-507億USDから498億-510億USDへ、EPSが従来予想の12.15-12.45USDから12.30-12.60USDにそれぞれ上方修正された。通期の市場予想は売上高が前期比7.0%増の505.38億USD、純利益が同29.6%減の37.33億USDであるが、2018/12通期純利益が同10.0%増の37.33億USDと増益になる見通し。(袁)
  • 1924年設立の世界的な投資銀行。世界各地で多角的金融サービスを提供する。個人、法人、投資銀行などの顧客を対象に、国際的な証券業務、資産運用事業なども手掛ける。
  • 2017/12期2Q(4-6月)は、純収益が前年同期比6.7%増の95.03億USD、純利益が同11.1%増の17.57億USDと増収増益になった。調整後EPSは0.870USDと市場予想の0.765USDを上回った。投資銀行部門が好調で主力の機関投資家向け証券事業は増収となった。また、債券事業は低調だったが、ウエルス・マネージメント、資産運用はそれぞれ増収となった。
  • 同社は、自社株買いを2016年の35億USDに対して2017/3Qの期初から2018/2Qの期末までに最大50億USDと計画しているほか、2017/3Qの配当を従来の0.20USDから0.25USDに増配することを明らかにした。株主還元強化で株価動向に注目したい。通期の市場予想は純収益が前期比8.2%増の374.55億USD、純利益が同7.4%増の64.22億USDである。(袁)
  • 1977年に設立、医療管理・計画を提供する医療サービス世界最大手。企業、家庭や個人顧客に対し厚生給付プログラム、医療体制の管理商品やリソース、ヘルスケア情報などを提供。
  • 2017/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比7.7%増の500.53億USD、純利益が同30.2%増の22.84億USDとなった。調整後EPS は2.460USDと市場予想の2.379USDを上回った。保険加入者の増加から保険料収入が伸びた。また、関連商品の販売収入、サービス収入も増加した。主力の保険事業UnitedHealthcareは同8.5%増収の408億USDと堅調に伸びた。
  • 2017/12通期の会社計画は、調整後EPSが9.65-9.85USDから9.75-9.90USDに上方修正された。通期の市場予想は、売上高が前期比8.5%増の2,005.41億USD、純利益が同30.0%増の91.22億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.