SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-16 00:57:46

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “良好な景気指標確認となればリスクオンへ!”

“良好な景気指標確認となればリスクオンへ!”

2017/04/04
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“良好な景気指標確認となればリスクオンへ!”

  • トランプ政権による政策実現への懸念が生じたが、主要株価指数は過去5営業日で堅調な推移となった。中でもナスダックはこの間に1.42%の上昇とNYダウ、S&P500に比べ高い上昇率となった。
    ナスダック採用銘柄で時価総額の大きいアップル(AAPL)の株価が140ドル台に乗せ、アマゾン・ドット・コム(AMZN)は3/31現在、過去5営業日で4.89%上昇し886.54ドルと900ドルに迫るなど、両社とも連日の最高値更新となった。投資環境に不透明感が残る中で、両社への資金流入が続く可能性もあり、引き続き動向が注目される。NYダウは、小動きだが底堅い展開が続いている。
  • また、S&P500種の業種別ではエネルギーセクターが大幅に上昇。WTI原油先物価格が4日連騰し50ドル台を回復した。米エネルギー省による週間統計で、在庫の増加が鈍化したことが確認され、OPECを中心とした協調減産の期間延長の観測が浮上し同原油価格は過去5営業日で5.5%の上昇となった。同省のエネルギー情報局(EIA)の短期見通しでは、世界の原油需給は2017年の前半に均衡に近付くとの見通しが出されており、年初来高値の50ドル台半ば水準に向けた動きとなる可能性もあろう。
    4月月初発表の3月の重要経済指標では、ISM景気指数の製造業、非製造業とも高水準維持が見込まれ、4/7の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比17.5万人増(2月は同23.5万人増)、平均時給は前年同月比2.7%増(2月は同2.8%増)が予想されている。市場予想並のデータが確認されれば、景気動向への安心感から投資家のリスク許容度が高まるものと予想する。3月月間ベースではS&P500が0.04%下落し、24業種分類の業種別で半導体・同製造装置、消費者サービス、テクノロジー・ハード・機器などが上昇の一方、銀行、運輸、各種金融(証券など)が下落。NYダウは0.72%下落し、アップル(AAPL)ウォルト・ディズニー(DIS)マイクロソフト(MSFT)などが買われ、ゴールドマン・サックス(GS)シェブロン(CVX)キャタピラー(CAT)などが売られた。業績見通しからハイテクは引き続き注目だが、リスクオンとなれば3月に売られた前述のセクターや銘柄への資金流入が強まる可能性があると見ている。(庵原)
  • 4/4号ではアムジェン(AMGN)ダラー・ツリー(DLTR)フェイスブック(FB)エヌビディア(NVDA)ビザ(V)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(3/31現在)

主要企業の決算発表予定

4月5日(水)モンサント

主要イベントの予定

4月4日(火)
  • 2月の貿易収支
  • 2月の製造業受注
5日(水)
  • FOMC議事録(3/14-15分)
  • 3月のADP雇用統計
  • 3月のISM非製造業景況指数
  • FRB年次ストレステスト、大手34行の資本計画やストレステスト結果の提出期限
  • ユーロ圏3月の総合PMI(改定値)
6日(木)
  • 中国国家主席が訪米、トランプ大統領と会談(4/7まで)
  • 米新規失業保険申請件数(4/1終了週)
  • ECB議事要旨
  • 独2月の製造業受注
7日(金)
  • 3月の雇用統計
  • 2月の消費者信用残高
  • ユーロ圏財務相会合(ユーログループ、マルタ)
10日(月)
  • 3月の労働市場情勢指数(LMCI)
  • G7エネルギー相会合
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1980年に創業した世界最大の独立系バイオテクノロジー企業。DNA(遺伝子組み換え)技術や分子生物学的技術を軸に医薬品の開発、製造、販売を行っている。
  • 2016/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比7.7%増の59.65億USD、純利益が同7.5%増の19.35億USDとなった。調整後EPS は2.890USD と市場予想の2.789USDを上回った。主力の医薬品販売が同6.3%増の56.63億USDと堅調。そのうち関節リウマチ治療薬「Enbrel」が同14.1%増収、癌性貧血治療薬「Aranesp」や骨粗鬆症治療薬「Prolia」の販売も堅調だった。
  • 同社傘下のアステラス・アムジェン・バイオファーマは骨折の危険性の高い骨粗鬆症治療薬を日本で承認申請したと発表、日本での進出に注目したい。2017/12通期会社計画は売上高レンジが223億-231億USD、EPSレンジが10.45-11.31USDである。通期の市場予想は売上高が前期比0.3%増の230.52億USD、純利益が同7.3%増の82.85億USDである。(袁)
  • 1953年にバージニア州の雑貨店から発足したディスカウントチェーン大手。日用雑貨、パーティー用品、ヘルス&ビューティー、文房具、おもちゃなどを1USDの均一価格で販売する。
  • 2017/1期4Q(2016/11-2017/1)は売上高が前年同期比5.0%増の56.35億USD、純利益が同40.2%増の3.21億USDとなった。調整後EPSは1.417USDと市場予想の1.318USDを上回った。客数・客単価ともに増加し、グループ全体の既存店売上高は同1.2%増。そのうち、2015年に買収したファミリー・ダラーの既存店売上高は同0.2%増に留まったが、ダラー・ツリーの既存店売上高が同2.3%増と好調だった。4Qに新規104店舗のオープンで規模が拡大した。
  • 2017/1通期の会社計画は売上高が52.6億-53.5億USD、既存店売上高の増加率が1桁台、調整後EPSが0.91-0.98USDである。通期の市場予想は売上高が前期比6.8%増の221.28億USD、純利益が同18.9%増の10.65億USDである。(袁)
  • 2004年にマーク・ザッカーバーグCEO ら当時ハーバード大学の学生がサービスを開始。無料の登録制SNSで、13歳以上が登録できる。ソーシャルネットワーク・ウェブサイトを運営し、スマホやPCによりユーザー間で情報、写真、ビデオなどを共有できるサービスを提供する。
  • 2016/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比50.8%増の88.09億USD、純利益が同2.3倍の35.68億USD。調整後EPSは1.410USDと市場予想の1.313USDを上回った。主力の広告収入は同53.1%増の86.29億USDと好調。モバイル広告の全体に占める比率は84%と前年同期の80%から拡大。また、2016/12末の月間利用者数は前年比17.0%増の18.6億人と好調。
  • 同社は企業が使用するイントラネットやメールボックスなどの内部コミュニケーションツールを置き換える新製品「Workplace」の提供を開始、マイクロソフト(MSFT)の「Yammer」、セールスフォース(CRM)の「Chatter」など類似製品に対抗する模様。2017/12通期の市場予想は売上高が前期比36.7%増の377.73億USD、純利益が同29.6%増の132.01億USDである。(袁)
  • 1993年設立の半導体大手。画像処理(GPU)半導体、コンピュータのグラフィックス処理や演算処理を高速化するグラフィックスプロセッサーと関連ソフトウェアの設計・開発・販売を行う。
  • 2017/1期4Q(2016/11-2017/1)は売上高が前年同期比55.1%増の21.73億USDと過去最高を更新した。純利益は同3.2倍の6.55億USD、調整後EPSが1.130USDと市場予想の0.979USDを上回った。画像処理(GPU)半導体向けの販売が好調で、全体の売上高を牽引した。5事業のうち4事業が増収。主力のゲーム機器向けは同66.4%増収、クラウドコンピューティングの普及で需要が高まっているデータセンター向けの売上高が同3.1倍と拡大した。
  • 2018/1期1Q(2017/2-4)の会社計画は売上高が19億USD、売上高総利益率が59.5%、設備投資額が5,000-6,000万USDである。通期の市場予想は売上高が前期比16.4%増の80.45億USD、純利益が同9.5%増の18.24億USDである。(袁)
  • 1958年創業。決済システム、電子支払ネットワークを運営する世界最大手のカード会社。商店、金融、企業などの相互決済やデータ転送など商取引サービスを提供している。
  • 2017/9期1Q(2016/10-12)は売上高に当たる営業収入が前年同期比25.1%増の44.61億USD、純利益が同6.6%増の20.70億USDとなった。調整後EPSは0.860USDと市場予想の0.783USDを上回った。顧客の利用拡大からカードサービス事業が好調に推移し、統合されたビザ・ヨーロッパの業績も寄与。為替変動の影響を除いたベースでカードの総取扱高は同39.0%増の1.8兆USDとなり、決済件数が同44.0%増の273億件と何れも好調だった。
  • 2017/9通期会社計画は、営業収入が前期比16%-18%増、調整後EPSの伸び率が同10%台半ばである。通期の市場予想は営業収入が前期比17.5%増の177.16億USD、純利益が同32.0%増の79.07億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.