SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 15:38:37

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “出遅れセクター物色もあり小確りの展開を予想!”

“出遅れセクター物色もあり小確りの展開を予想!”

2016/12/20
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“出遅れセクター物色もあり小確りの展開を予想!”

  • 12/16、NYダウは前日比小幅安の19,843.41ドルとなったが、週間ベースで6週連続の上昇。NYダウの月間上昇率は11月が5.41%、12月は3.76%となり20,000ドル台乗せも視野に入った。ただ、足元で上昇ピッチは鈍化している。
    12/13-14に開催されたFOMCで、FRBは想定通りFF金利誘導目標(政策金利)を0.25%引き上げ0.50-0.75%とした。ただ、FOMCメンバーによる2017年政策金利予想の中央値から、同年の利上げ見通しは年3回と従来の2回からペースが引き上がった。この結果を受けて株式相場は一旦下落となったが、すぐに落ち着きを取り戻した。イエレン議長は会見で、労働市場には依然改善余地があること、経済の先行きに不透明感があるとした。これらFRBの慎重姿勢は市場のポジティブファクターと言えよう。10年国債利回りはFOMC後、一時2.63%と大幅に上昇したが、その後は2.5%台でほぼ横ばいで推移している。
  • 金利上昇に伴い資金流入が続いた銀行、保険、証券など金融セクターは過去5営業日で下落に転じた。一方、通信、公益、ヘルスケアや食品・飲料・タバコなどディフェンシブセクターへの資金シフトが見られる。金利上昇に一服感が見られ、S&P500をアンダーパフォームしている不動産セクターなどの評価見直しも想定されよう。また、主要通貨に対する水準を示すドルインデックスも一時103.56と2002/12以来の水準まで上昇したが、その後は緩やかにドル安方向にある。目先のドル上昇一服で、ドルで取引される原油など商品市況は底堅い展開となることも想定される。また、ドル上昇一服で投資家の資金は、資本財、自動車、ハイテクなどグローバル企業へ向かいやすくなることも考えられよう。
    利益確定売りも出やすい局面であるが、出遅れセクターが買われるなどしており振れ幅の小さい小確りの相場展開を予想する。セクター別には、ヘルスケア、ハイテク、ソフトウェアのほか、サイバーセキュリティー関連に注目したい。オバマ大統領は大統領選挙期間にロシアからサイバー攻撃を受けたと断定し、英独の情報機関もロシアによるサイバー攻撃や情報工作に対して懸念を表明している。株式相場は、ビッグイベントが一巡しクリスマス休暇入りする市場参加者も増えるなか、当面は小動きの展開が続くと予想する。(庵原)
  • 12/20号ではアドビ(ADBE)チェックポイント(CHKP)インテル(INTC)ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)ユナイテッドヘルス (UNH)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(12/16現在)

主要企業の決算発表予定

12月20日(火)フェデックス、ナイキ
12月21日(水)マイクロン・テクノロジー

主要イベントの予定

12月20日(火)
  • 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表。黒田総裁の定例記者会見 
  • ユーロ圏10月の経常収支
21日(水)
  • MBA住宅ローン申請指数
  • 11月の小売売上高
  • 11月の中古住宅販売件数
  • 12月の消費者信頼感(速報値)
  • 12月のユーロ圏消費者信頼感指数  
22日(木)
  • 11月の耐久財受注
  • 新規失業保険申請件数(12/17終了週)
  • 米11月の個人所得・支出
  • 米11月の景気先行指標総合指数
  • ECB経済報告
23日(金)
  • 11月の新築住宅販売件数
  • 12月のミシガン大学消費者マインド指数(確定値)
26日(月)
  • 日銀・金融政策決定会合議事要旨 
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1982年創業の世界トップクラスのソフトウェア会社。PCソフトウェアならびに技術開発、販売、サポートに従事。印刷・電子媒体で情報を発信、使用するための各種製品を開発している。
  • 2016/11期4Q(9-11月)は売上高が前年同期比23.1%増の16.08億USD、純利益は同79.4%増の3.99億USDと共に過去最高を更新した。調整後EPSが0.900USD と市場予想の0.862USD を上回った。デジタルメディア事業の収入が引き続き好調に伸びた。また、成長率が高いクラウド事業が大幅に増収。そのうちクリエイティブクラウドは同33.0%増の3.86億USDとなった。また、マーケティングクラウドの売上高が同32.0%増の4.65億USDに達した。
  • 同社はクリエイティブクラウド、マーケティングクラウドなど主力のクラウドサービスをマイクロソフト(MSFT)に提供する契約をした。今後の動向に注目したい。2017/11通期の市場予想は売上高が前期比19.5%増の69.98億USD、純利益が同26.0%増の14.73億USDである。(袁)
  • 1993年設立、イスラエルに本社を置いているインターネットセキュリティ会社。ITセキュリティの多様なソフトウェアとハードウエア商品の開発・販売・支援などを手掛けている。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比5.8%増の4.27億USD、純利益が同1.1%増の1.69億USDとなった。調整後EPSは1.130USD と市場予想の1.078USD を上回った。次世代脅威対策、モバイル・セキュリティや次世代ファイアウォールなど主力セキュリティ製品の販売及びライセンスが増収を確保したほか、セキュリティ管理システムが2割超の増収で好調だった。
  • 新聞報道によれば、ロシアは対外発信を強化する国営メディアの宣伝活動に加え、ネット上の情報工作により各国への影響力拡大を図っている模様。欧米諸国は「情報テロ」への警戒を強めており、ネットセキュリティ需要が増加する可能性がある。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比6.2%増の17.32億USD、純利益が同1.2%増の6.94億USDである。(袁)
  • 1976年に設立した世界最大の半導体メーカー。コンピュータ部品を手掛けるシステムソフトウエア、デジタル画像処理などがある。世界50ヵ国以上に製造・研究拠点を有している。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比9.0%増の157.78億USDと四半期として過去最高を更新した。純利益は同8.6%増の33.78億USDとなった。調整後EPSは0.800USD と市場予想の0.729USD を上回った。主力のクライアント・コンピューティング部門は増収を確保した。パソコン市場の縮小を背景にデスクトップPC向けを中心の出荷量は減少したが、ノートブックPC向けの平均単価は上昇した。クラウド需要の増加でデータセンター部門は1割の増収となり、ウエアラブル端末やスマートホームなどのIoT部門は約2割の増収と好調だった。
  • 同社は、米通信大手のAT&T(T)、スウェーデンのエリクソン(ERIC)と共同で5G実験の推進を発表。インターネットアクセス、仮想プライベートネットワーク、4K高解像度映像のストリーミングなどの様々な企業用途に応じた実証実験を行い、今後の実用化が期待される。2016/12期4Q(10-12月)の会社計画は売上高が157億USDである。また、通期の市場予想は売上高が前期比6.2%増の587.99億USD、純利益が同10.7%減の101.89億USDである。(袁)
  • 1887年設立のヘルスケア関連製品、サービスを取り扱う大手企業。医薬品、医療器具、手術機器などの製造・販売を行い、洗剤、スキン・ヘアケアなどの日用品も販売している。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比4.1%増の178.20億USDとなった。関節薬「レミケード」など主力の医薬品の販売が好調で全体の売上高を押し上げた。純利益が同27.2%増の42.72億USDとなった。調整後EPSは1.680USDと市場予想の1.652USDを上回った。
  • 2016/12通期の会社計画は売上高が715億-722億USDと従来予想を据え置いた。調整後EPSが6.68-6.73USDと下限を従来予想の6.63USDから上方修正した。通期の市場予想は売上高が前期比2.9%増の721.01億USD、純利益が同7.9%増の166.20億USDである。(袁)
  • 1977年に設立、医療管理・計画を提供する医療サービス世界最大手。企業、家庭や個人顧客に対し厚生給付プログラム、医療体制の管理商品やリソース、ヘルスケア情報などを提供。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比11.6%増の462.93億USD、純利益が同23.2%増の19.68億USDとなった。調整後EPS は2.17USDと市場予想の2.08USDを上回った。主力の保険料収入は同13.7%増の361.42億USDと好調だったほか、関連商品の販売収入、サービス収入も増加した。事業別で、UnitedHealthcareとOptumはいずれも好調に推移した。
  • 2016/12通期の会社計画はEPSが従来予想中央値の7.325USDから7.450USDへ、調整後EPSが従来予想中央値の7.875USD から8.00USDに上方修正された。通期の市場予想は売上高が前期比17.5%増の1,846.98億USD、純利益が同24.0%増の72.11億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.