SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-22 14:46:39

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “政策期待、楽観論やや後退の中での銘柄選択!”

“政策期待、楽観論やや後退の中での銘柄選択!”

2016/12/06
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“政策期待、楽観論やや後退の中での銘柄選択!”

  • 主要指数は最高値更新が相次いだが、過去5営業日でNYダウが小幅に上昇となった一方でS&P500が0.97%、ナスダックが2.65%、ラッセル2000が2.45%の下落となった。短期的に大幅上昇となったトランプラリーの一服に加え、ビッグイベント前の利益確定売りが重なり株式相場は下落した。
    11/30のOPEC総会では想定外の減産合意となり、WTI原油先物価格は一気に50ドル台乗せと大幅高となった。サウジアラビアは48.6万バレル/日もの減産だがイランには増産を認め、OPEC減産の合意をまとめあげた。OPEC全体で2017年1月より約120万バレル/日の減産を実施し、生産は3,250万バレル/日となる。また、12/2に発表された11月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比17.8万人増とほぼ市場予想に近い水準、失業率は前月比0.3ポイント改善の4.6%、平均時給は前年同月比2.5%増と伸びが鈍化したが、引き続き雇用市場の堅調さが確認された。12月の追加利上げ実施に向けて十分な結果と言えよう。これらビッグイベントの良好な結果を受けて、市場はリスクオンとなりそうな局面であったが、ドルは下落し、株式市場は軟調な推移となった。トランプ政策への期待を先行して織り込んでいたため、むしろ過度な楽観論に対する警戒感も強まっている面もあると言えよう。
  • また、イタリアでは12/4、憲法改正を掲げ実質現政権の信任を問う国民投票が実施されたが否決され、レンツィ首相は辞任を表明。政治問題が経営悪化の銀行再建に影響し、金融問題に発展する可能性が浮上している。
    イタリア最大手行のウニクレディトは130億ユーロ(約1.56兆円)、資産規模3位のモンテ・デイ・パスキが10億ユーロの債務株式化を含む50億ユーロ(約6,000億円)の増資を計画している。ただ、政治の空白期間が生じれば再建計画の遅れなど金融問題となる可能性がある。イタリアの中銀によれば、銀行全体の不良債権額は3,600億ユーロ(約43.2兆円)と膨大で、自己資本は2,250億ユーロ(約27.0兆円)に留まっている。低迷続く大手行の株価が一段の下落となれば、南欧への飛び火やEU問題再燃の可能性もある。このため、欧州問題の影響を受けにくいと見られる好業績銘柄をピックアップしたい。(庵原)
  • 12/6号ではバイオジェン(BIIB)ナイキ(NKE)AT&T(T)ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)ヴァーレ(VALE)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(12/2現在)

主要企業の決算発表予定

12月8日(木) デル・テクノロジーズ

主要イベントの予定

12月6日(火)
  • 10月の貿易収支 
  • 10月の製造業新規受注
  • ユーロ圏7-9月のGDP(改定値)
  • EU財務相理事会
7日(水)
  • MBA住宅ローン申請指数
  • 10月の消費者信用残高
  • 新規失業保険申請件数(11/18分)
  • 独10月の鉱工業生産
8日(木)
  • 中国11月の貿易収支
  • ECBの政策金利を発表
  • ドラギECB総裁、定例記者会見 
  • 新規失業保険申請件数(12/3終了週)
9日(金)
  • 中国11月のCPI(消費者物価指数)、PPI(生産者物価指数)
  • 米10月の卸売在庫
  • 米12月のミシガン大学消費者態度指数(速報値)
12日(月)
  • 11月の月次財政収支
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1978年設立したバイオ製薬大手会社。神経学、腫瘍学、免疫学を中心として新薬の開発および製造を手掛ける。製品は、多発性硬化症、関節リウマチ、乾癬などの疾患を対象とする。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比6.4%増の29.55億USD、純利益が同7.0%増の10.32億USDとなった。調整後EPSは5.190USDと市場予想の4.967USDを上回った。抗CD20療法のプログラムは減収だったが、治療薬製品別の3セグメントは全て増収。中核の多発性硬化症治療薬「TECFIDERA」が同10.3%増収、血友病治療薬が同38.8%増収となった。
  • 同社はアルツハイマー病特有のアミロイドβの抗体aducanumabがこれまでの臨床試験で良好な結果を出しており、製品化への期待が高まっている。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比7.1%増の115.23億USD、純利益が同15.9%増の41.10億USDである。(袁)
  • 1968年創業のスポーツ関連商品を扱う世界最大手。スニーカーやスポーツウエアなどの主力製品を中心に、トレーニング用品、アクセサリーのデザイン、開発、販売を手掛けている。
  • 2016/5期4Q(3-5月)は売上高が前年同期比6.0%増の82.44億USDと増収を確保した。北米事業は低調に推移したものの、中国、日本など海外事業が好調で全体の売上高を押し上げた。一方、販売コストや税金など費用の増加が利益を押し下げて、純利益は同2.2%減の8.46億USDとなった。調整後EPSは0.490USD と市場予想の0.480USDを上回った。主力のスポーツシューズは同6.3%増収、アパレルの販売も同4%増収と順調に推移した。
  • 売上高の先行指標となる新規受注(2016/6-2016/11の靴と衣料品の出荷見通し)は為替変動の影響を除き、前年同期比11%増と需要の拡大が示された。2017/5通期の市場予想は売上高が前期比7.8%増の348.87億USD、純利益が同6.6%増の40.07億USDである。(袁)
  • 1983年設立の大手通信会社。子会社と関連会社を通じて地域及び長距離電話、無線、データ通信、インターネットアクセス、インターネットなどのサービス、通信機器販売などを行う。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比4.6%増の408.90億USD、純利益が同11.2%増の33.28億USDとなった。調整後EPSは0.740USDと市場予想の0.739USDを小幅に上回った。スマホの普及を追い風に成長を続けた携帯事業が鈍化し、同事業の売上高は前年同期比で小幅に減少した。新規の携帯電話の契約件数(プリペイド、タブレットは除くベース)は26.8万件減だった。一方、買収した米衛星放送最大手ディレクTVが収益を押し上げた。
  • 同社はチップ大手のクアルコム(QCOM)と協力し、LTE網や将来の5Gネットワーク経由でドローンの運行テストを実験、今後の動向に注目したい。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比11.8%増の1,641.85億USD、純利益が同3.5%増の138.14億USDである。(袁)
  • 1977年に設立、医療管理・計画を提供する医療サービス世界最大手。企業、家庭や個人顧客に対し厚生給付プログラム、医療体制の管理商品やリソース、ヘルスケア情報などを提供。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比11.6%増の462.93億USD、純利益が同23.2%増の19.68億USDとなった。調整後EPS は2.17USDと市場予想の2.08USDを上回った。主力の保険料収入は同13.7%増の361.42億USDと好調だったほか、関連商品の販売収入、サービス収入も増加した。事業別で、UnitedHealthcareとOptumはいずれも好調に推移した。
  • 2016/12通期の会社計画はEPSが従来予想中央値の7.325USDから7.450USDへ、調整後EPSが従来予想中央値の7.875USD から8.00USDに上方修正された。通期の市場予想は売上高が前期比17.2%増の1,841.90億USD、純利益が同22.5%増の71.23億USDである。また、11/29に開催された投資家向けの説明会で2017/12通期の会社業績見通しは、売上高が1,970-1,990億USD、調整後EPSが9.30-9.60USDと共に市場予想を上回った。(袁)
  • 1942年設立のブラジル総合資源大手。鉄鉱石、ペレット、マンガン、合金、金、ニッケル、 銅、カオリンなどの生産、販売を手掛ける。また、国内の鉄道、港湾施設なども運営している。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比12.6%増の73.24億USD、調整後EBITDAが同61.2%増の30.23億USD、純利益が5.75億USDと前年同期の▲21.17億USDから黒字に転じた。調整後EPSは0.599USDと市場予想の0.562USDを上回った。5事業は全て増収。主力の鉄鉱石事業は同9.2%増の49.59億USDと堅調で、全体の67.7%を占めている。また、ニッケル、銅やプラチナグループ金属など卑金属事業は同9.1%増の15.79億USDと寄与した。
  • トランプ次期大統領が打ち出した財政拡大への期待に加え、中国の鋼材需要の高まりも鉄鉱石価格を押し上げた。また、ゴールドマン・サックスが鉄鉱石価格の見通しを引き上げ、同社の事業動向に注目したい。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比2.9%増の879.81億USD、純利益が122.95億USDと前期の▲442.12億USDから黒字に転じる見通し。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.