SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-20 00:00:11

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “世界同時株安も米国の景気や企業業績に期待”

“世界同時株安も米国の景気や企業業績に期待”

2016/01/13
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(1/11現在)

“世界同時株安も米国の景気や企業業績に期待”

  • 1/11のNYダウは4営業日ぶりに反発したが売られ過ぎの小幅な反発に留まり、米国株は年初から大幅な下落となっている。1/11現在、NYダウは年初来5.89%下落し、下落幅は1,026ドルに達した。原油価格の下落に歯止めがかからず、WTI原油先物価格は約12年ぶりの安値水準に落ち込んでいる。
    年初から急落となった中国の株式市場では、中国の証券当局は年初に導入した株式相場変動を規制する「サーキットブレーカー」制度を1/4に続き、1/7にも発動したが、市場の混乱を避けるために同制度を1/8から停止。また、大株主による保有株の売却禁止措置解除の観測が中国株の下落に拍車をかけたため、当局は保有株売却に新たな制限措置を導入し、市場の不透明感の払拭に努めている。ただ、上海総合指数は1/11に前営業日比5.3%下落し、1/11現在、年初来で14.76%もの下落となった。金融市場の対策だけでなく、中国政府による景気対策が待たれる状況にあると言えよう。
  • ただ、米国株の下落率は日欧に比べ小幅に留まっている。背景としては、米国景気が堅調であることや企業業績拡大への期待が挙げられよう。1/5に発表された12月の自動車販売は市場予想を下回ったものの引き続き好調で2015年通年の販売台数は1,750万台と15年ぶりに過去最高を更新。1/8発表の雇用統計では、12月の非農業部門雇用者数が前月比29.2万人増と市場予想を大幅に上回り、11月分は同25.2万人増と同21.1万人増から上方修正された。雇用市場の改善から引き続き個人消費の改善が期待できよう。
    世界銀行は1/6、世界経済見通しを下方修正したが、先進国においては米国が牽引役となる見通し。2015年、2016年は、世界経済の成長率がそれぞれ0.4ポイント下方修正され、2.4%、2.9%となったが米国はそれぞれ0.2ポイント、0.1ポイントの下方修正に留まり、2.5%、2.7%の見通しである。1/9現在のBloomberg集計によるS&P500構成企業の2015/4Q(10-12月)増益率見通しは、前年同期比6.7%減(石油セクター除くベースで同1.2%減)であるが、同16.8%増の自動車・同部品や同11.1%増のスターバックス(SBUX)など消費者サービス、同24.4%増の通信セクターなどにも注目したい。(庵原)
  • 1/13号ではフェイスブック(FB)サウスウェスト航空(LUV)ネットフリックス(NFLX)AT&T(T)ビザ(V)を取り上げた。

企業決算の予定

14日(木)インテル、JPモルガン・チェース
15日(金)ウェルズ・ファーゴ、シティグループ

主要イベントの予定

13日(水)
  • 地区連銀経済報告書(ベージュブック)
  • 2015/12の月次財政収支
14日(木)
  • 新規失業保険申請件数(1/8終了週)
  • 2015/12の輸入物価指数
  • ユーロ圏財務相会合
  • ECB理事会議事録(2015/12/3分)
15日(金)
  • 2015/12の小売売上高
  • 2015/12の生産者物価指数(PPI)
  • 1月のNY連銀製造業景気指数
  • 2015/12の鉱工業生産
  • 1月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
  • EU財務相理事会
  • アジアインフラ投資銀行(AIIB)第1回総会・理事会(1/16-18、北京)
18日(月)
  • キング牧師誕生記念日で休場
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 2004年にマーク・ザッカーバーグCEO ら当時ハーバード大学の学生がサービスを開始。登録制のSNS で無料のサイト、13歳以上が登録できる。ソーシャルネットワーク・ウェブサイトを運営し、ユーザー間で情報、写真、ウェブサイトリンク、ビデオなどの共有技術も開発する。
  • 2015/12 期3Q(7-9月)は、売上高が前年同期比40.5%増の45.0億USD、売上高の大半を占める広告収入が同45.4%増の43.0億USDと好調であった。純利益は同11.2%増の9.0億USDと何れも四半期として過去最高を更新。世界の月間利用者数は同14.0%増の15.5億人。
  • 会社側は2015/12通期の費用を2014年比55-70%増と見込み、データセンターの増強を中心とする設備投資は27億-32億USDを計画。新聞報道によれば、同社は配車サービスのウーバーと提携した。ウーバーの配車アプリをダウンロードしなくても、Facebookのメッセンジャーアプリで直接配車を依頼できるサービスの試験運用を計画。動向に注目したい。(袁)
  • 1967年にダラスで設立、1971年に運行を開始した米国内の大手格安航空会社である。全米に路線網を持ち、主に短距離・高頻度の2拠点直行便サービスを提供。「社員第一、顧客第二」のポリシーの一方、ユニークな機内サービスを提供し高い安全性の評価を受けている。
  • 2015/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比10.8%増の53.2億USD、貨物運輸事業が伸び悩んだが、主力の旅客事業が堅調だったほか、特別収入が計上されたことが寄与。人件費や空港の着陸料金は増加したが、原油安で燃料費が同32.5%減となり純利益は同77.5%増の5.8億USDと大幅な増益になった。EPS は0.94USD と市場予想の0.92USDを上回った。
  • 原油安による燃料価格の下落は引き続き業績に大きく寄与すると見られる。また、同社は2015/12期4Q(10-12月)の輸送実績を発表した。搭乗旅客数、旅客キロや有償座席利用率などの7指標が全て堅調に伸び、4Qの業績拡大に期待できよう。2015/12通期の市場予想は売上高が前期比5.7%増の196.7億USD、純利益が同96.3%増の22.3億USDである。(袁)
  • インターネットを通じたTV番組や映画などを配信する世界のリーディング企業。世界50ヵ国以上、6,000万人超の会員を有し、人気の高いオリジナル番組を含め様々な動画を配信。
  • 2015/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比29.3%増の15.8億USD、海外市場での利用者数の大幅な増加が奏功。一方、海外市場に進出するコストなどが嵩み、純利益は同50.8%減の2,900万USD、EPSが0.07USDと市場予想の0.12USDを下回った。3Qの利用者純増数は同19.9%増の362万人、9月末時点の利用者数は6,917万人だった。主力の米国の純増数が前年同期比減少したが、海外市場は展開加速に伴い純増数が同34.6%増と好調だった。
  • 同社は、2016年末までに世界の利用者数7,400万人を目標としている。また、世界最大の家電見本市CESで新たに130ヵ国への進出計画を発表。日本や南欧諸国への進出に続き、インド、インドネシア、ロシアなど人口の多い国での事業展開が期待される。(袁)
  • 1983年に設立した大手通信会社。子会社と関連会社を通じて地域及び長距離電話サービス、無線、データ通信、インターネットアクセス、インターネット、通信機器などを行っている。
  • 2015/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比18.6%増の390.9億USD、純利益が同4.3%減の29.9億USD。衛星放送大手ディレクTVの買収効果で売上高は大幅に伸びたが、買収コストなどの計上で減益。ただ、買収関連費用など特別要因を除くEPSは0.74USDと市場予想の0.69USDを上回った。一方、1-9月の携帯電話料金後納の利用者純増数が前年同期比69.2%減の28.9万人と大幅に減り、携帯電話利用者数は同2.2%減の5,484.5万人となった。
  • 2015/12通期の会社計画ではEPSの中央値を2.65USDから2.71USDに上方修正。また、同社は顧客に無制限データ通信プランの再導入を計画。同プランを通じて新規顧客の開拓や既存顧客のつなぎ留めを狙っており、今後の業績動向に注目したい。2015/12通期の市場予想は売上高が前期比11.9%増の1,482.0億USD、純利益が同2.1倍の130.8億USD。(袁)
  • 1958年創業。決済システム、電子支払ネットワークを運営する世界最大手のカード会社。商店、金融、企業などの相互決済やデータ転送など商取引サービスを提供している。
  • 2015/9期4Q(7-9月)は売上高に当たる営業収入は前年同期比10.6%増の35.7億USD、純利益は同40.9%増の15.1億USD。訴訟に関連した引当金の負担が軽減したことが増益の主因で、決済件数も増加した。調整後EPSは0.62USDと市場予想の0.63USDを下回った。
  • 同社は欧州のビジネスを強化するため、元子会社のビザ・ヨーロッパを最大212億EURで買収すると発表し、欧州での事業拡大が期待される。2015/9通期の会社計画で、同社は新たに50億USDの自社株買いの方針を示したほか、4Qの配当を従来計画に比べて17%引き上げた。今後も株主還元強化や株価の動向に注目したい。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.