SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-18 11:47:24

マーケット > レポート > 中国経済レポート >  中国経済:制度変更で人民元安進む!!

中国経済:制度変更で人民元安進む!!

2015/8/17 モーニングスター株式会社

ほぼ誰も予想しなかった人民元安が突然始まった。

中国人民銀行は11日、人民元対ドルレートに関する中間レートの決定方法を変更すると発表した。

中国の為替市場は特殊である。中国人民銀行が毎朝、取引が始まる前に中間レートを発表する。市場参加者は、そのレートを中心として、上下2%の範囲内で自由に取引ができる。

これまでは、早朝、市場参加者に需給状況をヒアリングし、それをもとに中国人民銀行が中間レートを決定する仕組みであったが、実質的には中国人民銀行の意向が強く反映される形で決められることが多く、この2カ月間はほぼ一定値となっていた。今回の決定により、「前日の終値を参考にし、外貨の需給、国際主要通貨の変動率などを総合的に考慮して決める形式」に変わったのである。

11日の中間レートは前日と比べ1.82%安と決められたことで、市場では人民元安見通しが広がった。終値が一旦限度額近くまで下がったことで、12日の中間レートは1.59%安と決められた。この日の終値では引け直前に戻しているが、日中取引では一時ストップ安水準の2%安に近い値で取引されており、2日間で、約5%の人民元安が進んだ局面もあった。

今回変更が行われた理由は、(1)輸出を下支えするため、(2)人民元の国際化を進め、SDR構成通貨入りを目指すためと見られている。

8日に発表された7月の輸出は8.3%減で、前月の2.8%増と比べ11.1ポイント悪化、市場コンセンサスである1.0%減と比べ、7.3ポイント低かった。1〜7月の累計でも0.8%減となった。早ければ9月にもアメリカは金利を引き上げるとみられ、このままドルとの事実上ペッグ状態を続けていたのでは、人民元はドル以外の通貨に対してつれ高となってしまう。

そうすれば下期の輸出は上期以上に厳しくなる。そうならないために、早めに、ドルとの実質的なペッグ状態を脱したのである。

また、人民元の決定メカニズムは、これまでより市場化、自由化されたと見ることができる。これはSDR構成通貨入りに有利と見ることが出来よう。

今回は、人民元安で恩恵を受ける銘柄に注目した。

銘柄名  中国機械工程(01829/メインボード)

エンジニアリング企業
8月12日終値:6.45香港ドル

 ・ 発電設備関連に強みを持つエンジニアリング企業。交通運輸、通信など多彩なインフラ建設を行っている。コンサルティング、FS、設計、資材購入、物流、建設、装置設置、工事監督など建設にかかる作業を一貫して請け負う。

 ・ 2014年12月期における地域別売上高は中国18.9%、イラク16.6%、ベネズエラ10.4%、ギニア4.4%、スリランカ4.1%、アンゴラ4.0%、コンゴ3.6%、アメリカ3.4%、アルゼンチン2.9%、ベラルーシ2.9%、その他28.8%。

 ・ 2014年12月期業績は7.4%増収、7.0%増益。グローバルでインフラ建設需要は安定成長。特に本土が急成長。また、他国との競争が少ない政情不安のイラクでの案件獲得による寄与も大きい。

 ・ 一帯一路関連の代表銘柄であるが、海外での受注が多く、人民元安によって大きな恩恵を受けると予想。

銘柄名  中国重汽(03808/メインボード)

山東省済南市を生産拠点とするトラックメーカー
8月12日終値:4.16香港ドル

 ・ 大型トラックでは業界トップ。ドイツMAN社と合弁事業を行っており、エンジン、車軸や車体に関する技術を吸収、本土トラックメーカーの中では高い技術力を持っている。東南アジア、アフリカを始め30以上の国・地域に販売拠点を持ち、70以上の国に販売代理店を持つ。

 ・ 2014年12月期における部門別売上高は大型トラック85.1%、中小型トラック・バス10.7%、エンジン3.3%、ファイナンス0.9%など。

 ・ 2014年12月期業績は7.9%増収、50.4%増益。主力の大型トラックの販売台数は6.5%増と堅調。ドイツMAN社との共同開発車を新たに投入。人件費、研究開発費を抑え、借入金を圧縮したことで大幅増益を達成した。

 ・ 一帯一路関連銘柄。2014年12月期の輸出売上比率は20.0%あり、人民元安によって大きな恩恵を受けると予想。

銘柄名  徳永佳集団(00321/メインボード)

ニット生地、綿織物の染色、製造が主力のアパレル・小売メーカー
8月12日終値:8.46香港ドル

 ・ カジュアルアパレルやアクセサリーの販売も行っている。2015年3月期の売上高比率では、繊維部門が50.7%、小売部門が48.8%を占めるが、営業利益比率では、前者が93.9%、後者が2.0%である(その他は省略)。

 ・ 2015年3月期における地域別売上高はアメリカ31.1%、中国45.3%、日本12.2%、香港7.9%、その他3.6%。

 ・ 2015年3月期業績は5.4%減収、15.7%増益。繊維部門、小売部門ともに減収であったものの、販管費を絞ったことで、営業利益段階で、繊維部門は若干の減益、小売部門は黒字転換となった。財務収支の改善もあり、純利益段階では2桁増益を達成。

 ・ アメリカ、日本、香港など海外売上高のウエートが高く、人民元安によって大きな恩恵を受けると予想。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項

  • 本レポートに記載されております株価並びに関連の情報は、現地の情報提供元から得た情報を元に、モーニングスター株式会社が提供しています。本レポートで提供されている情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、本レポートに記載されている情報を利用して損害が生じた場合、当社、その関連会社及び情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.