SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 07:20:10

マーケット > レポート > 中国経済レポート >  上海総合指数:約6年10か月ぶりの高値更新!!

上海総合指数:約6年10か月ぶりの高値更新!!

2015/3/23 モーニングスター株式会社

3月17日の上海総合指数は1.55%上昇、終値は3502.85ポイントとなった。これは2008年5月21日以来の高値である。

テクニカルでみると、2009年8月4日の終値3471.44ポイントを抜けたという点が重要である。この日を天井として昨年7月中旬あたりまで長い下げ相場が形成されたといった経緯があり、本土投資家が強く意識していたと見られる上値抵抗ラインを抜けた点に意味がある。3月18日も2.13%上昇しており、強気相場が続いている。

一方、景気は相変わらず低迷を続けている。2月の統計では、輸出こそ48.3%増と、市場コンセンサスである14.0%増を大きく上回っているものの、特殊要因があり、春節の影響が予想以上に大きかったといった見方が多い。そのほかの統計では、1〜2月の鉱工業生産は6.8%増、固定資産投資は13.9%増、小売売上高は10.7%増で、いずれも12月(あるいは累計)と比べ鈍化しているばかりか、市場コンセンサスと比べ1ポイント前後、低い伸び率となっている。

にもかかわらず、本土の株価は上昇基調にあるのだが、その理由について二つほど考えられる。

一つは全人代を通じ、全面深化改革が進むといった楽観見通しが強まったことである。今年も、水利建設、鉄道建設などのインフラ建設投資が高水準になりそうなこと、一帯一路戦略について具体的な政策が間もなく打ち出されそうなこと、インターネット関連産業に対する政策が国家戦略として格上げされたことなど、期待通りに改革は進展しそうである。

もう一つは金融緩和が更に進みそうだといった見通しが強まったことである。景気の低迷自体が金融緩和を促すといった点が、まず、指摘できる。その上、国務院は銀行に対して証券業務参入を解禁する方針を示しており、さらに、地方政府に対し、高利回り負債を低金利、長期の地方債に借り換えることを一定の枠内ではあるが、許可し、促す政策を打ち出している。後者については、銀行にとって不良債権の減少に繋がり、貸出余地の拡大に繋がる効果が期待できよう。

3月17日の上海総合指数は約6年10カ月ぶりの高値を更新しているが、AH株プレミアム指数は130.79ポイントで、今年1月16日に記録した最高値(終値ベース)である133.38ポイントに迫る勢いである。ちなみに、AHプレミアム指数は、A株、H株を同時発行している主要銘柄のそれぞれの市場の株価平均を算出し、A株平均をH株平均で除した指数である。100がイーブンで、高いほどA株が割高となる指数である。すなわち、現在、H株の割安が進んでいるということである。

今回は、出遅れ感の強いH株主要銘柄に注目した。

銘柄名  洛陽モリブデン(03993/メインボード)

国内最大のモリブデンメーカー
3月18日終値:4.95香港ドル

 ・洛陽市内に、主力鉱山を3か所持ち、モリブデン、タングステンなどの採掘、製錬、加工を手掛ける。モリブデンでは世界最大の保有量、タングステンでは世界第2位の保有量を誇る鉱脈を所有している。また、生産面では、国内最大のモリブデンメーカーで、タングステンメーカーとしても国内トップクラスである。

 ・ 14年6月中間期における部門別売上高はモリブデン・タングステンが51.9%、銅が28.8%、金、銀、鉛などその他が19.3%を占める。

 ・ 2014年1-9月期業績は30.5%増収、62.4%増益。2013年12月に買収、権益の80%を取得したオーストラリア・ノースパークス銅鉱山の業績がフル寄与した。4月には不採算の坤宇金銀鉱山を売却、大幅増益に貢献した。

 ・ 世界的な金融緩和により、商品先物市場における非鉄金属価格が上昇すると予想。業績好調持続へ。

銘柄名  上海電気(02727/メインボード)

上海市政府系の重電メーカー
3月18日終値:4.62香港ドル

 ・ 主要製品は、火力、風力、原子力発電の主要設備プラント。エレベーター、工業設備、エンジニアリング、金融、貿易サービスなども手掛けている。

 ・ 2014年12月期の部門別売上高は、火力発電、原子力発電タービンシステムなどのクリーンエネルギー設備が32.9%、エレベーターなどの工業設備が32.8%、サービス事業が22.9%、風力、原子炉など新エネルギー設備が9.2%、その他が2.2%。

 ・ 2014年12月期業績は2.6%減収、4.9%増益。経済成長率が落ちる中、電力需要の伸びは低く、原子力、風力設備などの販売量が減少、単価が下落、売上高が落ち込んだ。工業設備、サービス事業が好調、収益を下支えしたものの、クリーンエネルギー設備の落ち込みを吸収しきれず、微増益に留まった。

 ・ 国務院はクリーンエネルギーの普及を急いでおり、原子力発電所建設を再開。また、原子力設備の輸出を奨励。今期原子炉の受注急増見通し。

銘柄名  東方航空(00670/メインボード)

中国3大航空会社の一角
3月18日終値:4.09香港ドル

 ・ 上海虹橋、上海浦東、昆明長水、北京首都など4つの国際空港をベース空港とし、南京、武漢、西安、杭州、太原、合肥などを重点空港としている。「スカイチーム」に加盟。

 ・ 14年6月中間期における地域別売上高は、本土が66.5%、国際が29.0%、香港・マカオ・台湾が4.5%。

 ・ 14年1-9月期業績は2.4%増収、39.7%減益。景気低迷や、高速鉄道との競争激化などから顧客、旅客収入が伸び悩んだ。さらに、人民元安の影響から為替差損が発生、大幅な減益を余儀なくされた。ただし、9月以降、原油価格が急落、燃料コストが大幅に軽減されたこと、福利厚生費を調整したことなどにより、同社は14年12月期の業績について、40〜60%程度の増益になると発表している。

 ・ 燃料コストの大幅安で収益の改善は続く。長期的には一帯一路戦略の進展で、航空需要は拡大へ。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項

  • 本レポートに記載されております株価並びに関連の情報は、現地の情報提供元から得た情報を元に、モーニングスター株式会社が提供しています。本レポートで提供されている情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、本レポートに記載されている情報を利用して損害が生じた場合、当社、その関連会社及び情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.