SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-05-20 06:10:14

マーケット > レポート > 出世株を探せ!新興株ウィークリー >  出世株を探せ! 新興株ウィークリー〜20万円未満で買える配当&株主優待が期待できる「欲張り銘柄」はコレ!?

出世株を探せ! 新興株ウィークリー〜20万円未満で買える配当&株主優待が期待できる「欲張り銘柄」はコレ!?

2019/3/6
投資情報部 長谷川 稔

2月の日経平均株価はじりじりと値を戻し、2万2,000円台目前まで上昇しました。米中通商問題が妥協に向けて前進したことにより、投資マインドがリスクオンに傾いたことが背景でしょう。それを受け、新興銘柄の多くも戻り歩調となっています。

そうした中、3月相場がスタートしました。3月は年度末ということもあり、期末の株価水準が気になる投資家の方も多いと思います。同時に3月決算の銘柄が多いことから、配当や株主優待が話題になる季節でもあります。最近はマスコミ等で「株主優待」が取り上げられることも多く、優待が手厚い銘柄のキャピタルゲインにも注目している投資家もいるのではないでしょうか。

今回の「新興株ウィークリー」では、3/1(金)の「日本株投資戦略」と同様に、新興市場の3月決算銘柄の「株主優待」と「配当」にスポットを当ててみました。また配当はもちろん、「株主優待」ライフを手軽に楽しめるように、小額の投資金額でも権利が取れる、いわば「欲張り銘柄」に絞りこんでみました。皆様の投資のご参考になれば幸いです。

信用取引口座開設

120万円未満で買える高配当&優待期待の「欲張り銘柄」を抽出する

冒頭でご説明したように、今回の「新興株ウィークリー」では、3月決算銘柄に焦点を当てて、株主優待と配当の権利が取れる銘柄をご紹介します。また初心者の方にも「株主優待」ライフを気軽に楽しんでいただくために、最低単位の株数で投資した場合に20万円未満で権利の取れる銘柄に絞り込んでみました。なお、優待銘柄の権利付最終日は今年の場合、ほとんどの銘柄で3/26(火)となりますのでご注意ください。

スクリーニング条件は以下の7点です。
(1)東証マザーズまたはJASDAQの上場銘柄であること
(2)3月決算銘柄で、権利付最終日(3/26)までに株式を購入すれば、株主優待・配当の権利が得られるもの
(3)今期の会社予想経常利益が赤字ではなく、増益であること
(4)第3四半期までの進捗が好調なこと(進捗率が75%を上回っていること)
(5)会社予想(未公表の場合は前期実績)配当利回りが2%以上であること(3/5現在)
(6)最低投資単位(100株)を保有すれば、株主優待の権利を獲得できること
(7)株主優待を獲得するために必要な最低金額が20万円未満(3/5現在)であること

「株主優待」を重視するとはいえ、株式投資であることに変りはなく、損失計上のリスクをすべて回避することはできません。しかし、そんな投資家の方でも、なるべくリスクを抑えて投資できるよう、(4)の条件で第3四半期までの業績が好調な銘柄をチョイスしてみました。

2「新興株ウィークリー」厳選の「欲張り銘柄」はコレ!?

上記の全条件を満たした銘柄が、表1の11銘柄となります。掲載順は、会社予想配当利回りの高い順番に並べています。

このうちの数銘柄について、簡単に事業内容や投資のポイントをまとめてみました。

永大化工(7877);1956年にビニールの押出加工業として設立されました。1975年から現在の主力製品である自動車用フロアマットの生産を開始しています。当時主流だったゴムや塩化ビニールに代わるカーペットタイプのマットを開発しました。現在の主要顧客はホンダ、トヨタ、スズキなどです。自動車向け以外にも住宅資材、家具、家電、半導体関連部材などに幅広く展開しています。今期の業績は新車向け需要の好調で、順調に推移しており2/8(金)に上方修正を行っています。

Eストアー(4304);Eコマース事業者向けの総合支援サービスを行っている会社です。WEBの制作はもちろんWEB店舗の運営や販売促進活動の支援など幅広い事業内容が強みです。近年では日本郵政やヤマト運輸の自宅外受け取りサービスの提供などが注目されます。またベンチャービジネス向けの電子認証事業会社を買収し今期から連結対象としています。

ムロコーポレーション(7264);1953年に設立された独立系の精密プレス加工メーカーです。自動車部品向けが主力ですが、ニッチ分野の加工に特化しているのが特徴です。自動車向け以外にも工具や食品加工(かんきつ類の自動皮むき器)なども手がけています。自動車部品はホンダやトヨタ向けが主力ですが、日系以外の顧客開拓にも意欲的です。

アプライド(3020);九州を地盤とし、西日本を主力に展開するパソコン小売店「アプライド」を運営しています。化粧品や雑貨などの専門店「ハウズ」も展開しています。2020年1月に予定されているWindows 7の延長サポート終了でPCの買い替え需要が今後の追い風となりそうで、注目されます。

表1:「新興株ウィークリー」厳選の「欲張り銘柄」はコレ!?

取引 チャート ポート
フォリオ
コード 銘柄名 株価(円)
3/5(火)
株主優待の権利獲得に必要な最低金額(諸コスト除く)
(3/5株価ベース)
年間予想
配当利回り
(円)
最低投資単位で獲得できる株主優待サービスの概要
現買信買 チャート 追加 7638 NEW ART 30 3,000 3.33% 買物優待カード(マリッジリング15%割引他)
現買信買 チャート 追加 7877 永大化工 1,690 169,000 3.25% クオカード500円相当
現買信買 チャート 追加 3800 ユニリタ 1,708 170,800 3.16% JCBギフトカード2,000円相当
現買信買 チャート 追加 4304 Eストアー 886 88,600 3.16% クオカード500円相当
現買信買 チャート 追加 9625 セレスポ 1,441 144,100 2.91% 抽選で「自社関連イベント・公演など」チケット
現買信買 チャート 追加 8215 銀座山形屋 1,798 179,800 2.78% 株主優待割引券(20%割引)2枚
現買信買 チャート 追加 7264 ムロコーポレーション 1,658 165,800 2.53% 金券500円相当
現買信買 チャート 追加 6249 ゲームカード・ジョイコホールディングス 1,404 140,400 2.49% オリジナルカタログギフト2,000円相当
現買信買 チャート 追加 3020 アプライド 1,630 163,000 2.45% 株主優待ポイント付与(1,000ポイント)
現買信買 チャート 追加 7502 プラザクリエイト本社 332 33,200 2.11% 1,500円相当の自社取扱商品(アルバム等)
現買信買 チャート 追加 9890 マキヤ 740 74,000 2.03% 買物割引券(100円)12枚
  • ※弊社株主優待検索ツール、会社資料等をもとにSBI証券が作成。株主優待の権利獲得に必要な最低株数はすべて100株。株主優待内容は変更されることがあります。また、優待内容は保有株数や保有期間等により、さらに細かく設定されている場合がありますので、詳細は各社WEBサイト等でご確認ください。なお、NEW ARTの株主優待獲得に必要な最低株数は1株ですが、最低売買単位が100株のため、株主優待に必要な最低株数を100株としています。

3【新興市場Now】マザーズ指数は反発局面が継続してきたが・・・

東証マザーズ指数の3/5(火)の終値は943.96と2/26(火)の終値932.61から1.2%の上昇となりました。JASDAQ平均も0.9%の上昇となりました。日経平均の上昇率とほぼ同じでした。NY株式および日経平均株価は、企業業績こそ減速傾向が鮮明になっていますが、底堅く推移しています。米FRB(連邦準備制度理事会)の金融政策に対するスタンスがハト派的なものに変更され、懸案の米中通商問題で妥協が成立するとの期待が高まったことなどにより、投資家のリスク許容度を高めたものと考えられます。

2/26(火)〜3/5(火)のマザーズ市場の個別銘柄では、大手証券会社のアナリストの買い推奨継続でサンバイオ(4592)が大幅に上昇したのが目立ちました。逆に1Q決算が悪かったMTG(7806)は、引き続き下落しました。この他では、ラクスル(4384)が、物流システムの新サービスの提供開始が引き続き材料視され大きく上昇しました。

JASDAQ市場の主要銘柄では、ワークマン(7564)セリア(2782)の上昇が目立ちました。このうち、前者は3/1(金)に公表された2月の月次売上高で既存店売上高が11.9%増と好調だったことが上昇につながりました。

※東証マザーズ指数について:東証マザーズ市場は近い将来東証1部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。マザーズ指数は、マザーズ市場に上場する全銘柄の時価総額加重平均型の指数です。ただし、一部の時価総額の大きい銘柄の影響度が大きい点に注意を要します。ちなみに2月末のマザーズ市場の時価総額に占めるメルカリのシェアは8.2%、ミクシィが5.4%、アンジェスが4.9%、などとなっています。

図1:東証マザーズ指数(日足)

図2:JASDAQ平均(日足)

  • ※図1、図2ともに当社チャートツールを用いてSBI証券が作成。

表2:主要株式指標の騰落率(2/26〜3/5)

指数

終値(3/5)

騰落率

日経平均株価

21,726.28

1.3%

東証マザーズ指数

943.96

1.2%

JASDAQ平均株価

3,487.76

0.9%

表3:主要新興市場銘柄の騰落率(2/26〜3/5)

コード

銘柄

終値(3/5)

騰落率

マザーズ市場の時価総額上位銘柄

 

4385

メルカリ

3,340

2.0%

2121

ミクシィ

2,769

2.9%

3993

PKSHA Technology

5,360

2.3%

4592

サンバイオ

3,260

17.1%

3479

ティーケーピー

3,440

-7.3%

JASDAQ市場の時価総額上位銘柄

 

2702

日本マクドナルドホールディングス

5,080

1.7%

6324

ハーモニック・ドライブ・システムズ

3,765

-4.3%

7564

ワークマン

9,230

17.6%

2782

セリア

3,895

4.3%

6425

ユニバーサルエンターテインメント

3,595

-0.4%

直近上場銘柄・市場で話題の銘柄

 

3967

エルテス

1,986

0.6%

4593

ヘリオス

1,926

4.6%

6572

RPAホールディングス

3,185

-1.1%

4384

ラクスル

4,415

13.1%

6544

ジャパンエレベーターサービスホールディングス

2,197

3.6%

  • ※表2・表3はBloombergデータをもとにSBI証券が作成。騰落率は2/26(火)終値と3/5(火)終値の比較による。時価総額は2月末基準。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 夜間PTS取引で現金が当たる!
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.