SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-05-21 00:27:16

ホーム > ロボアドバイザー(自動運用サービス)の魅力 > WealthNavi(ウェルスナビ)の魅力

WealthNavi(ウェルスナビ)の魅力

THEO+SBI証券」サービス終了のお知らせ

WealthNavi for SBI証券 全自動で、世界レベルの資産運用!
CEO柴山の著書発売中!

新着情報

3分でわかる!動画でみる WealthNavi

預貯金だけの資産形成が難しい「低金利」時代

預貯金だけの資産形成が難しい「低金利」時代。
退職金や年金だけには頼れなくなるこれからは、「投資」などを含めた資産運用によって、働きながら資産を形成していくことが大切と考えられます。

安定的な資産形成

資産運用の王道「長期・積立・分散」投資

資産運用において「リスク」を考えることはとても大切。

リスクを抑えながら、安定的に資産を形成する、有効な方法が、資産運用の王道「長期・積立・分散」投資です。

世界的な実績

世界的にも実績がある「長期・積立・分散」投資。
様々な年金基金でも運用されている実績があります。

*ノルウェー政府年金基金
運用資産が100兆円を超える(2018年12月末時点)世界最大級の年金基金。北海油田から得られる石油や天然ガスの収入を定期的に積み立て、世界中の株式や債券、不動産に幅広く、分散投資しています。1年ごとでみるとマイナスリターンの年もありますが、運用を開始した1998年からの累積でみると大きなプラスのリターンになっています。

従来の資産運用

WealthNaviは、発注から積立、リバランス(資産のバランス調整)、「税金」の最適化まですべて自動で行います。
忙しく働く世代も手間なく分散投資をはじめられます。

WealthNaviの資産運用

手軽にはじめられます

10万円から手軽にはじめられ、手数料は預かり資産の1%(※)のみ。
取引ごとの手数料は必要ありません。

※現金部分を除く、年率・税別。3000万円を超える部分は0.5%(現金部分を除く、年率・税別)

最適なプランを提案します

6つの質問に答えるだけで、あなたがとれるリスクに応じた最適な運用プランとシミュレーションをご提案します。

最短1分!6つの質問に答えるだけ。
あなたに最適な運用プランは?

運用シミュレーション

例えば、あなたがとれるリスクが、5段階中の「3」だった場合。

最初に「100万円」を投資し、毎月「3万円」を「30年間」積み立てると、元本である1,180万円は、50%の確率で約2倍になります。

  • 表示の予測はあくまでシミュレーションであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。
  • 当社モデルにより推計された期待リターンとリスク水準に基づき、将来の資産評価額の分布を予測しています。当社モデルの詳細については「WealthNaviの資産運用アルゴリズム(White Paper)」をご参照ください。
  • 毎月のリターンが正規分布することを前提に計算しています。
  • 運用手数料を引いて計算しています。また、税金控除は計算に含まれていません。
  • 確率は統計的に計算したものであり、その内容の一切を保証するものではありません。
  • WealthNaviのリスク許容度3のポートフォリオ(2017年4月時点)で資産運用した際のシミュレーションです。ポートフォリオの構成は、米国株(VTI)30.6%、日欧株(VEA)21.5%、新興国株(VWO)5.0%、米国債券(AGG)29.1%、金(GLD)8.8%、不動産(IYR)5.0%です。

WealthNaviにすべておまかせ

ひとたび運用をはじめたら、あとはWealthNaviにすべておまかせ。スマホやパソコンで、いつでもどこでも運用状況を確認できます。
資産状況の確認、追加の入金や積立設定もスマホひとつで完結します。

ノーベル賞受賞者が提唱する
理論をベースに資産運用

WealthNaviはノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズムで、リスクの量が同じとなるポートフォリオの中で最も高いリターンが期待できるポートフォリオを自動で構築し、分散投資による資産運用を行います。

長期の資産形成で大切なのは、運用状況に一喜一憂せず、
コツコツと「続ける」こと

「長期・積立・分散」の資産運用は、長期にわたり、運用資金をコツコツ積み立てながら、投資先を世界中のさまざまな資産に分散する手法です。
世界中の資産に分散投資をするので、相場の動きに影響を受けて、運用資産のリターンは短期的にはプラスになったりマイナスになったりします。
しかし、世界経済が中長期的に成長を続ければ、10年、20年といった長期では資産を増やすことができるでしょう。プラスのリターンもマイナスのリターンも受け入れながら、文字通り「長期」でリターンの最大化を図るのが長期投資なのです。

資産運用は「守り」と「攻め」で組み立てるコアサテライト運用

WealthNaviをご利用の方から、「『長期・積立・分散』だけで十分なのでしょうか」「個別株などほかの投資もしてみたい」という声をいただくこともあります。こうした方におすすめしたいのが「コア・サテライト戦略」の考え方です。
ウェルスナビが考える「コア」、つまり核は「長期・積立・分散」の資産運用です。コアを取り囲む「サテライト」、つまり衛星のような存在が、個別株やテーマ投信など、「長期・積立・分散」以外の投資です。
ウェルスナビは、目安として、資産全体の70〜100%をコアの運用とすることをおすすめします。
コア部分は、極端な価格変動を避け、安定的に運用したいところです。
しかし「将来が有望だと思えるテーマ(自動運転、人工知能、オリンピックなど)や国・地域(中国、インド、アフリカなど)に投資し、短期間で大きなリターンを狙いたい」といったニーズもあると思います。
ただ、こうした投資は比較的リスクが高く、短期的に大きな値動きにさらされる可能性もあります。「攻め」の投資となるサテライトの運用は、コア部分とのバランスを考え、資産全体の0〜30%程度に抑えておくことをおすすめします。

個人は「コアだけ」でも十分
個人が資産形成を考えるときは、まずはコア部分で「長期・積立・分散」の資産運用をすることが重要です。仕事やプライベートに忙しかったり、サテライトの運用に興味がない場合、資産運用はコア部分だけで十分でしょう。

コラム(ウェルスナビ社のWEBサイトへ遷移します)

資産運用は「守り」と「攻め」で組み立てる

WealthNaviをご利用の方から、「『長期・積立・分散』だけで十分なのでしょうか」「個別株などほかの投資もしてみたい」という声をいただくこともあります。今回のコラムでは、こうした方におすすめしたい、「コア・サテライト戦略」の考え方をご紹介します。

世界最大級ファンドはどんな資産運用をしている?

世界的にスタンダードな資産運用とはどんなものでしょうか? 今回のコラムでは、世界最大級のファンドがどんな運用をしているのかについて、詳しくご紹介します。 例に挙げるのは、運用する資産が100兆円以上と世界最大級の「ノルウェー政府年金基金」。約600人の資産運用の専門家が運営に携わっています。

WealthNaviは何に投資している?(前編)

ロボアドバイザー「WealthNavi」は、全自動で国際分散投資を行うサービスです。厳選した6〜7つのETF(上場投資信託)を通じ、約50か国1万1000銘柄に投資しています。 WealthNaviにログインし、ポートフォリオ画面を選ぶと、投資している資産の内訳を見ることができます。

よくある質問

Q.どんなポートフォリオを組めばいいかよくわからないのですが?

ポートフォリオの構築にあたっては、資産をどのような比率で組み合わせるかにより、期待されるリターンやリスクの大きさが変わります。
リスクの大きさが同じで期待リターンが異なる組み合わせ(ポートフォリオ)がいくつも存在しますが、その中で最も期待リターンが高いものを選択することが最適と考えられます。
WealthNaviでは、お客様のリスク許容度に合わせてそのような最適なポートフォリオを推奨しています。

閉じる

Q.いつ投資すべきか、タイミングがわかりません

WealthNaviがご提案しているのは、「長期・積立・分散」の資産運用です。
世界中の株式や債券などに分散して投資し、世界経済の成長とともに資産を長期的に増やしていくことを目指します。
短期売買では、為替相場や株式市場の動向を見極めて投資する必要があるものの、「長期・積立・分散」の資産運用では、中長期的な視点から成長を見守るため、入金のタイミングを見極めることで得られるメリットが薄いと考えられます。タイミングを気にして待ちすぎるのではなく、早めに入金を行うことがポイントです。

*「早めの投資」がいいもう一つの理由
長期投資の重要なメリットの一つに、「複利効果」があります。運用によって得られた利益を運用資金に上乗せすることで、いわば「利益が利益を生む」という効果です。
複利効果は運用の初期こそ小さいですが、運用を続けていくうちに加速度的に膨らんでいきます。
下のグラフは、100万円を30年間、毎年5%のリターンで運用したという前提で、毎年得られた利益を翌年の運用資金に加えた場合と、加えずに現金化した場合を比べています。初期はほとんど差がありませんでしたが、途中で差が加速度的に広がり、30年後には182万円もの差となって表れています。

閉じる

ご注意事項

  • 「WealthNavi for SBI証券」の口座開設には、SBI証券総合口座開設が必要です。
  • 当社にインターネット取引口座をお持ちのお客さまがお申し込みいただけます。 法人口座のお客さまは、現在お申し込みいただけません。
  • 当社は、ウェルスナビ株式会社の取引口座(ETFの自動運用口座)開設申込みの紹介、勧誘、および取次ぎ、お客さまとウェルスナビ株式会社との間で締結する投資一任契約の媒介を行い、資産の管理・運用はウェルスナビ株式会社が行います。
  • 海外ETFへ投資を行いますので、預り資産の時価評価額は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。運用による損益はすべてお客さまに帰属します。
  • ウェルスナビ株式会社が提供する一連のサービスに対し、手数料をご負担いただきます。手数料額は日々の時価評価に応じ計算され計算期間中累計されるため、事前に金額または上限を表示することができません。ご負担いただく利用料等およびリスク情報につきましては契約締結前交付書面をご覧ください。
  • 「WealthNavi for SBI証券」は当投資一任契約に基づくものであるため、原則としてお客さまが自ら有価証券の個別の売買注文を行うことはできません。
  • 「WealthNavi for SBI証券」の口座開設手続きや、「WealthNavi for SBI証券」の操作方法、運用に関するご質問は、ウェルスナビ株式会社新しいウィンドウで開きます。へお問い合わせください。
  • 「WealthNavi for SBI証券」の口座開設申込画面までの進み方に関するご質問は、当社へお問い合わせください。

商号等:株式会社SBI証券 金融商品取引業者  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • 成績表

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.