SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-02-24 17:38:10

投資信託 > 新規募集・取扱投資信託

新規募集・取扱投資信託

最近新たに取扱を開始いたしました「投資信託」をご案内しております。ご購入の際は、取引注意事項新しいウィンドウで開きます。を必ずご確認の上、お申し込みください。

金額買付 口数買付 積立買付
アムンディ−アムンディ・ダブルウォッチ

運用方針

日々の基準価額の最高値の90%を「フロア水準」とし、基準価額の下落を「フロア水準」までに抑えた運用を目指します。世界の株式、債券および短期金融資産など、さまざまな資産への資産配分を機動的に変更することにより、基準価額の下落を抑え、安定的な収益の獲得を目指します。

金額買付 口数買付 積立買付
三井住友−グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)

運用方針

世界の上場株式の中から、AI(人工知能)の進化、応用により高い成長が期待される企業の株式に投資を行います。AIテクノロジーの開発のほか、AIの開発に必要なコンピューティング技術、AIを活用したサービス、ソフトウェア・アプリケーションの提供を行う企業や、AIを活用したサービスを駆使して自社ビジネスを成長させる企業等に投資を行います。原則として対円での為替ヘッジを活用し、為替変動リスクの低減を図ります。

金額買付 口数買付 積立買付
日興−グローバル・ロボティクス株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)

運用方針

世界各国の株式の中から主にロボティクス関連企業の株式に投資を行ないます。銘柄選定は、株式のアクティブ運用に注力するラザード社が、徹底した調査に基づき行ないます。年2回、決算を行ない、基準価額水準が1万円(1万口当たり)を超えている場合には、分配対象額の範囲内で積極的に分配を行ないます。外貨建て資産への投資にあたっては、原則として為替ヘッジを行います。

金額買付 口数買付 積立買付
日興−新・ミューズニッチ米国BDCファンド(為替ヘッジなし・毎月分配型)

運用方針

米国の金融商品取引所に上場されているBDC(ビジネス・ディベロップメント・カンパニー)に投資を行い、インカム収益の確保と信託財産の成長を目指して運用を行います。BDCは中堅企業への投融資を行う形態の1つで、収益の90%以上を払い出すことで法人税を実質的に免除されるメリットがあります。為替ヘッジの有無と決算頻度が異なる4つのコースがあります。

金額買付 口数買付 積立買付
キャピタル−CAM ESG日本株ファンド

運用方針

日本の金融取引所に上場する企業の内、ESG(環境対応、社会責任、企業統治)に対する経営目標と態勢整備状況を定量的に分析・評価して、経営力、成長性で優位のある企業に中長期投資を行います。日本でのESG調査のパイオニアであるグッドバンカー社の情報提供を受け、キャピタル アセットマネジメントの独自の財務分析情報を加味した総合評価により投資銘柄を選定します。

金額買付 口数買付 積立買付
朝日ライフ−ハリス グローバル バリュー株ファンド(年4回決算型)

運用方針

日本を除く世界各国の株式にグローバルな視点で投資します。企業訪問を含む企業調査を基本としたボトムアップ・アプローチにより、割安な銘柄を発掘し、厳選投資します。投資銘柄数は30~50銘柄程度に絞り込みます。

金額買付 口数買付 積立買付
大和−米国インフラ・ビルダー株式ファンド(為替ヘッジなし)

運用方針

米国におけるインフラ設備の建設、改修またはメンテナンス、建設素材の生産または輸送などに直接関わる企業の株式に投資します。銘柄選定にあたっては、事業内容、時価総額、流動性等を勘案して投資候補銘柄を選定します。「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の2つのファンドからお選びいただけます。

金額買付 口数買付 積立買付
キャピタル・インターナショナル−キャピタルエマージングストラテジーF Bコース

運用方針

エマージング市場の株式、債券等を実質的な主要投資対象とし、リスク低減を図りつつ、信託財産の中長期的な成長を目指します。エマージング市場の株式や債券を含む広範な投資ユニバースから収益機会を追求します。米ドル売り円買いの為替ヘッジの有無、決算頻度が異なる4コースからお選びいただけます。

金額買付 口数買付 積立買付
あおぞら−あおぞら・世界配当成長株ベガ・ファンド(毎月分配型)

運用方針

日本を含む世界の主要取引所に上場されている、相対的に配当利回りと増配(配当成長)の可能性が高いと判断される株式等に投資を行い、インカムゲインの確保と信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。また株式カバードコール戦略や通貨カバードコール戦略を活用し、オプション・プレミアムの獲得を目指します。

金額買付 口数買付 積立買付
三菱UFJ国際−三菱UFJ 米国バンクローンファンド米ドル円プレミアム(毎月分配型

運用方針

米ドル建てのバンクローン(貸付債権)、公社債等への投資に加えて、円に対する米ドルのコール・オプションの売却によってオプション・プレミアム収入を獲得する、通貨カバード・コール戦略を実質的に活用することにより、利子収益の確保および値上がり益の獲得をめざします。毎月分配型、年2回分配型の2つのファンドからお選びいただけます。

金額買付 口数買付 積立買付
岡三−インカム資産オープン(アジア・オセアニア)

運用方針

日本を除くアジア及びオセアニアに上場している株式及びリート等に投資を行い、配当収入の確保と投資信託財産の中長期的な成長を目指します。投資にあたっては不動産やインフラ関連施設のように賃料等のキャッシュフローを生み出す実物資産を保有・運営する企業の株式およびリート等のうち、相対的に配当利回りの高い銘柄を選定します。

金額買付 口数買付 積立買付
三菱UFJ国際−AI日本株式オープン(絶対収益追求型)

運用方針

わが国の株式に投資を行うと同時に株価指数先物取引等を行い、特定の市場に左右されることなく収益の獲得をめざします。AI(人工知能)のノウハウを活用したモデルを運用に活用します。株式個別銘柄戦略と先物アロケーション戦略の2つを組み合わせることで、絶対収益の追求を目指します。各運用戦略で採用するモデルはファンド全体のリスク・リターンに配慮して選定し、モニタリングと必要な見直し等を定期的に行います。

金額買付 口数買付 積立買付
野村−インデックス・ブレンド(タイプI)

運用方針

国内外(新興国を含む)の株式、債券、不動産投資信託証券(REIT)等に分散投資を行い、信託財産の成長を目的に運用を行います。お客様の投資スタイルに合わせて、リスク性資産への投資比率が異なる5つのファンドから選択が可能です。タイプIのリスク性資産への投資比率の合計は、原則30%を中心とします。

金額買付 口数買付 積立買付
三菱UFJ国際−三菱UFJ/ピムコトータル・リターン・ファンド為替H無毎月決算型

運用方針

世界(新興国を含む)の米ドル建てを中心とする投資適格債券等を投資対象とし、利子収入の確保および値上がり益の獲得をめざします。円買い/米ドル売りを行う米ドル為替ヘッジの有無と決算頻度が異なる4つのコースがあります。

金額買付 口数買付 積立買付
三菱UFJ国際−三菱UFJ東京関連オープン(円投資型)

運用方針

わが国の金融商品取引所に上場している株式および不動産投資信託証券(リート)に投資を行います。東京圏の経済活性化により恩恵を受けると期待される銘柄を選定します。

金額買付 口数買付 積立買付
マニュライフ−US株主還元ファンド(為替ヘッジあり・年1回決算型)

運用方針

株主還元を積極的に行う米国企業に投資します。株主還元においては好水準の配当金・自社株買い・負債の削減に着目し、企業のキャッシュフロー分析を通じて、安定的な収益基盤を持ち、豊富な手元資金を株主還元に活用している米国企業を選別します。原則として為替ヘッジ行います。年1回決算型、年4回決算型の2つのファンドからお選びいただけます。

ご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • 「毎月分配型投資信託」または「通貨選択型投資信託」をお取引する場合、お取引前に必ず「毎月分配型投資信託・通貨選択型投資信託に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。
  • 販売用資料は証券取引法に基づく開示書類ではございません。ご購入に際しましては、当該投資信託の「目論見書」を必ずご一読いただき、商品内容等を十分ご理解いただいた上、ご自身のご判断でお申し込みください。
  • 委託会社の都合により販売用資料が作成されていない場合があります。その場合、当該銘柄の目論見書を掲載しております。
  • 販売用資料は将来の運用成果等を保証するものではございません。
  • 新規取扱ファンドにつきましても、一部を除いて投信マイレージサービスの対象となります。投信マイレージの詳細はこちら。
  • NISA預りをご指定いただけるのは、「金額買付」のみとなります。「口数買付」ではNISA預りをご指定できませんので、あらかじめ、申込単位等でご確認ください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • アムンディ・ダブルウォッチキャンペーン
  • 「動物×とうしん占い」

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.