SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-10-19 01:24:21

投資信託 > モーニングスターによるファンド分類

モーニングスターによるファンド分類

投資方針による分類では、目論見書に定められた投資方針によって分類されるため、そのファンドの運用にあたって、実際に分類通りの運用をしているかどうかが問題となってきます。たとえば、国内株式に投資するという投資方針を定めていても、その後、運用にあたって株式を組入れない場合でも、そのファンドは「国内株式型」として分類されます。つまり、投資方針と懸け離れた運用をしていても一切考慮されないのです。また、分類の見直しが行われることもありません。
そこで、モーニングスターでは投資の実際の内容および数値基準による分類を特徴づけています。このため、モーニングスターはこの根拠となる数値基準を、詳しく公表しています。 たとえば、「国際債券・ハイイールド債」の分類を説明します。この場合、まず過去3年間の投資において、国外の債券に純資産の70%以上投資かつ株式・REIT比率が10%未満でなければなりません。次に、投資している債券の平均格付がB2以下であるファンドが「国際債券・ハイイールド債」に分類されます。
このようにモーニングスターでは、ファンドの投資内容に応じた分類をしていますので、投資家の方々が実際にファンドを選ぶ際のご参考にして頂けると考えています。

ファンド分類

定義

国内株式

国内の株式に純資産の70%以上投資、かつ債券・REIT比率が10%未満となるファンド

国際株式

国外の株式に純資産の70%以上投資、かつ債券・REIT比率が10%未満となるファンド

国内債券

国内の債券に純資産の70%以上投資、かつ株式・REIT比率が10%未満となるファンド

国際債券

国外の債券に純資産の70%以上投資、かつ株式・REIT比率が10%未満となるファンド

国内REIT

国内のREITに純資産の70%以上投資、かつ株式・債券比率が10%未満となるファンド

国際REIT

国外のREITに純資産の70%以上投資、かつ株式・債券比率が10%未満となるファンド

バランス

国内外の株式、債券、REITのいずれかへの投資が純資産の70%未満、または他2分類への投資が純資産の10%以上となるファンド

コモディティ

商品指数との連動を目指すファンド

ヘッジファンド

オルタナティブ戦略をとるファンド

ブル・ベア

特殊運用を行うファンド

その他

他分類に該当しないファンド

分類の詳細はこちら新しいウィンドウで開きます。をご参照ください。(モーニングスター社のWEBサイト)

モーニングスターは、ファンドの過去の運用実績に対して5段階にランク分けして、その評価を「★」の数で表示しています。3年以上の運用実績があるファンドが対象です。
多くの投信評価会社が、モーニングスターと同じように星印を使って評価情報を表示していますが、評価の考え方や計算式は評価会社によって異なります。つまり、星印のもつ意味や重みは、会社によって違うわけです。
モーニングスターの評価では、「★」印によるレーティングに加えて、ファンドの運用スタイルを視覚的に表した「スタイルボックス」なども大きな特徴になっています。わかりやすい記号やマークを多く使うことで、投資の初心者でもファンドの評価についてイメージできるよう、工夫が凝らしてあります。こうした「わかりやすさ」が米国の個人投資家から支持を受けた理由のひとつになっているようです。

モーニングスターの5段階レーティング
モーニングスターのスタイルボックス

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • ポートフォリオの達人

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.