SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-07-02 23:37:35

新型コロナウイルスが金市場に与える影響を考える

提供:SBI証券

新型コロナウイルスの勢いがなお止まらない。金市場への影響は当然気になるところである。まず、マイナス面としては、需要の半分近くを占める宝飾需要が減少することが考えられる。特に宝飾需要の約30%を占め、新型コロナウイルスの震源地でもある中国において、消費者心理の悪化や外出控えによって、宝飾店の売り上げが一時的に大きく落ち込むことは避けられない。また、グローバルベースで経済活動のレベル低下が見込まれるため、産業用需要の一部も減少する可能性が高い。

一方、プラス面としては、新型コロナウイルスの感染拡大によって、株価だけでなく、政治・経済情勢の先行きに対する懸念が高まり、マクロ環境の不確実性が増幅されるため、リスクヘッジやセーフヘブンを求めて、金に目を向ける投資家は増加する。また、短期の価格形成に大きな影響を与えるETFなどの投資需要が旺盛になるのに伴い、金価格が上昇している。実際、ここに来て、金価格は高騰している。

しかし、新型コロナウイルスの押さえ込みに長期間を要する場合、金市場に与える影響はもっと複雑になる。消費者心理の悪化や外出控えに加え、金価格が持続的に上昇した場合、宝飾需要がさらに低迷を深める可能性がある。なぜなら、価格が上昇する局面において、一般的に、消費者は様子見の姿勢を取り、金の購入を一時的に遅らせる行動パターンがしばしば観察されているからである。逆に、金価格が急下落する場面では、消費者は金を前倒しで購入する傾向にありる。したがって、金価格の急上昇は宝飾需要の減少スパイラルを招く恐れがある。また、価格が高止まりした場合、全需要の約10%を占める産業用材料としての金のコスト競争力が低下することも考えられる。

確かに金価格が上昇すると、ETFや中央銀行などからの投資需要がさらに増加する可能性がある。なぜなら、価格が上昇する局面において、一般的に、投資家はモメンタム買いを含め、金の購入を加速させる傾向があるからでにある。逆に、金価格が急下落する場面では、金を売却する投資家が多く存在する。

しかしながら、投資需要は全体の25%ほどしかなく、過半を占める消費者需要の落ち込みを持続的に補うえるには力不足である。したがって、堅調な需要を伴わない金価格の上昇持続力は、自ずと限界があると言わざるを得ない。むしろ、価格が反転するリスクも考えるべきである。

新型コロナウイルスはまだ進行中であるため、現地点で金市場に対する影響の全体像を予測することは困難であるが、2003年に流行したSARSが一つのヒントになる。中国南部で発生したSARSは、約8カ月で終焉を迎え、中国の宝飾需要に10%?15%ほどの落ち込みをもたらしたと推測されている。一方、価格面に対する影響は、最盛期だった2003年第2四半期において、最高で16%、通期では3%ほどの上昇であった。注意すべき点しなといけないのは、当時の中国が世界経済や消費者金需要に占める割合はそれぞれ3%および8%程度しかなく、現在の15%と30%とほど遠い規模であったことである。そのため、中国がグローバル金市場に与える影響は、SARSの時に比べ、遥かに大きくなる可能性がある。新型コロナウイルスの早期収束を願うばかりである。

森田アソシエイツ 森田 隆大(もりた たかひろ)
ニューヨーク大学経営大学院にてMBA取得。1990年にムーディーズ・インベスターズ・サービス本社(ニューヨーク)にシニア・アナリストとして入社。2000年に格付委員会議長を兼務。2002年に日本及び韓国の事業会社格付部門の統括責任者に就任。2010年にワールド・ゴールド・カウンシルに入社、翌年、日本代表に就任。金ファンダメンタルズおよび投資における金の役割に関する調査・研究の提供、および投資家との直接対話を通して、金投資の普及活動に取り組む。
2016年に森田アソシエイツを設立、ワールド・ゴールド・カウンシル顧問を兼務。現在、埼玉学園大学大学院客員教授、特定非営利活動法人NPOフェアレーティング代表理事、MSクレジットリサーチ取締役兼評価委員会議長も兼任。立命館大学金融・法・税務研究センターシニアフェロー、法政大学大学院兼任講師を歴任。

当コラムに関してご留意頂きたい事項

  • 当コラムは投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 当資料に示す意見等は、特に断りのない限り当資料作成日現在の(株)SBI証券の見解です。当資料に示されたコメント等は、当資料作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
  • 本資料は当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、完全性等について保証・約束するものではありません。

ご注意事項

  • 買付時の手数料は、売買代金の2.2%(税込)、売却時の手数料は無料です。
  • 本取引は金・銀・プラチナの価格変動により、投資元本を割り込むことがあります。
  • 本取引は、政治・経済情勢の変化および各国政府の貴金属地金取引への規制等による影響を受けるリスクがあります。
    また、かかるリスクが顕在化した場合、当社の提供するサービスの全部、または一部が変更、停止されるリスクがあります。
  • 本取引は為替相場の変動により損失を被ることがあります。
  • 本取引は、システム機器、通信機器等の故障等、不測の事態による取引の制限が生じるリスクがあります。
  • 本取引は売値(Bid:お客さまが売ることの出来る値段)と買値(Ask:お客さまの買うことのできる値段)の差(スプレッド)があります。
  • スプレッドは固定されるものではなく、需給バランスや、政治・経済情勢の変化にともない、当社の任意で変更いたします。

お客様サイトへログイン

金・銀・プラチナの投資情報

商品・サービスのご案内

  • 森田氏が動画で解説。金・プラチナセミナー【求められる金投資〜その背景を探る〜】
  • 池水氏が動画で解説01。ゴールド・プラチナ投資【意義と目的】
  • 池水氏が動画で解説02。ゴールド・プラチナの【相場変動要因と見通し】

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.