SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-01-20 07:49:08

公的な立場から貴金属の成分を証明する、造幣局の品位証明制度

提供:SBIゴールド

造幣局の品位証明制度について

貴金属の製品を見たとき、成分表示が実物と同じかどうかは最も重要なポイントの1つであり、信頼の礎でもあります。もし製品に表示された成分に偽りがあると、安心して取引できません。

独立行政法人である造幣局は、公的な立場から貴金属製品の成分を証明する「品位証明制度」を設けています。この制度は貴金属製品の一部を切り取り、成分を分析した上で、貴金属が含まれる割合を証明する制度です。

実際に切り取られる製品は、100個あたり1個の割合です。また品位証明は有料で、申請は貴金属製品の製造または販売する業者に限定されます。

成分を分析した結果、貴金属の成分が一定の水準以上に達すると、その製品には日本国旗のマークと含有率などが記載された「ホールマーク」が打刻されます。従って貴金属を現物で持つ形で投資する場合は、ホールマークがついている製品を選ぶことが目安の1つです。

一方で金の場合は、K18や18Kといったカラット表示もよく使われており、なじみのあるものといえます。造幣局では、カラット表示での証明には非対応です。しかしホールマークは造幣局が証明したという点において、高い信頼を得ている点も特徴の1つです。

また貴金属製品といっても、その大きさや形状はさまざまです。これに対応するため、ホールマークには4種類の大きさがあります。これにより製品に適したサイズを選び、打刻できることがメリットです。なおホールマークのデザインは、造幣局のWebサイトをご参照ください。

本記事では金と銀、プラチナとコンビ製品に分けて、品位証明の内容を解説します。

金や銀の場合

金や銀の品位証明試験は、造幣局に提出された製品の一部を選び、切り取る形で行われます。金は0.3g、銀は1gを切り取ります。

成分を分析した結果、貴金属が一定の割合以上含まれることが打刻の主な条件です。金は37.5%以上、銀は80%以上の含有率が必要です。

打刻されるホールマークは日本国旗と菱形との組み合わせで示され、菱形の内部には金や銀の含有率を0.1%単位で示した数字が打刻されます。また以下に示す通り、金は6段階、銀は5段階に数字が分かれます。

・金の含有率(6段階):999、916、750、585、416、375
・銀の含有率(5段階):999、950、925、900、800

例えば以下のような製品の場合、打刻される数字は以下の通りとなります。数字が0.1%単位ということを覚えておけばパーセントへの換算も簡単にできますので、覚えておくと便利です。

・18金やK18: 750
・14金やK14: 585
・純金やK24、純銀: 999

ホールマークの打刻を受けるためには、この他にも条件があります。例えば銀の場合は、製品に銀やSILVERなど、銀製品であることの表示が必須となります。

プラチナやコンビ製品の場合

プラチナの品位証明制度はプラチナ単体と、プラチナと金を接合した「コンビ製品」に分けられます。プラチナは製品から0.3g、コンビ製品はプラチナと金から0.3gずつを切り取った上で分析します。

主なホールマークの打刻条件は、以下の通りです。

・プラチナ単体製品の場合、含有率が85%以上
・コンビ製品の場合、含有率はプラチナ部分が85%以上、かつ金の部分が75%以上

打刻されるホールマークは日本国旗に加えて、その右に貴金属の含有率とプラチナを示す「Pt」の文字が入ります。また含有率は以下の通り、0.1%単位の数字で示されます。

・プラチナ単体製品の含有率(4段階):999、950、900、850
・コンビ製品の含有率(5段階):プラチナ単体製品の4段階(対応する金の含有率は750)に、純金と純プラチナの組み合わせ(両方とも999)

なおプラチナやコンビ製品の品位証明に関しても、この他に条件があります。例えばコンビ製品の場合は、プラチナと金の色が異なることも求められます。

ここまで説明してきた通り、造幣局の品位証明制度は貴金属の成分を証明し、信頼するよりどころとなるものです。もし貴金属の現物に投資される場合は、ホールマークのことも参考にしてください。

当コラムに関してご留意頂きたい事項

  • 当コラムは投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 当資料に示す意見等は、特に断りのない限り当資料作成日現在の株式会社コモデティーインテリジェンスの見解です。当資料に示されたコメント等は、当資料作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
  • 本資料は当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、完全性等について保証・約束するものではありません。

ご注意事項

  • 買付時の手数料は、売買代金の2.16%(税込)、売却時の手数料は無料です。
  • 本取引は金・プラチナの価格変動により、投資元本を割り込むことがあります。
  • 本取引は、政治・経済情勢の変化および各国政府の貴金属地金取引への規制等による影響を受けるリスクがあります。
    また、かかるリスクが顕在化した場合、当社の提供するサービスの全部、または一部が変更、停止されるリスクがあります。
  • 本取引は為替相場の変動により損失を被ることがあります。
  • 本取引は、システム機器、通信機器等の故障等、不測の事態による取引の制限が生じるリスクがあります。
  • 本取引は売値(Bid:お客様が売ることの出来る値段)と買値(Ask:お客様の買うことのできる値段)の差(スプレッド)があります。
  • スプレッドは固定されるものではなく、需給バランスや、政治・経済情勢の変化にともない、当社の任意で変更いたします。

お客様サイトへログイン

金・プラチナ・銀の投資情報

商品・サービスのご案内

  • 森田氏が動画で解説。金・プラチナセミナー【求められる金投資〜その背景を探る〜】
  • 池水氏が動画で解説01。ゴールド・プラチナ投資【意義と目的】
  • 池水氏が動画で解説02。ゴールド・プラチナの【相場変動要因と見通し】

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.