SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-12-08 02:25:02

銀投資のメリット・デメリット

提供:SBIゴールド

銀の特徴

銀は金やプラチナなどとともに、貴金属の1つです。銀は以下のように、さまざまな用途で使われています。

  • 工業用の原料(電子機器や太陽光パネル製造など)
  • 宝飾品や銀器
  • 銀貨
  • 銀地金

なかでも工業用の用途が全体の54.7%と、最も多くなっています。一方で宝飾品と銀器、銀貨と銀地金の需要も、それぞれ2割程度あります。銀はそのまま保管すると黒く変色するため、銀地金で保管する場合は外気に触れないようにするなどの工夫が必要です。

銀は世界中で産出されていますが、以下の3か国で世界の過半数の銀を産出していることが特徴です。

一方、銀はリサイクルシステムも確立している貴金属です。2016年時点では、供給量の14%(4,345トン)はリサイクルされた銀によって賄われています。
また「銀ETF」として、投資の対象にすることも可能です。銀ETFには、「純銀上場信託(現物国内保管型)」と「ETFS銀上場投信」の2種類があります。銀の市場規模は金と比べて小さいため、値動きが激しいことも特徴です。

銀投資のメリット

銀投資には、いくつかのメリットがあります。主なメリットとして、安価なこと、インフレに強いこと、多くの利益を得るチャンスがあることという3点があげられます。

1点目は、銀は安価という点です。過去5年間における銀の価格は、1グラム当たり50円から100円となっています。一方で金の価格は1グラム当たり4,000円から5,000円ですから、銀は金と比べて安価です。金1グラムを購入する金額で、銀ならば50から80グラムを持つことができます。

2点目として、銀はインフレに強いことがあげられます。銀は農産物や原油などの価格に連動する傾向があるため、物価が上がっても資産価値を守りやすいことが特徴です。

3点目は、銀投資は多くの利益を得られる可能性があることです。過去5年間の純銀上場信託(現物国内保管型)のチャートを見ると、1口当たりの価格は4,800円から7,100円の間で変動しています。一方で純金上場信託(現物国内保管型)では3,900円から4,900円の範囲に収まっています。

銀は、金と比べて2倍以上の価格変動がある貴金属です。実際に過去5年間では、半年で30%以上値上がりしたケースもあります。このため安く買って高く売ることにより、大きな利益を得やすい投資対象です。

銀投資のデメリット

銀投資にはデメリットもあります。主なデメリットとして、価格変動が大きいこと、景気の変動を受けやすいこと、産出国の国内事情に影響されることという3点があげられます。

1点目は、銀は価格変動が大きいという点です。大きな利益を得るチャンスがあることはメリットの項目で挙げた通りですが、これを裏返すと大きく値下がりするリスクもあるということになります。実際に過去5年間では、8か月間で2割以上値下がりしたケースもあります。

また銀は投機資金が流入し、買い占めによる暴騰や暴落が起きることもありますから注意が必要です。

2点目として、銀は景気の変動を受けやすいことがあげられます。これは、需要の過半数が工業用に用いられることが理由です。

工業用目的で銀を消費する主な国には、中国、アメリカ、日本、インドの4か国があげられます。これらの国で不況になると工業製品の生産量が減少しますから、銀の需要も減り、銀の価格も下がります。この特徴は、金と対照的です。

3点目として、銀は産出国の国内事情が価格に影響することもあげられます。主な産出国であるメキシコやペルー、中国といった国々は、政治や経済情勢の変動が大きい国です。このため、産出国の国内事情も価格に影響を及ぼす主な要因の1つとなります。

当コラムに関してご留意頂きたい事項

  • 当コラムは投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 当資料に示す意見等は、特に断りのない限り当資料作成日現在の株式会社コモデティーインテリジェンスの見解です。当資料に示されたコメント等は、当資料作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
  • 本資料は当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、完全性等について保証・約束するものではありません。

ご注意事項

  • 買付時の手数料は、売買代金の2.16%(税込)、売却時の手数料は無料です。
  • 本取引は金・プラチナの価格変動により、投資元本を割り込むことがあります。
  • 本取引は、政治・経済情勢の変化および各国政府の貴金属地金取引への規制等による影響を受けるリスクがあります。
    また、かかるリスクが顕在化した場合、当社の提供するサービスの全部、または一部が変更、停止されるリスクがあります。
  • 本取引は為替相場の変動により損失を被ることがあります。
  • 本取引は、システム機器、通信機器等の故障等、不測の事態による取引の制限が生じるリスクがあります。
  • 本取引は売値(Bid:お客様が売ることの出来る値段)と買値(Ask:お客様の買うことのできる値段)の差(スプレッド)があります。
  • スプレッドは固定されるものではなく、需給バランスや、政治・経済情勢の変化にともない、当社の任意で変更いたします。

お客様サイトへログイン

システム障害時の対応

金・銀・プラチナの投資情報

  • 最大5万円!FXキャッシュバックキャンペーン!

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.