SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-12-06 12:26:49

投資信託 > 特集 > <レポート到着>米国で幅広い支持を集めているフィデリティの米国株式ファンド!

<レポート到着>米国で幅広い支持を集めているフィデリティの米国株式ファンド!

2019/5/22

フィデリティ・米国株式ファンド

確定拠出年金発祥の地である米国で、個人年金の運用先として支持を得ている商品が存在します。その商品と同じ運用担当者、投資哲学、運用戦略のファンドが2018年に日本に上陸し、そしてこの度、満を持してSBI証券でも取扱を開始いたします!
米国で生まれ、50年以上の実績を持つ米国株式運用を、皆さまの資産形成に取り入れてみませんか?

<レポート>
“テクノロジー”x“人口動態”が米国経済にもたらすダイナミックな変化

1米国最大規模、50年以上の実績

「フィデリティ・米国株式ファンド」と同様の運用を行なう「フィデリティ・コントラ・ファンド*」は50年以上の実績を有し、その優れた実績から米国で多くの支持を得てきました。その結果、米国のアクティブ・ファンドのうち、単独マネージャーが運用しているファンドで米国最大規模となりました。

幾多の危機を乗り越えた運用実績

当ファンドの運用担当者ウィル・ダノフの運用担当期間における「フィデリティ・コントラ・ファンド*」と米国株式の推移(米ドルベース)

  • *当ファンドの投資対象である「フィデリティ・米国株式マザーファンド」と同様の運用者、投資哲学、運用戦略に基づき運用されているいる米国籍Fidelity®Contrafund®の実績です。日本では販売されておりません。参考情報として提供することのみを目的として掲載しており、「フィデリティ・米国株式ファンド」の運用実績ではありません。
  • ※Refinitiv、FMR Coよりフィデリティ投信作成。
  • ※「フィデリティ・コントラ・ファンド*」は信託報酬控除後の基準価額を使用。米国株式はS&P500種指数のトータル・リターンを使用。「フィデリティ・コントラ・ファンド」および米国株式の価格推移は米ドルベース、期初を100として指数化。
  • ※上記は過去の実績であり、将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • ※期間は現運用担当者が運用を開始した1990年9月末から2018年12月末まで。
  • ※(出所)フィデリティ投信

25年で企業収益(1株当たり利益)が2倍になる と確信できる銘柄を発掘

フィデリティが行う幾多もの企業訪問は、企業の先行きを見抜くだけではなく、世の中の流れを見越すことを可能にします。
新しい時代を切り開く企業、移り行く時代の中で最も成功できる企業を発掘し、市場に先駆けて今後5年で企業収益(1株当たり利益)が2倍になる と確信できる企業に投資しています。
経営者などとの徹底的な直接面談を通じ、業界最高の経営の質と構造的な競合優位性を有する銘柄を今、この時も発掘し続けています。

投資銘柄事例 アルファベット

(Google/グーグル)創業者ラリー・ペイジ氏/セルゲイ・ブリン氏

競合他社との面談を通じて、上場以前から競合がグーグルへ脅威を感じていることを確信。上場と同時に投資開始。

1日10億時間以上の閲覧時間を誇るYouTubeなど、圧倒的な参入障壁がある事業構造と安定的な広告収入。

現在では、約10億人という驚異的なアクティブ利用者を有する7つの商品(グーグルマップ、アンドロイドプラットフォームなど)により高成長を維持し、1,000億米ドル以上の通期売上高を達成。

  • ※FMR Co、Refnitivによりフィデリティ投信作成

参考ファンド*におけるアルファベット(グーグル)株の保有株式数と株価の推移

期間:2004年8月末〜2018年12月末

  • *当ファンドの投資対象である「フィデリティ・米国株式マザーファンド」と同様の運用者、投資哲学、運用戦略に基づき運用されているいる米国籍Fidelity®Contrafund®の実績です。日本では販売されておりません。参考情報として提供することのみを目的として掲載しており、「フィデリティ・米国株式ファンド」の運用実績ではありません。
  • ※掲載されている個別の銘柄、企業名について、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨もしくはフィデリティの投資判断やファンドでの保有を示唆、保証するものではありません。
  • ※上記は過去の実績であり、将来の傾向、数値等を保証もしくは示唆するものではありません。
  • ※(出所)フィデリティ投信

3世界有数のポートフォリオマネージャーを輩出

当ファンドの運用委託先であるフィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ・カンパニー(FMR Co)は豊富なファンドのラインアップを提供する世界有数の運用会社です。70年以上、一貫した運用哲学である“ボトム・アップ・アプローチ”により銘柄を厳選するアクティブ運用に定評があり、ピーター・リンチをはじめとして、優れたポートフォリオ・マネージャーを多数輩出しています。

運用担当者(ウィル・ダノフ)のご紹介

フィデリティ・インベストメンツ
運用担当者 ウィル・ダノフ

ウィル・ダノフは自ら約1,200社(年間)、5年累計6,000社の企業面談を実施。詳細な調査を積み上げる「ボトム・アップ・アプローチ」の手法を受け継ぎ、長期にわたって優れた運用実績を実現しています。
ダノフ自身、30年以上の運用経験を持ち、優れた運用実績から米国で最も尊敬されるポートフォリオ・マネージャーの一人として注目されています。

  • 1982年 ハーバード大学B.A.
  • 1986年 ペンシルバニア大学ウォートン校M.B.A
  • 1986年 フィデリティ・インベストメンツ

以降、計6ファンドの運用に携わる

  • ※1989年〜1990年には、ピーター・リンチが運用担当者を務めるフィデリティ・マゼラン・ファンドのアシスタント運用担当者を務める。
  • ※現在はフィデリティ・コントラ・ファンドを含む3ファンドを担当。
  • ※(出所)フィデリティ投信

ダノフへの手紙(Dear Mr.Danoff)

ご注意事項

  • 「毎月分配型」「隔月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月または隔月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.