SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-10-19 23:47:56

投資信託 > 特集 >  アセットマネジメントOne「厳選ジャパン」新規設定、20銘柄程度に厳選投資し「顔の見える」情報開示を徹底

【モーニングスターファンドニュース】アセットマネジメントOne「厳選ジャパン」新規設定、20銘柄程度に厳選投資し「顔の見える」情報開示を徹底

2017/10/11
提供:モーニングスター

  •  アセットマネジメントOneは9月29日にSBI証券向けの専用ファンド「厳選ジャパン」を設定した。国内上場企業3600社の中から、20銘柄程度に絞り込んで投資する集中投資型のファンド。従来にない運用情報の開示を行って「顔の見えるファンド」にするという。同ファンドの運用を担当する岩谷渉平氏、関口智信氏、石塚浩一氏に聞いた。

One-厳選ジャパン

カテゴリ:国内株式   ノーロードINT

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定
「顔が見える投信」で話題! SBI証券限定ファンド 「厳選ジャパン」 の魅力とは?!

――「厳選ジャパン」の投資哲学は? どういう人に持ってもらいたい?

【岩谷】社会の課題解決を先導する企業を支援するという立場で投資をする。変革は一朝一夕ではできない。“課題先進国”といえる日本には、課題解決のチャンスは多い。短期的なボラティリティ(価格変動)に耐えられる骨太の投資をご検討いただきたい。

【関口】投資期間が長く取れる方ばかりでなく、日本株にインデックスファンドで投資しておられる方にも、インデックスと異なる銘柄群で構成されたファンドとして分散投資の対象になると思う。

――ファンドの特徴は?

【岩谷】20銘柄程度に絞り込んで投資するため、投資リスクは高く、ファンドの価格変動は、経験したことがないほど大きくなるかもしれない。

しかし、投資先のミッション、将来展望や現状について運用チームと同じ目線で投資に臨むことで、幾多の困難をともに乗り越え、最終的には投資のリターンを味わっていただけるのではないかと考えた。受益者の方々にも、セイム・ボート(同じ舟)に乗って運用者、経営者とともに未来を切り拓くことがリターンにつながると考えた。

私がファンドを代表して受益者の方々とのコミュニケーションを担う。銘柄選定などの運用実務は関口が担当し、アナリストとして企業分析や投資銘柄レポートなどを担うのが石塚という3人が中心になって運用に当たる。石塚のレポートは、これまでの月報とは一線を画し、1人の投資家としての目線で執筆される。受益者限定でお送りするレポートとして、重要なコミュニケーションツールのひとつになる。

【石塚】20銘柄程度に絞り込むので、投資企業の1社1社の手触り感がある。バフェット的というか、会社そのものを買うという視点で納得感の高い投資を経験いただけると思う。ベンチマークや他のファンドと運用成績を競わず、3年、5年という長期で運用する。共感を持って投資を続けていただけるよう、情報発信に努めたい。

【岩谷】受益者の方々を対象としたスモールミーティングや投資先企業の見学会なども企画する。資産形成の時代といわれ、より長期にわたる投資を運用会社としてサポートしていきたいという思いが、このファンドに込められている。

――岩谷さんが担当した「DIAM新興市場日本株ファンド」は設定から10年で10倍になった。このファンドとの違いは?

【岩谷】「新興市場日本株ファンド」は、「新興市場」に投資することが大きな目的としてあったので、大型株には投資しない、東証マザーズやJASDAQ上場銘柄に投資するなど制約条件があった。「厳選ジャパン」は、様々な制約を取り払って、純粋に日本の抱える課題を解決して成長を遂げる企業を選び抜く。

――投資先企業の見学会などの取り組みは独立系の運用会社にもあるが、違いは?

【岩谷】50兆円以上の資産を運用する当社には、日本株のファンドマネジャーだけでも60名程度が在籍している。公募投信向けの戦略運用グループで日本株の担当チームは16.5人。社内のリソースはフル活用し、企業調査やマクロ分析などの面で、運用力の底力をお示ししたいと思う。

【関口】中小型株にも投資を行い、厳選(集中)投資を行うというのが珍しいと思う。当チームでは中小型株や新興企業の成長株投資に強みがあると考えていて、当ファンドではその強みを活かしつつ、さらに厳選投資を行う。


当チームでは、ファンドのコンセプトにあった運用を受益者様に提供できるよう、ファンドごとに適正な運用額を意識している。このファンドの集中投資やコミュニケーションといったコンセプトに共感してくださる受益者に精一杯報いたいが、それが守れないと判断すれば、販売を停止するという措置もあるかと思う。

――日本株投資の魅力とは?

【岩谷】産業の新陳代謝が起こる限り、日本株でも投資チャンスはある。中小型株をやっていると、景気変動とは関係なくその時代のヒーローが生まれるのを見る。株価にボラティリティはあるが、ファンダメンタルズをしっかりみながらユニバースとしてチェックする。そして、今株価が旬な銘柄に積極的に投資するというスタイルは、受益者の資産形成にお役に立てるのではないかと思う。

One-厳選ジャパン

カテゴリ:国内株式   ノーロードINT

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。

当ページの掲載情報に関するご留意事項

  • 当ページの情報は、情報提供を目的として、アセットマネジメントOne株式会社とモーニングスターの対談内容を元に作成したものです。
  • 内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。
  • 当ページで示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資結果を示唆、保証あるいは約束するものではありません。
  • 今後の見通しや分析結果等が含まれる場合、当該見通しや分析結果等は、作成時点の考えに基づくものであり、市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があり、またこれらは将来の投資結果を示唆、保証あるいは約束するものではありません。

ご注意事項

  • 「毎月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • ポートフォリオの達人

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.