SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-23 21:35:09

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “相場の鍵を握るAI、 その波を取り込もう!”

“相場の鍵を握るAI、 その波を取り込もう!”

2019/7/17
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘、増渕 透吾

“相場の鍵を握るAI、 その波を取り込もう!”

  • 米国株式市場は、7/5発表の雇用統計で後退したかに見えた「利下げ期待」が、7/10-11のパウエル議長による議会証言で復活した。NYダウが7/11に節目の27,000ドルを突破し、余勢を駆って7/12には27,300ドルを超えて引けた。2018/1の高値26,616ドルと2019/10の高値26,951ドルを結ぶ上値抵抗ラインに達し、「青天井の真空地帯入りか?」と期待したくなるところかも知れない。
  • しかし、米国債市場の反応を見ると「利下げ期待」とは裏腹に、10年物利回りが7/3の1.95%から7/11には2.12%に17ベーシス上昇した。長期金利上昇自体は景気の堅調さを表す限りにおいては株価にプラスの面もあるが、利下げを期待して買われている現状からすれば矛盾を孕んだ株価高騰のように見える。この点に関しては、2年物利回りが7/3の1.76%から7/11の1.87%まで11ベーシスの上昇にとどまって長短利回りスプレッドが拡大していることから、「米国景気は基本的に堅調だが、米中貿易摩擦などのリスクや物価上昇率の伸び鈍化への予防的対応としての利下げによって、景気拡大は維持される」というシナリオに株式市場がベット(賭け)しているように見受けられる。
  • その一方で、7/10に更新されたアトランタ連銀の「GDP Now」では、2019年2Q(4-6月)の米国GDP予想が前四半期比1.4%増(年率換算)に落ち込み、7/12に更新されたファクトセットの「Earnings Insight」では、2019年2QのS&P500株価指数ベースの予想利益が前年同期比3.0%減と2016年2Q以来3年ぶりのマイナスとなった。しかも2019/3末の同0.5%減予想から減少幅が拡大した。米国株価指数の最高値更新はファンダメンタルズ面の悪化と相反している面があり、高値更新の持続力に疑問符を付けざるを得ないだろう。
  • 需給面では、低金利が資金調達需要を喚起し、設備投資や住宅投資以外にも、M&A資金として企業の外部成長、あるいは自社株買い資金としてROEの向上に資することを通じて株価上昇を後押しする可能性は考えられよう。
  • いずれにせよ、今や株式市場にもAIによる機械学習やディープラーニングの波が押し寄せ、それを使いこなすヘッジファンドが主導権を握りつつあるのが現状であり、その代表格がジェームズ・シモンズ率いるルネッサンス・テクノロジーズだろうか。勝ち組ヘッジファンドに振り回されるよりは、そのAI投資を支える最新テクノロジー動向への感度を高めてAI関連銘柄に投資チャンスを見出し、銘柄選択の参考として取り込むのも賢明なのかも知れない。(笹木)
  • 7/17号では、シエナ(CIEN)ファクトセット・リサーチ・システムズ(FDS)コーニング(GLW)エヌビディア(NVDA)ペプシコ(PEP)トゥイリオ(TWLO)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(7/5現在)

主要企業の決算発表予定

7月16日(火)ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、ファースト・リパブリック・バンク、プロロジス、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー、ゴールドマン・サックス・グループ、ウェルズ・ファーゴ、ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス、CSX、シンタス
7月17日(水)コメリカ、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ、バンク・オブ・アメリカ、プログレッシブ・コープ、テキストロン、USバンコープ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、イーベイ、アボットラボラトリーズ、オムニコム・グループ、ネットフリックス、ユナイテッド・レンタルズ、SLグリーン・リアルティ、クラウン・キャッスル・インターナショナル、IBM
7月18日(木) BB&T、ダナハー、インテュイティブサージカル、ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル、ユニオン・パシフィック、サントラスト・バンクス、アライアンス・データ・システムズ、ジェニュイン・パーツ、PPGインダストリーズ、M&Tバンク、ハネウェルインターナショナル、ユナイテッドヘルス・グループ、スナップオン、ニューコア、ドーバー、フィリップ・モリス・インターナショナル、モルガン・スタンレー、キャピタル・ワン・ファイナンシャル、Eトレード・ファイナンシャル、マイクロソフト
7月19日(金)シチズンズ・フィナンシャル・グループ、ブラックロック、カンザスシティー・サザン、リージョンズ・ファイナンシャル、シンクロニー・ファイナンシャル、シュルンベルジェ、アメリカン・エキスプレス、ステート・ストリート
7月22日(月)ハリバートン、ケイデンス・デザイン・システムズ、セラニーズ、ZBナショナル・アソシエーション

主要イベントの予定

7月17日(水)
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック)、米住宅着工件数(6月)
  • 米モラー元特別検察官、下院司法・情報特別委員会で証言
  • フェイスブック関係者、米下院金融委員会の仮想通貨計画巡る公聴会で証言
  • 先進7ヵ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議(フランス・シャンティイ、18日まで)
  • 欧州新車販売台数(6月)、ユーロ圏CPI(6月)、英CPI(6月)
7月18日(木)
  • 米アトランタ連銀総裁講演、米ニューヨーク連銀総裁講演
  • 米新規失業保険申請件数(7月13日終了週)、米景気先行指標総合指数(6月)
7月19日(金)
  • 米セントルイス連銀総裁講演、米ボストン連銀総裁パネル討論参加
  • 米ミシガン大学消費者マインド指数(7月)
7月22日(月)
  • シカゴ連銀全米活動指数(6月)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

シエナ(CIEN)市場:NYSE ・・・2019/8/29に2019/10期3Q(5-7月)の決算発表を予定

  • 1992年設立。通信ネットワークのプラットフォーム、サービスおよびソフトウェアを開発・提供し、顧客の動画・音声のデータ伝送に関するアクセスやスイッチング、データ収集を管理・サポートする。
  • 6/6発表の2019/10期2Q(2-4月)は、売上高が前年同期比18.5%増の8.65億USD、営業利益が同2.5倍の8,032万USD、純利益が同3.8倍の5,273万USD。SDN(ソフトウェアにより柔軟に定義されたネットワーク)事業に係る「ブループラネット自動化ソフトウェア・サービス」収入が同5.4倍増だった。
  • 2019/10通期会社計画は、売上高が前期比13-14%増、Non-GAAPの粗利益率が前期の42.5%と同水準の同42-43%。5G通信への設備投資では光ファイバーネットワークの根幹を駆動する部分で同社製品の需要が増すこと、および米国によるファーウェイへの制裁により、アジア・欧州でも光ネットワークのシェアを伸ばす可能性があるものと見込まれ、追い風が吹きやすくなろう。(笹木)

ファクトセット・リサーチ・システムズ(FDS)市場:NYSE ・・・2019/9/24に2019/8通期の決算発表予定

  • 1978年設立。複数の情報ベンダーからのデータをまとめて最新の技術を通じて加工されたコンテンツ・分析、および金融情報をオンライン配信などで金融の専門家・投資家に対して提供する。
  • 6/25発表の2019/8期3Q(3-5月)は、売上高が前年同期比7.2%増の3.64億USD、営業利益が同25.7%増の1.17億USD、純利益が同23.4%増の9,226万USD。分析・コンテンツ・技術およびウエルス・マネジメントの両ソリューション収入が拡大し、営業利益率も同4.8ポイント上昇の32.2%だった。
  • 2019/8通期会社計画は、売上高が前期比5.2-6.7%増の14.20-14.40億USD、営業利益率が前期の27.1%を上回る30.0-30.5%である。投資の世界にもAIを使った機械学習・ディープラーニングの波が押し寄せる中で、同社が関わって入力・分析・加工されるデータの価値がより一層高まると期待される。「自社株買戻しプログラム」に沿った自社株買いに積極的な点も要注目である。(笹木)

コーニング(GLW)市場:NYSE ・・・2019/7/30に2019/12期2Q(4-6月)の決算発表予定

  • 1851年創業。世界最大級のガラス製品メーカーであり、主力製品は液晶ディスプレイ用ガラスパネル、光通信の光ファーバー、排出物制御用のセラミック基板・フィルター製品などである。
  • 4/30発表の2019/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比12.5%増の28.12億USD、純利益が為替リスクヘッジ契約に係る値洗い益の計上から同前年同期の▲5.89億USDから4.99億USDの黒字転換だが、Non-GAAPの純利益でも全事業の好調さを反映して同22.1%増の3.65億USDだった。
  • 2019/12通期以降に向けて、同社は光ファイバー・ケーブル、10.5世代ディスプレイ用ガラス、ガソリン微粒子除去フィルター、および携帯デバイスや自動車向けの「ゴリラガラス」のような多機能製品開発プロジェクトへの積極投資を継続する計画である。5G用のスマホは金属と異なり電波を通す素材であることが必要であり、傷つきにくく割れにくいゴリラガラスの普及が期待される。(笹木)

エヌビディア(NVDA)市場:NASDAQ ・・・2019/8/15に2020/1期2Q(5-7月)の決算発表を予定

  • 1993年に設立。コンピュータの高速リアルタイム画像処理に特化したプロセッサであり、AIによる機械学習やディープラーニングに不可欠な半導体チップであるGPUの開発・販売を行う。
  • 5/16発表の2020/1期1Q(2-4月)は、売上高が前年同期比30.8%減の22.20億USD、純利益が同68.3%減の3.94億USD。売上高は、ゲーム用が前四半期比で持ち直したが、市場が注目するデータセンター用が前年同期比10%減、暗号資産向けマイニングに係るOEMが同74%減となった。
  • 2020/1期2Q(5-7月)会社計画は、売上高が24.99-26.01億USD、粗利益率が58.7-59.7%。データセンター用は米中摩擦の影響で中国クラウド事業会社が支出を停止する懸念があるが、共同開発先の任天堂(7974)が年末商戦向けに「Nintendo Switch Lite」の9/20販売開始を発表。ゲーム用の今後の伸びが期待できる。暗号資産の人気が回復基調にあることも追い風になると期待。(笹木)

ペプシコ(PEP)市場:NASDAQ ・・・2019/10/8に2019/12期3Q(7-9月)発表予定

  • 1919年に設立した世界的な飲料・食品メーカー。「フリトレー」や「ゲータレード」、「ペプシコーラ」「クエーカー」、「トロピカーナ」などのブランドを展開。200以上の国・地域で製品を提供している。
  • 7/9発表の2019/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比2.2%増の164.49億USD、純利益が同11.8%増の20.35億USD。セグメント別売上高では、北米のフリトレーが同4.5%増と伸びたほか、北米のクェーカー、北米のペプシコーラ、およびラテンアメリカも同2.3-2.5%増と堅調だった。
  • 2019/12通期会社計画は、為替変動やコモディティ価格の変動の影響を除くベースで、本源的売上高が前期比4%増、コアEPSが同1%減、営業CFが90億USD、フリーCFが50億USD、資本的支出が45億USDと4/17発表時と変わらず。株主還元は50億USDの配当と30億USDの自社株買いを計画。炭酸飲料市場に逆風が吹く中でスナック菓子などの食品市場にシフトする戦略に期待。(笹木)

トゥイリオ(TWLO)市場:NYSE ・・・2019/8/6に2019/12期2Q(4-6月)発表予定

  • 2008年設立。企業のWeb開発者向けに、電話・IP音声通信・テキストメッセージをWeb・モバイル・電話アプリに統合するクラウド・コンピューティング・プラットフォームを提供するソフトウェア会社。
  • 4/30発表の2019/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比80.6%増の2.33億USD、営業利益が前年同期の▲2,425万USDから▲8,758万USDに赤字幅拡大だが、Non-GAAPの営業利益では同▲470万USDから340万USDへ黒字転換。稼働口座数が前年同期比2.9倍となるなど成長が加速した。
  • 2019/12通期会社計画は、売上高が11.02-11.11億USD(2/12時点:10.65-10.77億USD)、Non-GAAPの営業利益が500-800万USD(2/12時点:400-800万USD)と業績予想を上方修正。SendGrid(クラウドベースのメール配信サービスに係るSaaS企業)の買収が成長の加速化に寄与。既存サービスにメール配信技術が加わることにより、システム開発者の利便性が大いに高まろう。(笹木)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.