SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-27 05:10:24

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “王者FAANGへの挑戦状〜追う者の強み”

“王者FAANGへの挑戦状〜追う者の強み”

2019/4/23
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘、増渕 透吾

“王者FAANGへの挑戦状〜追う者の強み”

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(4/18現在)

主要企業の決算発表予定

4月23日(火)ネクステラ・エナジー、コカ・コーラユナイテッド・テクノロジーズプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、ロッキード・マーチン、ベライゾン・コミュニケーションズ
4月24日(水) AT&Tバイオジェンボーイング、ゼネラル・ダイナミクス、キャタピラーマイクロソフトフェイスブック、ペイパル・ホールディングス、ビザ
4月25日(木)アッヴィ、ユナイテッド・パーセル・サービ(UPS)、レイセオン、コムキャストブリストル・マイヤーズ・スクイブ3M、アルトリア・グループ、フォード・モーターインテル、キャピタル・ワン・ファイナンシャル、スターバックスアマゾン・ドット・コム
4月26日(金)コルゲート・パルモリーブエクソンモービルシェブロン

主要イベントの予定

4月22日(月)
  • 欧州、香港休場
  • 中古住宅販売件数 (3月)
4月23日(火)
  • FHFA住宅価格指数 (2月)新築住宅販売件数 (3月)
  • ユーロ圏消費者信頼感指数 (4月、速報値)
4月25日(木)
  • 中国、一帯一路フォーラム(27日まで、北京)
  • 耐久財受注 (3月、速報値) 、製造業受注 (3月、速報値)、新規失業保険申請件数 (20日終了週)
4月26日(金)
  • ロシア中銀、政策金利発表
  • GDP (1Q、速報値)、ミシガン大学消費者マインド指数 (4月、確定値)
4月27日(土)
  • 中国工業利益 (3月)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

Eトレード・ファイナンシャル(ETFC)市場:NASDAQ ・・・2019/7/19に2019/12期2Q(4-6月)決算発表を予定

  • 1982年に「TradePlus」として設立。オンライン証券取引仲介業を主な業務とするが、顧客チャネルをリテール部門、企業向けサービス部門、アドバイザリー・サービス部門に再構成した。
  • 4/17発表の2019/12期1Q(1-3月)は、総収益が前年同期比6.6%増の7.55億USD、純利益が同14.9%増の2.70億USD。3月末時点で、リテール口座が前年同期比29%増、企業向けサービス口座が同19%増、アドバイザリー・サービス口座が前年同期の0件から15万件に増加したことが奏功。
  • 2019/12通期市場予想は、総収益が前期比0.1%減の30.19億USD、当期利益は同1.2%増の259.79億USD。リテール顧客向けプラットフォーム改善に加えて、2019/12期1Qに買収した株式サービス業者の「ストック・プラン」管理サービス、および高付加価値を求める顧客向けアドバイザリー・サービスの一層の進展により、売上高利益率の上昇を伴う業績拡大を期待できよう。(笹木)

キャノピー・グロース(CGC)市場:NYSE ・・・2019/6/19に2019/3期4Q(1-3月)の決算発表を予定

  • 2012年に設立したカナダの医療用大麻・産業用ヘンプの製造業者。乾燥大麻、ヘンプ・オイル、ソフトジェルカプセルなど、幅広い大麻製品を手掛けている。5大陸にわたる12ヵ国で事業を展開。
  • 2/14発表の2019/3期3Q(10-12月)は、売上高が前年同期比3.8倍の8,304万CAD、純利益が同42.7倍の6,758万CAD。売上高は市場予想の7,870万CADを上回った。10月にカナダで嗜好用大麻の所持・使用が解禁されたことで、販売数量が増えた。金融負債の公正価値低下も増益に寄与。
  • 2019/3通期市場予想は、売上高が前期比49.9%増の2.32億CAD、当期利益が▲3.98億CADと前期の▲4.84CADから赤字幅縮小。同社は4/18、米国の大麻事業者Acreage Holdingsを3.00億USDで買収することで合意したと発表。Acreage Holdingsは人口規模で約1億8,000万にあたる米国20州で大麻関連事業の営業ライセンスを保有する。ライセンスを持つ州の数では米国で最大。(増渕)

ハネウェルインターナショナル(HON)市場:NYSE ・・・2019/7/19に2019/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定

  • 1885年にサーモスタットを発明したアルバート・バッツが創業。航空宇宙事業、ビルディング制御技術事業、先進原材料の開発・製造・加工技術事業、安全・生産性ソリューション事業から成る。
  • 4/18発表の2019/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比14.5%減の88.84億USD、純利益が同1.6%減の14.16億USDだが、交通システム事業、および住宅・グローバル空調制御事業のスピンオフなどを控除した調整後売上高は同6%増、同売上高営業利益率は前年同期の16.6%から18.5%に上昇、調整後EPSは同13%増の1.92USD。調整後売上高は全ての事業で同5%以上増だった。
  • 2019/12通期会社計画は、調整後売上高伸び率が前期比3-6%増(前回発表時2-5%)、調整後EPS伸び率が前期比7-10%増(前回発表時6-10%)に上方修正。マージン上昇は、「ソフトウエア・インダストリアル・カンパニー」への転換戦略が順調であることを示すものと言えよう。(笹木)

ペプシコ(PEP)市場:NASDAQ ・・・2019/7/2に2019/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定

  • 1919年に設立した世界的な飲料・食品メーカー。「フリトレー」や「ゲータレード」、「ペプシコーラ」「クエーカー」、「トロピカーナ」などのブランドを展開。200以上の国・地域で製品を提供している。
  • 4/17発表の2019/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比2.6%増の128.84億USD、純利益が同5.2%増の14.13億USD。北米でフリトレーが伸長したほかラテンアメリカ、アジア・中東などでの事業が進展し、本源的売上高が同5.2%増。調整後EPSは0.97USDと市場予想の0.91USDを上回った。
  • 通期会社計画は、為替変動やコモディティー価格の変動の影響を除くベースで、本源的売上高が前期比4%増、コアEPSが同1%減、営業CFが90億USD(前期実績:94.15億USD)、フリーCFが50億USD(同:76.31億USD)、資本的支出が45億USD(同:32.82億USD)。前期の資産売却や再フランチャイズ化の反動や実効税率の上昇、事業強化に向けた追加投資などの影響を見込む。(増渕)

ユナイテッド・コンチネンタルHD(UAL)市場:NASDAQ ・・・2019/7/16に2019/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定

  • 1968年設立した持株会社でユナイテッド航空の完全親会社。本拠はイリノイ州シカゴ。北米、アジア太平洋、欧州、中東、中南米などに就航しており、世界で最も包括的なネットワークを形成する。
  • 4/16発表の2019/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比6.2%増の95.89億USD、純利益が同2.0倍の2.92億USD。調整後EPSは1.15USDと市場予想の0.95USDを上回った。1Qとして有償旅客者数は過去最高を更新。特別項目を除くベースの税引前利益率は4.1%と前年同期から2.1pt改善。
  • 2019/12通期会社計画は、調整後EPSが10-12USD(前期実績:9.13USD)と4Q発表時の見通しを据え置き。市場予想は11.02USDだった。4/16に新たに発表した2020/12通期会社計画は、調整後EPSが11-13USD。市場予想は12.02USD。1Qは記録的な寒波が直撃したものの、主要路線の定時運航率は米国の航空会社で2番目に高い水準を達成。稼働・運営状況は良好といえよう。(増渕)

ユナイテッド・レンタルズ(URI)市場:NYSE ・・・2019/7/17に2019/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定

  • 1997年設立。世界最大の建機・産業機械レンタル会社で、高所作業車やトレンチ・ショアリング機械、発電機、ポンプなど約3,400種類の機械を提供する。米国49州、カナダ10州で事業を展開。
  • 4/17発表の2019/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比22.1%増の21.17億USD、純利益は同4.4%減の1.75億USD。債券発行やBlueLineの買収などにより、金利費用の増加が重荷となった。調整後EBITDAは同18.1%増の9.21億USD。調整後EPSは3.31USDと市場予想の3.02USDを上回った。
  • 通期計画は、売上高が91.5-95.5億USD(前期実績:80.47億USD)、調整後EBITDAが43.5-45.5億USD(同:38.63億USD)、営業CFが25.5-32.0億USD(同28.53億USD)、フリーCFが13-15億USD(同:13.34億USD)。4Q発表時の見通しを据え置いた。同社によると、米国の機器レンタル市場は2009年より年平均6.6%成長しており、建築着工数も少なくとも2020年までは成長が見込まれる。(増渕)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.