SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 20:07:46

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “ハイテク株急落で短期的に調整?”

“ハイテク株急落で短期的に調整?”

2018/7/31
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、増渕 透吾

“ハイテク株急落で短期的に調整?”

  • フェイスブック(FB)の株価は、売上高が市場予想を下回った2018/12期2Q(4-6月)の決算発表後急落となった。7/25の引け後、ザッカーバーグCEOは、「堅調な四半期」、傘下の写真共有サイト、インスタグラムは「素晴らしい成功」と同社傘下に入り2倍のペースで成長しているとコメント。しかし、ウェーナーCFOの発言を受け投資家の懸念が高まり時間外で株価は一時24%の下落となった。
    欧州での広告収入が5月に施行された「一般データ保護規制(GDPR)」の影響を受け、世界で最も減速していることを明らかにした。売上高全体の伸び鈍化は、2Qだけでなく、3Q(7-9月)、4Q(10-12月)も続くとの見通しを示した。インスタグラムの「ストーリー」など新たな広告フォーマットは、フェイスブックやインスタグラムのフィード上で表示される広告と同程度の収入は得られていない模様。さらに、セキュリティー対策強化に絡む投資により、営業利益率は今後数年に現在の約44%から30%台半ばに低下するとの見方を示した。欧州のGDPRについて、まだ全ての影響を織り込んでいないとコメントしている。
  • 7/27にはツイッター(TWTR)が2Q(4-6月)決算で、月間アクティブユーザー数が3億3,500万人と、市場予想の前四半期比100万人増に対して同100万人減と発表。テロ行為を称賛するなど利用規約に違反したアカウントを閉鎖する取り組みを強化し、不審なアカウントの削除を進め、プライバシー保護対策などを含めたアカウントの閉鎖数は2Qに300万超に上った。ユーザー数は今後も減少し続ける可能性があるとし、株価は前日比21%もの急落となった。これらの影響がハイテク株全般に広がり、相場を押し下げた。ただ、個別要因であり、2Qは全般に好決算が続いており、強いGDPなど良好な景気指標が確認されている。相場の調整は一時的と見て、連れ安の好業績銘柄は投資の好機と捉えたい。
    また、米欧は貿易を巡る協議を進めていく間は関税を導入しないことで合意。EUが米国産のLNGと大豆輸入を拡大し、自動車を除く工業製品の関税を双方ともに引き下げる。最終的には自動車も関税撤廃の対象との見通しも浮上している。米欧貿易交渉は、9月をめどに初会合が開催され、11月末に検討結果が報告される見通しで、米欧貿易戦争は11月の米中間選挙後まで停戦状態になる可能性が高まった。懸念後退が、相場の下支えとなりそうだ。(庵原)
  • 7/31号ではアラガン(AGN)アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)アマゾン・ドット・コム(AMZN)エクスペディア・G(EXPE)ロッキード・マーチン(LMT)ベライゾン(VZ)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(7/27現在)

主要企業の決算発表予定

7月30日(月)キャタピラー
31日(火)アップル、サムスン電子、クレディ・スイス・グループ、BP、ファイザー、P&G、スタンダードチャータード、百度
8月1日(水)BNPパリバ、アルセロール・ミタル、フォルクスワーゲン、リオ・ティント、ロイズ・バンキング・グループ、テスラ、メットライフ
2日(木) BMW、ソシエテ・ジェネラル、シーメンス、バークレイズ、ダウ・デュポン、AIG
3日(金)アリアンツ、クレディ・アグリコル、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ、クラフト・ハインツ

主要イベントの予定

31日(火)
  • FOMC(8月1日まで)
  • 7月の消費者信頼感指数、
  • 6月の個人支出
  • 6月の個人所得
  • 5月の主要20都市住宅価格指数
  • 中国7月の製造業PMI、非製造業PMI
8月1日(水)
  • FOMC声明発表
  • 7月のADP雇用統計
  • 7月のISM製造業景況指数
  • 7月の自動車販売
2日(木)
  • 7月28日終了週の新規失業保険申請件数
  • 6月の製造業受注
3日(金)
  • 6月の貿易収支
  • 7月の雇用統計
  • ISM非製造業総合景況指数
  • 中国7月の財新サービス業PMI、財新コンポジットPMI
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

アラガン(AGN) 市場:NYSE・・・2018/11/1に2018/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1983年創業。しわ治療薬「ボトックスビスタ」など、アイケア、神経科、皮膚科、美容医療、形成外科、乳腺外科、泌尿器科、消化器科、婦人科など多岐に渡る領域で有力製品を抱える。
  • 2018/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比2.9%増の41.24億USD、純利益が▲4.72億USDと前年同期の▲7.95億USDから赤字幅が縮小した。主力薬の販売は伸びたが、研究開発費や減損損失が重荷となった。調整後EPSは4.42USDと市場予想の4.12USDを上回った。
  • 2018/12通期の会社計画を上方修正。売上高を154.75-156.25億USD(従来計画150.5-153.5億USD)、売上高総利益率を86.0-86.5%(同85.5-86.0%)、調整後EPSを16.00-16.50USD(同15.65-16.25USD)とした。通期の市場予想は、売上高が前期比2.7%減の155.11億USD、当期利益が▲10.68億USDと前期の▲41.25億USDから赤字幅縮小である。(増渕)

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD) 市場:NASDAQ・・・2018/10/23に2018/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1969年設立の半導体企業。スタンドアロンデバイスおよび加速処理ユニットへの組み込み用x86マイクロプロセッサー、単体GPU、統合GPU、プロフェッショナルGPUなどを手掛ける。
  • 2018/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比52.6%増の17.56億USD、純利益が1.16億USDと前年同期の▲4,200万USDから黒字転換。調整後EPSは0.14USDと市場予想の0.12USDを上回った。GPUの「Radeon」シリーズの販売が伸びたほか、マイクロプロセッサーの「Ryzen」シリーズも好調を維持した。粗利益率も37%と前年同期の34%から3%改善した。
  • 2018/12期3Q(7-9月)会社計画は、売上高が16.5-17.5億USD、調整後粗利益率が38%。プロックチェーン向けGPUは落ち込むが、Ryzenやサーバー向け製品が伸びる見通し。通期市場予想は、売上高が前期比25.4%増の66.82億USD、純利益が同8.5倍の5.84億USD。(増渕)

アマゾン・ドット・コム(AMZN) 市場:NASDAQ・・・2018/10/25に2018/12期3Q(7-9月)決算発表の予定

  • 1994年設立。ECサイトを運営する。Amazonプライム、フルフィルメントby Amazon、AWS、Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどの製品・サービスを提供している。
  • 2018/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比39.3%増の528.86億USD、純利益が同12.9倍の25.34億USD。調整後EPSは3.27USDと市場予想の1.83USDを上回った。為替変動による正の効果7.6億USDを除くと37%の増収。利益率の高いAWS事業や広告事業が伸びた。
  • 2018/12期2Q(4-6月)の会社計画は、売上高が540-575億USD、営業利益が140-240億USD。売上高は0.3%の為替変動による負の影響を含んでいる。通期の市場予想は、売上高が前期比32.2%増の2,351.52億USD、当期利益が同2.7倍の80.59億USDである。(増渕)

エクスペディア・グループ(EXPE) 市場:NASDAQ・・・2018/10/25に2018/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1996年にマイクロソフトの旅行予約システム部門として設立。「エクスペディア」「トリバゴ」などのウェブサイトを通じ、世界中のホテル、各種航空券、オプショナルツアーなどを提供する。
  • 2018/12期3Q(7-9月)は、売上高が前年同期比11.4%増の28.80億USD、純利益が同98.2%減の100万USD。予約取扱額が同13.4%増の258.98億USDと伸びたが、少数株主投資や為替ヘッジに係る損失により減益。調整後EPSは1.38USDと市場予想の0.88USDを上回った。
  • 2018/12通期の市場予想は、売上高が前期比12.3%増の112.92億USD、当期利益が同19.0%増の4.95億USD。同社がAirbnbに対抗するため2015年に買収した民泊仲介事業者のHomeAwayは前年同期比32.6%増の増収だった。本格的な利益貢献に期待したい。(増渕)

ロッキード・マーチン(LMT) 市場:NYSE・・・2018/10/16に2018/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1955年にロッキード社とマーティン・マリエッタ社の合併により設立。航空機製造や宇宙航空事業を展開。弾道弾迎撃ミサイル「THAADミサイル」やステルス戦闘機「F-35」など手掛ける。
  • 2018/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比6.6%増の133.98億USD、純利益が同4.6%増の17.95億USD。EPSは4.31USDと市場予想の3.39USDを上回った。「F-35」の製造台数や「F-22」の整備台数が増加したほか、ミサイルシステムも寄与。構造改革費用を乗り越え増益。
  • 2018/12通期会社計画を上方修正。売上高を516.0-531.0億USD(従来計画503.5‐518.5億USD)、セグメント営業利益を55.75-57.25億USD(同53.15‐54.65億USD)、EPSを16.75-17.05USD(同15.80‐16.10USD)、営業CFを33億USD(同30億USD)とした。通期市場予想は、売上高が前期比2.2%増の521.74億USD、当期利益が同2.4倍の48.37億USD。(増渕)

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ) 市場:NYSE・・・2018/10/23に2018/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1983年設立。米国最大の通信事業者で、全米にファイバーネットワークを形成している。また世界的に次世代通信5G、ブロードバンド、広告、IoT、セキュリティ管理などの事業を展開。
  • 2018/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比6.0%増の639.75億USD、純利益は同5.5%減の41.20億USD。調整後EPSは1.20USDと市場予想の1.14USDを上回った。主力の携帯事業で契約者が増加し増収だが、ネット動画配信事業の閉鎖コストなどが響き減益となった。
  • 2018/12通期会社計画は、売上高が1桁台前半から中盤の伸び率、EPSが0.27-0.31USD、設備投資が商用向け5G立ち上げ向けに係る費用を含め170億-178億USD。通期市場予想は、売上高が前期比0.1%減の1,252.35億USD、当期利益が同14.4%増の150.20億USD。(増渕)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.