SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-08-24 15:38:33

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “9月利上げのメインシナリオは崩れず!”

“9月利上げのメインシナリオは崩れず!”

2016/09/06
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“9月利上げのメインシナリオは崩れず!”

  • 9/2発表の8月の雇用統計は、事前の市場予想をやや下回る実績となったが、フィリップ証券ではFRBによる9月利上げのシナリオは維持されると見ている。非農業部門雇用者数は、前月比15.1万人増と市場予想の同18.0万人増を下回り、8月単月としては利上げするには力強さに欠ける内容となった。
    しかし、非農業部門雇用者数は、7月が同25.5万人増から27.5万人増に上方修正され、6月は同29.2万人増から同27.1万人増に下方修正された結果、過去3ヵ月平均では同23.2万人増と節目の同20.0万人増を大きく上回った。季節要因などから雇用者数の振れ幅が大きくなることを考慮すれば、3ヵ月平均で雇用動向を分析することは妥当と言えよう。このほか8月の雇用統計では、失業率が4.9%(市場予想4.8%、前月4.9%)、平均時給が前年同月比2.4%増(市場予想が同2.5%増、前月は同2.6増)と軒並み市場予想を下回った。しかし、近い将来の利上げを排除するような内容ではなく、FRBは金融正常化を進めるための年内利上げ実施の考えに変わりはないものと見ている。
  • 一方で、マーケットは年内利上げをまだ、織り込む状況にはない。雇用統計後の利上げ確率は、9月が32.0%、11月が36.4%、12月が59.0%などと、8/26のジャクソンホールでのイエレンFRB議長による講演後に比べ低下している。利上げ観測後退との見方から、9/2のS&P500、NYダウ、ナスダックの主要3指数は小幅ながら上昇となった。一方で、為替市場では一旦はドルが下落したが、ドル・インデックス、ドル・円ともにその後すぐに堅調な動きを示した。また、1.5%台で推移していた10年国債利回りは、再び1.6%台に乗せるなど、株式、為替、債券の各市場で受け止め方はまちまちの展開となった。
    利上げへの見方が錯綜するなか、セクター別では金融の上昇が目立つ。24業種分類では銀行セクターが過去5営業日で2.25%上昇とトップパフォーマーである。一方で年初来騰落率は未だ2.91%の下落。近い将来の利上げは、利ザヤ拡大など収益環境の改善、良好な雇用や堅調な景気をFRBが確認したことを意味するため、銀行など金融セクターや景気敏感セクターにとって追い風であり、引き続き株式市場の牽引役となる可能性もあろう。(庵原)
  • 9/6号ではアップル(AAPL)アルファベット(GOOGL)ホームデポ(HD)AT&T(T)ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(9/2現在)

主要イベントの予定

9月6日(火)
  • 8月の労働市場情勢指数(LMCI)
  • 8月のISM非製造業景況指数
  • 4-6月のユーロ圏GDP(確定値)
7日(水)
  • 地区連銀経済報告(ベージュブック)
  • MBA住宅ローン申請指数
  • 7月の求人件数
  • 独7月の鉱工業生産
  • カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
8日(木)
  • 新規失業保険申請件数(9/3終了週)
  • 7月の消費者信用残高
  • ECB政策金利を発表、ドラギ総裁が記者会見
  • 中国8月の貿易収支
  • 日本8月の景気ウォッチャー調査
  • 日本4-6月のGDP(改定値)
9日(金)
  • 7月の卸売在庫・売上高
  • 独7月の貿易収支
  • 中国8月のCPI(消費者物価指数)、PPI(生産者物価指数)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1974年にコンピューターの製造で創業。現在はiPhone、iPod、iPad、パソコンのMacなどを主力製品として世界に展開している。また、ソフトウエアの開発、周辺機器の製造も手掛ける。
  • 2016/9期3Q(4-6月)は売上高が前年同期比14.6%減の423.58億USD、純利益が同26.9%減の77.96億USDとなったが、何れも市場予想を上回った。調整後EPSは1.420USDと市場予想の1.386USDを上回った。中国の需要低下で主力のiPhoneの販売台数は前年同期比15.0%減の4,040万台と大幅に減少したが、市場予想の3,990万台を上回った。新興国の消費者のニーズに合わせた低価格機種「SE」の需要に支えられ、3Qの落ち込みが和らいだ。
  • ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハサウェイが3Qに同社株式保有を増やしたことが、米当局への届け出で明らかになった。また、9月に発売すると予測される同社の新製品「iPhone7」、「iPhone7 Plus」に注目が集まりそうだ。(袁)
  • 1998年創業のインターネット検索最大手グーグルなどを傘下として2015/10に設立された持ち株会社。子会社を通じて主にウェブベースの検索、表示広告とツール、デスクトップとモバイルオペレーティングシステム、ハードウェア製品などを提供している。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比21.3%増の215億USDと市場予想を上回った。純利益は同24.1%増の48.77億USD、調整後EPSが8.420USDと市場予想の8.032USDを上回った。主力のグーグル事業の広告収入は同19.5%増の191.4億USDとなった。また、自動運転車やブロードバンドなどグーグル以外の「その他」事業の売上高は同2.5倍の1.85億USDとなったが、通信事業の設備投資や自動運転車の研究開発費などのコストが嵩み、同事業の営業利益が前年同期の▲6.3億USDから▲12.4億USDに赤字幅が拡大した。
  • 新聞報道によれば、同社はサンフランシスコで独自の車相乗りサービスの試験運用を開始。今後、配車サービス最大手のウーバーの競合となる見通し。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比3.6%減の723.02億USD、純利益が同17.7%増の192.47億USDである。(袁)
  • 1978年設立の米国最大のホームセンター。建築資材やリフォーム用品のほか、芝刈機等関連用品および各種サービスを提供。北米、カナダ、メキシコ、中国などで展開している。
  • 2017/1期2Q(5-7月)は売上高が前年同期比6.6%増の264.72億USD、純利益が同9.3%増の24.41億USDと何れも過去最高を更新。調整後EPS は1.970USD と市場予想の1.968USD を上回った。既存店売上高は全体が同4.7%増、主力の米国が同5.4%増となった。堅調な米国の住宅販売を追い風に改修工事の関連商品、冷房システムなどの販売が伸びた。
  • 2017/1通期の会社計画は売上高が前期比6.3%増、全体の既存店売上高が同4.9%増である。また、通期のEPSを従来予想の6.27USDから6.31USDに引き上げた。通期の市場予想は売上高が前期比6.8%増の945.14億USD、純利益が同11.9%増の78.43億USDである。(袁)
  • 1983年設立の大手通信会社。子会社と関連会社を通じて地域及び長距離電話、無線、データ通信、インターネットアクセス、インターネットなどのサービス、通信機器販売などを行う。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比22.7%増の405.20億USD、純利益が同12.0%増の34.08億USDと大幅な増収増益となった。調整後EPSは0.720USDと市場予想の0.717USDを上回った。買収した米衛星放送最大手ディレクTVが収益を押し上げたほか、携帯電話契約件数の増加も寄与。地域別には、メキシコなど中南米事業が好調に推移した。
  • 同社は基地局のうち、人の手が届かない箇所への点検や修理についてドローンの活用を計画している。一方、ドローンを使った基地局ではLTE(高速モバイル通信技術)の通信速度や通話品質の向上を目指しており、今後の動向が注目される。2016/12通期の会社計画は売上高が前期比12.1%増の1,645.13億USD、純利益が同9.1%増の145.6億USDである。(袁)
  • 1977年に設立、医療管理・計画を提供する医療サービス世界最大手。企業、家庭や個人顧客に対し厚生給付プログラム、医療体制の管理商品やリソース、ヘルスケア情報などを提供。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比28.2%増の464.85億USD、純利益が同10.7%増の17.54億USDとなった。調整後EPSは1.960USDと市場予想の1.887USDを上回った。UnitedHealthcare 事業(医療、厚生給付プログラムなどの商品を提供するプラットフォーム)とOptum 事業(顧客向けの健康管理、診療情報などのサービスを提供するプラットフォーム)はともに増収。2Qの新規医療保険加入者が32万人と好調で売上高に寄与した。
  • 同社は2016/12通期の会社計画で、調整後EPSを7.60-7.80USDから7.80-7.95USDに上方修正した。通期の市場予想は売上高が前期比17.0%増の1.837.64億USD、純利益が同22.2%増の71.03億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭!】7通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.