SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-16 13:32:50

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “決算シーズン入りで個別物色の様相が強まろう”

“決算シーズン入りで個別物色の様相が強まろう”

2016/04/12
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(4/8現在)

“決算シーズン入りで個別物色の様相が強まろう”

  • イエレン議長の発言に加え、4/6に発表された3月分のFOMC議事録によりFRBのハト派色がより鮮明となった。主要通貨に対してドル安が進み、金利は低位での推移となった。議事録では、一部の当局者が米経済は完全雇用またはそれに近い状態にあり、インフレ率は上昇し始めているとの認識を示した。しかし、多くの参加者は、世界の経済・金融情勢が依然として米経済の見通しに相当な下振れリスクをもたらしているとの見解を表明。米国経済は比較的堅調に推移しているが、世界経済の減速により米国企業の設備投資計画が縮小し、米国の輸出が抑制される恐れがあるといった懸念が表明された。
    主要通貨に対するドルの総合的な価値を示すドルインデックスは、2015/12/2の100.51をピークに下落基調を辿り、4/8で94.15とこの間に6.3%の下落となっている。ドル安は米国企業の収益サポート要因として、米国株を押し上げてきたが、上げ一服でむしろ利益確定の売りが優勢となった。また、2016/12期1Q(1-3月)の決算発表シーズンを控え、様子見ムードも強まり積極的な買いが手控えられた面もあろう。
  • Bloomberg集計による4/8時点の1Q業績見通しは、S&P500社ベースで前年同期比10.1%減と2桁の減益である。エネルギーや素材が大幅な減益見通しと足枷となっているが、エネルギーセクターを除くベースでも同5.3%減益である。金融、資本財、ハイテクなどの景気敏感セクターも減益の見込みであり、業績への懸念も相場の上値を抑えている側面もあろう。1Qの増益見通しのセクターは、一般消費財・サービスが同9.3%増、ヘルスケアが同4.3%増、通信が同12.3%増と10業種のうち3業種に留まる予想となっている。
    4/5、IMFのラガルド専務理事は講演で、中国の景気減速や原油価格の低迷で「世界経済の見通しは一段と悪化した」とコメント。4/12に発表されるIMFの2016年の世界経済見通しでは、成長率が今年1月時点の3.4%から下方修正となる模様。個別銘柄は、ディフェンシブを中心に良好な決算が見込まれる企業をピックアップしたい。このほか、リグカウントや米原油在庫減少、4/17の産油国会議への期待から原油関連にも注目したい。(庵原)
  •  4/12号ではアルファベット(GOOGL)ペプシコ(PEP)ファイザー(PFE)シュルンベルジェ(SLB)ユナイテッドテクノロジーズ(UTX)を取り上げた。

主要企業の決算発表予定

12日(火)CSX
13日(水)JPモルガン、サンディスク
14日(木)ウェルズ・ファーゴ、デルタ・エアラインズ、バンク・オブ・アメリカ
15日(金)シーゲイト・テクノロジー、シティグループ
18日(月)IBM、ネットフリックス、モルガン・スタンレー、ペプシコ

主要イベントの予定

12日(火)
  • 3月の月次財政収支
  • IMFの世界経済見通し(WEO)
13日(水)
  • ベージュブック(地区連銀経済報告書)
  • 3月の小売売上高
  • 3月の生産者物価指数(PPI)
14日(木)
  • 3月の消費者物価指数(CPI)
  • G20財務相・中銀総裁会議(4/15まで、ワシントン)
15日(金)
  • 4月のNY連銀製造業景気指数
  • 3月の鉱工業生産
  • 4月のミシンガン大学消費者信頼感指数(速報値)
18日(月)
  • 4月のNAHB住宅市場指数
  • 原油「増産凍結」で産油国会合(4/17、カタール)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1998年創業のインターネット検索最大手グーグルなどを傘下として2015/10に設立された持ち株会社。子会社を通じて主にウェブベースの検索、表示広告とツール、デスクトップとモバイルオペレーティングシステム、ハードウェア製品などを提供している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比17.8%増の213.3億USD、純利益が同5.3%増の49.2億USDといずれも10-12月期として過去最高を更新。一時項目を除くベースのEPSは8.67USDと市場予想の8.08USDを上回った。主力のグーグル事業は広告収入の牽引から売上高が同17.7%増の211.8億USDと好調だった。また、その他事業の売上高は同42.5%増と好調だったが、通信事業の設備投資や自動運転車の研究開発費などのコストが嵩み、同事業の営業利益が▲12.4億USDと前年同期の▲6.3億USDから赤字幅が拡大した。
  • 一部報道によれば、同社傘下のグーグルは米ヤフーの中核事業の買収を検討している。また、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズもヤフー・ジャパンの株式を含めて米ヤフーの事業買収を検討中と報じられて、争奪戦の可能性がある。今後の動向に注目したい。(袁)
  • 1966年に設立したコーラなどの飲料やスナック、食品を製造する世界的なメーカー。主に炭酸・非炭酸飲料、穀物ベースのスナックなどを自社製造するほか、外注も行う。
  • 2015/12期4Q(10-12月)はドル高の影響で売上高が前年同期比6.8%減の185.9億USDだったが、為替などの特殊要因を除くベースで同4%増収。純利益は同31.0%増の17.2億USD、調整後EPSが1.06USDで市場予想と一致。主力の北米市場で飲料や菓子の売上高が堅調に推移したほか、原価下落も収益に寄与。年間配当を7.1%引き上げ、3.01USDとした。
  • 2016/12通期会社計画は一部項目を除いたベースのEPSが4.66USDと前期の4.57USDから増加する見通し。また、飲料、菓子や即席フーズ関連3部門の統括責任者にアル・ケアリー氏を昇格させることを決め、主要3事業の一体的な運営強化を目指している。(袁)
  • 1849年創業の世界トップクラスの製薬会社。研究開発に強みを持ち処方医薬品、一般用医薬品、動物用医薬品やワクチンなどの研究・開発及び製造販売を行っている。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比7.1%増の140.5億USD、主力の処方薬で肺炎球菌ワクチンやがん治療薬の需要が好調となったほか、買収を完了した米後発薬大手ホスピーラの売上高も貢献した。純利益は為替差損やリストラ関連費用が重荷となって同50.1%減の6.1億USD、特別項目を除くEPS が0.530USD と市場予想の0.523USD を上回った。新しい乳がん治療薬「イブランス」、肺炎球菌ワクチン「プレベナー」など主力製品は好調だったが、消炎鎮静剤の特許切れから主力のブランド薬事業は同21.8%減収と収益を押し下げた。
  • 会社は2016/12通期の売上高を490億-510億USD、EPSを2.20-2.30USDと見込む。市場予想は売上高が前期比4.8%増の511.8億USD、純利益が同61.0%増の112.1億USD。(袁)
  • 1926年に設立。世界最大の油田探査事業、油田サービス会社。子会社を通してテクノロジー、プロジェクト管理、情報ソリューションなど油田開発サービスを提供している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比38.7%減の77.4億USD、純利益が▲10.2億USDと前年同期の3.0億USDから赤字に転じた。調整後EPSは0.65USDと市場予想の0.63USDを上回った。原油安を背景に、原油の圧送ポンピングサービスが低調で北米市場の売上高は同14.0%減となった。また、全体売上高の7割超を占めている海外市場は顧客の緊縮予算で石油探査の関連製品やサービスへの需要が縮小し同5.8%減収となった。
  • 2016/12通期の会社設備投資計画は24億USDで2015年と同額の見通し。また、同社は石油生産機器の米キャメロンとの合併を完了したと発表。合併により坑井からパイプラインまでの製品・サービスに統合され、業界初の完全な掘削・生産システムの提供が注目される。(袁)
  • 1929年設立のコングロマリット。航空機エンジン、宇宙産業、ヘリコプター、空調、燃料電池、エレベーター、エスカレーター、防火・消火製品の製造やセキュリティサービスなどを行う。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比4.5%減の143億USDとなったが、為替変動の影響を除くベースで同1%増収だった。コスト削減策が奏功し収益に寄与したため、純利益は同2.2倍の32.8億USD、調整後EPS は1.53USD といずれも市場予想を上回った。ドル高の影響で4事業は全て小幅な減収となったものの、為替変動の影響を除くベースでエレベーターの「Otis」や航空システムの「Aerospace Systems」の2事業が増収となった。
  • 2016/12通期の会社計画は売上高が560億-580億USD、為替変動リスクを除く売上高の伸び率が1%-3%を見込んでいる。EPSは6.30-6.60USDと従来予想を据え置いた。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.