SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-21 20:25:24

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “雇用市場好調も3月利上げの可能性は低い?”

“雇用市場好調も3月利上げの可能性は低い?”

2016/03/08
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(3/4現在)

“雇用市場好調も3月利上げの可能性は低い?”

  • 3/4に発表された2月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比24.2万人増となり1月分は速報値の同15.1万人増から同17.2万人増へ上方修正された。2月は市場予想の同19.5万人増及び節目の20万人を大きく上回り、失業率は前月と同水準の4.9%と良好な雇用動向が確認された。ただ、平均時給は前年同月比2.2%増に留まり、前月比では0.1%減と約1年ぶりのマイナスとなった。労働者が景気回復のメリットを十分に享受できていないとの見方ができるため、FRBにとっては満足できる内容ではなかったと思われる。
    雇用統計の結果を受けた株式市場は、雇用市場が好調であるものの3月の利上げ実施は難しいと受け留め、3/4の米国株は上昇となった。金利先物市場の動向から、3/15-16のFOMCで利上げが決定される確率は10%を割り込んでいる。ただ、中期の利上げ見通しの確率は、年央までが40%と雇用統計発表前日の35%から高まり、12月は68%と同64%から上昇している。
  • G20を経て主要国の景気刺激策への期待が高まる中、中国・人民銀行は2/29に預金準備率を0.5%引き下げると発表。昨年10月以来の緩和を好感し上海総合指数は月初来4営業日で6.93%の上昇。また、3/5に開幕した第12期全人代では、李克強首相が2016年の実質GDPを6.5-7%とすると表明。2015年の目標7%前後からは引き下げだが、機動的な財政・金融政策により経済の失速を防ぐとしており、現実に即した目標と言えよう。一方、2016-20年までの第13次新5ヵ年計画では構造改革を進め、年平均6.5%以上の「中高速成長」を想定。2010年比でGDPと所得水準倍増の実現を目指している。
    原油はロシアやサウジアラビアなどによる産油国の増産凍結に向けた進展、米国の産油量が2016年末に日量850万バレル/弱と昨年ピーク比100万バレル減との見通しなどからWTI原油先物価格は2ヵ月ぶりの水準まで上昇。原油や金属市況上昇によりブラジルボベスパ指数は過去5営業日で18.01%もの上昇。順調な米国景気や中国、ブラジルなど新興市場の懸念が緩和により、資源関連や金融などの買い戻しが続く展開を予想する。(庵原)
  • 3/8号ではフォード・モーター(F)ギリアド・サイエンシズ(GILD)JP モルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM)シュルンベルジェ(SLB)AT&T(T)を取り上げた。

主要イベントの予定

8日(火)
  • EU財務相理事会
  • 中国2月の貿易収支
  • ユーロ圏10-12 月のGDP(改定値)
9日(水)
  • 1月の卸売在庫
  • シリア和平協議再開
  • ECB量的金融緩和開始から1年
10日(木)
  • 新規失業保険申請件数(3/4終了週)
  • 2月の月次財政収支
  • 米カナダ首脳会談
  • ECB理事会
  • ECB 金融政策発表、ドラギ総裁が記者会見
  • 中国2 月の新規融資、経済全体のファイナンス規模、マネーサプライ
11日(金)
  • 2月の輸出物価指数
  • EU外相理事会
14日(月)
  • 3/13から夏時間が開始(サマータイム)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1903年に「世界の自動車王」と称されるヘンリー・フォードに創業された名門自動車会社。乗用車・トラックの設計・製造を行うほか、自動車関連の金融、リースなども提供している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比12.2%増の403.0億USD、純利益は18.7億USDと前年同期の▲25.2億USDから黒字に転換した。調整後EPSは0.58USDと市場予想の0.51USDを上回った。世界5地域のうち3地域が増収。中南米の業績は不振となったが、ガソリン価格の下落を受けて北米市場で主力のピックアップトラック「F150」など利益率の高い車種の販売が好調だった。また、欧州市場では純利益が1.3億USDと黒字に転換した。
  • 2月の米国新車販売ではSUVなど大型車の販売がけん引し、同社の販売台数が前年同月比20.2%増の21万6,045台と2月としては11年ぶりの高水準だった。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比2.2%減の1,462.4億USD、純利益は同5.8%増の78.0億USDである。(袁)
  • 1987年に創立。遺伝子組み換えなどの技術を使い、生命に危険を及ぼす難病に対する治療法の研究、発見、開発、商品化を行うバイオ製薬大手。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比16.3%増の85.1億USD、純利益は同34.3%増の46.8億USDとなった。調整後EPS は3.32USD と市場予想の2.99USDを上回った。C型肝炎治療薬Sovaldiの売上高は減少したが、好調な新型肝炎薬Harvoniが減少分を補った。地域別で主力の米国は2桁減収となったが、欧州とアジアを含むその他地域が好調だった。
  • 2016/12通期会社計画は売上高が300-310億USD、粗利益率は88-90%と従来予想を維持した。また、120億USDの自社株買いを発表。株主還元強化で株価動向に注目したい。(袁)
  • 1799年に設立した商業・投資銀行を運営する老舗の銀行グループ。投資銀行、トレジャリーサービス、証券、資産管理、商業銀行業務、住宅金融などのサービスを提供している。
  • 2015/12 期4Q(10-12 月)は、売上高に当たる営業収益が前年同期比1.0%増の237.0 億USD、市場予想の228.9 億USD を上回った。純利益は同10.2%増の54.3 億USD、2015/12 通期の純利益が244.4 億USD と過去最高を更新した。調整後のEPS は1.34USD と市場予想の1.27USD を上回った。訴訟費用や人件費が減少し、好調なコーポレート&投資銀行事業やコンシューマー&コミュニティバンキング事業が利益の押し上げに寄与。資金利益は同1.8%増の115.0 億USD となった。
  • 事業別での会社予想ではコンシューマー&コミュニティバンキング事業は2016/12通期の住宅ローン関連の非金利収入が7億USD程度と前期より低下する見込み。ただ、2016/12 期1Q(1-3 月)は純金利収入と純金利マージンが4Qに比べて横ばいあるいは小幅に拡大する見通し。(袁)
  • 1926年に設立。世界最大の油田探査事業、油田サービス会社。子会社を通してテクノロジー、プロジェクト管理、情報ソリューションなど油田開発サービスを提供している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比38.7%減の77.4億USD、純利益が▲10.2億USDと前年同期の3.0億USDから赤字に転じた。調整後EPSは0.65USDと市場予想の0.63USDを上回った。原油安を背景に、原油の圧送ポンピングサービスが低調で北米市場の売上高は同14.0%減となった。また、全体売上高の7割超を占めている海外市場は顧客の緊縮予算で石油探査の関連製品やサービスへの需要が縮小し同5.8%減収となった。
  • 2016/12通期の会社設備投資計画は24億USDで2015年と同額。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比17.9%減の291.3億USD、純利益が同26.2%増の26.2億USD。(袁)
  • 1983年設立の大手通信会社。子会社と関連会社を通じて地域及び長距離電話、無線、データ通信、インターネットアクセス、インターネットなどのサービス、通信機器販売などを行う。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比22.3%増の421.2億USD、純利益が40.1億USDと前年同期の赤字から黒字に転じた。前年同期は年金関連の経費を計上して▲40億USDとなった。一方、買収した衛星放送大手ディレクTVの業績が収益に寄与した。また、調整後EPSは0.63USDで市場予想と一致。一方、月極めの携帯電話加入者は17万人減少。
  • 同社は動画のモバイル配信などに成長の活路を求め、TV契約者向けの無制限の無線データサービスを開始している。同サービスを通じて新規顧客の開拓などを狙っており、今後の業績動向に注目したい。2016/12通期の会社計画は売上高が前期比14.4%増の1,678.7億USD、純利益が同19.1%増の159.0億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.