SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 13:10:25

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “為替、商品市況変動で振幅の大きな展開が続こう”

“為替、商品市況変動で振幅の大きな展開が続こう”

2016/02/16
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(2/12現在)

“為替、商品市況変動で振幅の大きな展開が続こう”

  • 過去5営業日のNYダウは1.43%の下落に留まったが、リスク回避の動きが強まる展開となった。10年国債利回りは2/11には一時1.53%と2012/8以来の水準まで低下し、急反発したNY金先物価格は同日、前日比5.8%高の1,263.90ドル/オンスと2015/2以来の高値水準まで上昇した。
    注目されたイエレンFRB議長の議会証言(2/10、11)では、マイナス金利の可能性を排除しない旨の発言がなされ、行き場を失ったマネーが国債や金などに流入する勢いを強めた。もっともFRBによるマイナス金利導入の可能性は当面あり得ず、従来想定の追加利上げ時期が先送りされることはあっても、FRBが利上げの可能性を放棄する考えがないことが示された。金融市場の混乱を受けて、市場参加者は年内追加利上げの可能性がほぼ消えたとみているが、イエレン議長の発言は慎重姿勢だが利上げシナリオを残している。金融政策に影響を及ぼすデータ次第で市場の乱高下は続く可能性がある。
  • また、WTI原油先物価格は2/11に前日比4.5%安の26.21ドル/バレルと再び2003/5以来の安値に沈んだ。石油受け渡しの中継点であるオクラホマ州クッシングの在庫が過去最高となったことなどが影響したが、翌2/12には同12.32%高の29.44ドルと7年ぶりの大幅高となった。資産運用会社による価格回復を見込む買いポジションが増えているなか、OPECが他の産油国と協力する用意があるとのアラブ首長国連邦・エネルギー相の発言が好感された。
    2/12にはドイツ銀行が約6,000億円の債券買い戻し計画を発表し、投資家の財務懸念払拭から、欧米の株式市場では金融セクターを中心に大幅反発となった。市場の混乱や日欧のマイナス金利導入などから年初来大幅安となっているドイツ銀行(DBK)やJPモルガン・チェース(JPM)、バンク・オブ・アメリカ(BAC)などが軒並み大幅高となった。しかし、世界景気の先行き不透明感が払拭されたわけではなく、為替、商品市況の値動きは激しく、株式市場も値幅の大きい相場展開が続くものと予想する。旧正月明けの中国市場も注視したい。長期的な視点から、好業績銘柄をピックアップしたい。(庵原)
  • 2/16号ではシスコシステムズ (CSCO)コーチ(COH)JP モルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM)ナイキ(NKE)ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)を取り上げた。

企業決算の予定

17日(水)サンパワー、ニューモント・マイニング
18日(木)ウォルマート・ストアーズ
19日(金)VF、ディア、ケリング
22日(月)アラガン、HSBC

主要イベントの予定

16日(火)
  • 2月のNY連銀製造業景気指数
  • 2月のNAHB住宅市場指数
  • 日銀のマイナス金利適用開始
17日(水)
  • FOMC議事録(1/26-27分)
  • 1月の住宅着工件数、建設許可件数
  • 1月のPPI(生産者物価指数)
  • 1月の鉱工業生産
18日(木)
  • 1月の景気先行指標総合指数
  • 2月のフィラデルフィア連銀景気指数
  • EU首脳会議(2/19まで)
19日(金)
  • 1月のCPI(消費者物価指数)
22日(月)
  • 2月の製造業PMI(速報値)
  • IEA中期石油市場見通しの公表
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1984年に設立した世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社。主に企業向けインターネット・プロトコル(IP)を基盤としたネットワークやソリューションを提供している。
  • 2016/7期2Q(2015/11-2016/1)は売上高がほぼ前年同期並みの119.3億USDとなったが、一部事業を売却した影響を除くベースで同2%増収だった。純利益は同31.3%増の31.5億USD、調整後のEPSが0.57USD と市場予想の0.54USDを上回った。主力のスイッチ製品やデータセンター向け製品は伸び悩んだが、セキュリティー関連製品が好調だった。
  • 2016/7期3Q(2-4月)の会社計画は売上高成長率が1-4%、特別項目調整後のEPSが0.54-0.56USDで市場予想並みとなった。また、同社は自社株買いに150億USDを追加すると発表し、株主還元の強化で株価動向に注目したい。(袁)
  • 1941年に創業した高級皮革製品の老舗。主にハンドバッグ、ビジネスバッグ、アクセサリー、かばん、レザー上着、手袋などを製造・販売する。また、時計、靴、香水、眼鏡も手掛ける。
  • 2016/6期2Q(10-12月)は売上高が前年同期比4.5%増の12.7億USD、為替の影響を除くベースで売上高が同7%増となった。販管費の増加から純利益が同7.3%減の1.7億USDとなったが、調整後のEPSは0.68USDと市場予想の0.66USDを上回った。主力のコーチブランドの販売は主力の北米が減収したものの、欧州、中国や日本などの海外市場での販売が順調に伸びた。また、買収した高級婦人靴Stuart Weitzmanの業績が好調となり業績に寄与。
  • 2016/6通期の会社計画はコーチブランドの売上高成長率が1桁台前半、グロスマージンが69.5%との見込み。また、Stuart Weitzmanの売上高が3.4億USDを予想。2016/6通期の市場予想は売上高が前期比6.9%増の44.8億USD、純利益が同27.1%増の5.1億USD。(袁)
  • 1799年に設立した商業・投資銀行を運営する老舗の銀行グループ。投資銀行、トレジャリーサービス、証券、資産管理、商業銀行業務、住宅金融などのサービスを提供している。
  • 2015/12 期4Q(10-12 月)は、売上高に当たる営業収益が前年同期比1.0%増の237.0 億USD、市場予想の228.9 億USD を上回った。純利益は同10.2%増の54.3 億USD、2015/12 通期の純利益が244.4 億USD と過去最高を更新した。調整後のEPS は1.34USD と市場予想の1.27USD を上回った。訴訟費用や人件費が減少し、好調なコーポレート&投資銀行事業やコンシューマー&コミュニティバンキング事業が利益の押し上げに寄与。資金利益は同1.8%増の115.0 億USD となった。
  • 事業別での会社予想ではコンシューマー&コミュニティバンキング事業は2016/12通期の住宅ローン関連の非金利収入が7億USD程度、前期より低下する見込み。ただ、2016/12 期1Q(1-3 月)は純金利収入と純金利マージンが4Qに比べて横ばいあるいは小幅に拡大する見通し。(袁)
  • 1968年創業のスポーツ関連商品を扱う世界最大手。スニーカーやスポーツウエアなどの主力製品を中心に、トレーニング用品、アクセサリーのデザイン、開発、販売を手掛けている。
  • 2016/5期2Q(9-11月)は売上高が前年同期比4.1%増の76.9億USD、純利益が同19.8%増の7.9億USDとなった。調整後のEPS は0.45USD と市場予想の0.43USDを上回った。主力のスポーツシューズは同7.6%増収、アパレルの販売も同3.4%増。地域別では、主力の北米市場での販売が堅調だったほか、中国市場での売上高が同23.7%増と好調だった。
  • 売上高先行指標である世界の早期受注(2015/12-2016/4の靴と衣料品の出荷見通し)は通貨変動の影響を除くベースで前年同期比15%増と需要の拡大が示された。2016/5通期の市場予想は売上高が前期比7.2%増の328.0億USD、純利益が同14.4%増の37.5億USD(袁)
  • 1983年に設立した通信大手会社。固定音声、ワイヤレス事業、データ、インターネットなどのサービスを手掛けるほか、電話通信設備、公衆電話などのネットワークサービスを提供。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比3.2%増の342.5億USD、純利益は53.9億USDと前年同期の▲22.3億USDから黒字に転換した。調整後のEPSは0.89USDと市場予想の0.88USDを上回った。主力の通信サービス事業が同0.4%減収となったが、携帯販売事業の売上高が同3.2%増と通信サービス事業の減収を補った。携帯事業の新規契約件数(プリペイドは除く)の純増数は151.9万件と前年同期の198.6万件の水準には届かなかったが、3Qの128.9万件を大幅に上回った。
  • 新聞報道によれば、他社とともに同社は5G(第5世代移動通信システム)の実験を開始した。5Gのデータ伝送速度は毎秒20ギガビットと4Gより数十倍速い。5Gは2019年には商用化の実現が期待されており、同社の動向に注目したい。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.