SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-17 19:17:38

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  米国ウィークリー“押し目は好機、高値圏での推移を予想”

“押し目は好機、高値圏での推移を予想”

2014/12/11
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500 業種別およびNY ダウ構成銘柄の騰落率(12/8 現在)

“押し目は好機、高値圏での推移を予想”


主要企業の決算発表予定

11日 アドビ・システムズ
12日 ペトロブラス

主要イベントの予定

10日
  • 11月の財政収支
  • 11月の中国CPI
11日
  • 11月の小売売上高
  • 新規失業保険申請件数(6日終了週)
  • ECBの月報
  • ECBの第2回TLTRO実施
12日
  • 11月の生産者物価指数
  • 12月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)
  • 10月のユーロ圏鉱工業生産指数
15日
  • 11月のNY連銀景気指数
  • 10 月の独鉱工業生産
16日
  • 11月の住宅着工件数
  • 11月の中国HSBC製造業PMI(速報値)
  • ※Bloombergによりフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1998年創業、インターネット検索最大手。オンライン広告、サービスを提供。世界中の情報を整理、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることが同社の使命。
  • 2014/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比20.1%増の165.2億USD、提携サイトへの支払い分(TAC)を除いたベースで132億ドルとなり、市場予想と一致した。TACの売上高に占める割合は前年同期の23.7%から22.8%に低下した。ただ、サイト上の広告クリック数増加率の低下、広告単価の下落や運営費用増が利益を抑制、純利益は同5.3%減の28.1億USD、一部項目を除くEPSは6.35USDと市場予想の6.53USDを下回った。
  • 自社の「グーグルクラウド」上で、マイクロソフトのサーバー向け操作システムをサポートする製品を発表。同社は関連の新商品開発に取り組んでおり、アマゾンなど競合他社との競争が注目されている。一方、欧州の検索サービスで9割のシェアを占めている同社は、独占禁止法違反に関する訴訟や会社分割の案件が検討されており、今後の動向に注意を払いたい。
  • 1869年に設立した投資銀行および証券業務を中心とする大手金融グループである。また、資産管理、富裕層へのプライベート・バンキング、保険業務などを提供している。
  • 2014/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比24.8%増の83.87億USD、純利益は同50.0%増の21.43億USDとなった。EPSは4.57USDと前年同期の2.88USDから拡大し、市場予想の3.19USDを大幅に上回った。強い米経済指標やECBの刺激策などから債券トレーディング収入が堅調に伸びた。また、NY市場に上場したアリババの引受け主幹事を務め、株式引き受け収入は前年同期比2倍超と拡大し、全体の業績を引き上げた。
  • 格付け会社S&Pは同社事業部門の格付け見通しを従来の「ネガティブ」から「安定的」に引き上げた。また、米国の景気回復から企業買収案件も活況で、アクタビス、ハリバートンなどの買収案件を引き受け、同社の2014年M&A取引額は9,353億USDと業界トップと(11/20の報道)。米国の景気回復、企業業績の改善への観測が強く、業績及び株価動向が注目される。
  • 1976年に設立した世界最大の半導体メーカー。コンピュータ部品を手掛けるシステムソフトウエア、デジタル画像処理などがある。世界50ヵ国以上に製造・研究拠点を有する。
  • 2014/12期3Q(7-9月)はパソコンとデータセンター向け事業の需要が安定的に推移したため、売上高が前年同期比7.9%増の145.5億USD、純利益が同12.4%増の33.2億USD、EPSが同13.8%増の0.66USDと市場予想の0.65USDを上回った。
  • 2014/12期4Q(10-12月)の会社計画は、売上高が142-152億ドル(中央値147億ドル)の見通しと同社見通しの中央値は市場予想の145億USDを上回った。12/4に16億USDを投じて中国工場の製造工程を改良すると発表。中国の半導体業界を後押しし、中国や周辺地域の関連産業や経済成長を押し上げるとともに、中国政府との関係改善や収益拡大が期待される。
  • 1968年創業したスポーツ関連商品を扱う世界最大手。スニーカーやスポーツウェアなどの主力製品を中心に、トレーニング用品、アクセサリーのデザイン、開発、販売を手掛けている。
  • 2015/5期1Q(6-8月)は大幅に増収増益を発表した。売上高が前年同期比14.5%増の79.8億USD、純利益が同23.5%増の9.62億USDとなった。EPSは前1.09USDと市場予想の0.88USDを上回った。主力の米国市場を中心に、とりわけ欧州での販売が好調だったほか、「フライニット」のサッカーシューズなど利益率の高い商品の販売に注力したことも奏功した。
  • 同社は、米国オリンピック委員会とのスポンサー契約を2020年まで延長したと発表。同社は米国代表選手に2016年リオデジャネイロ夏季五輪とパラリンピックでシューズとアパレル用品を提供するのみならず、2018年の韓国・平昌冬季五輪・パラリンピック、2020年東京夏季五輪・パラリンピックでも提供する予定で、更なるブランド力浸透、収益拡大が期待される。
  • 1837年に創業した老舗。宝石、時計、ウェディング用アクセサリー、陶器、文房具、香水、贈答用品などを販売する。子会社を通じて商品のデザイン・製造も手掛けている。
  • 2015/1期3Q(8-10月)は主力の米州で売上高が堅調な伸びを記録したが、日本とアジア太平洋での業績悪化が響き、減益決算となった。米州業績の牽引から売上高は前年同期比5.3%増の9.60億USDとなった。純利益は同59.6%減の3,826.8万USD、EPSは0.29USDと市場予想の0.69USDを下回った。アジアなどの業績不況や債務償却が減益の要因である。
  • 同社の2015/1通期の業績見通しは、増収率が1桁台後半の計画から1桁半ば-1桁後半に修正しており、EPSが4.2ドル-4.3ドルと従来予想を据え置いた。また、2015/1末までに世界で新規10店舗をオープンする計画に加え、年末商戦での収益拡大に期待したい。
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.