SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-08-15 19:30:03

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた >  「落ちるナイフ」を敢えてつかむなら?

「落ちるナイフ」を敢えてつかむなら?

2018/02/08

急速な米長期金利の上昇が世界の株式市場を大きく混乱させています。ここ数ヶ月の間、はっきりとした押し目も無く株価が上昇を続けていた反動もあり、米国では2月5日にダウ平均が前日比マイナス1175ドルと史上最大の下げ幅を記録し、その影響を受けて翌6日の日経平均は一時下げ幅が1600円を超えるなど、世界中の株式市場で大幅な下落を記録しています。
これを押し目と見るか、調整相場の始まりと見るかは人それぞれですが、相場には「落ちるナイフをつかむな」という格言があります。下落している株価をナイフに例えて、相場の下落中に買いを入れて、更なる下げに巻き込まれる可能性に注意を促す格言です。この言葉には続きがあり、「床に突き刺さったナイフを拾え」が後に加わります。要するに下落局面での底打ちを見極めてから買いを入れろということです。

とはいえ、ときには敢えて落ちている途中のナイフを拾って短期的なリバウンドを狙うという戦略も考えられます。そこで、本レポートでは、下落局面にコール型eワラントを使って短期的なリターンを目指す場合の注意点についてご紹介します。

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
2

反発を見込んでeワラントで短期投資のメリット

以下は日経平均が大きく下げた2018年2月5日のeワラント売れ筋ランキングの上位20銘柄です。20銘柄のうち13銘柄は日経平均を対象としたコール型eワラントがランクインしています。コール型は対象となる相場が上昇すると価値が上がるタイプのeワラントです。すなわち、このランキングはeワラント投資家の中で日経平均の反発を見込んでいるフローが多いということを表しています。

2018年2月5日の売れ筋ランキング

eワラントのメリット

eワラントは対象となっている相場の数倍〜数十倍の値動きがあるので、短期的なリバウンドでも大きなリターンが得られる可能性があります。また、eワラントは証拠金取引ではないので、仮に予想が外れて相場が下落を続けてしまったとしても、追証は無く、買付代金を超える損失は発生しません(投資元本全てを失う可能性はあります)。相場は調整局面を迎えた可能性がありますが、短期的な反発を収益機会にしたいと考えるのであれば、コール型eワラントで損失限定のハイリスク・ハイリターン投資を試してみるのも一手かも知れません。

2

「落ちるナイフ」をつかむときの注意点

■ハイリスクの投資であることを理解する
「落ちるナイフを敢えてつかむ」とは要するに逆張りということになります。逆張りは成功すれば大きなリターンが得られる可能性がある反面、予想が外れれば大きな損失を抱えてしまう可能性があります。特に、経験則上、下落局面の相場は大きな値幅を伴って下落することがあります。そのため、投資元本を失う恐れのあるハイリスクの投資であることを十分に認識し、投資金額は管理可能な金額に抑えるようにしましょう。

■急落後の戻しですばやく反対売買を行う
下落トレンドが続く場合、リバウンドがあったとしても一時的な戻しに過ぎず、再び下落に転じることもあります。想定どおり、リバウンドがあった場合には、すばやく手仕舞いを行い、利益確定をするようにしましょう。目標価格を設定して、事前に指値を入れておくことも有効です。

■下落トレンドが継続する可能性があるため損切りはすばやく
リバウンド狙いの銘柄を購入して、思った以上にリバウンドしなかった場合、潔くあきらめて損切りをするように心がけましょう。相場急落時は高値で買った投資家による損切りも増えるため思った以上に下落することがあります。

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

日経平均は大きく下げているけど、コラムの中で紹介されているように、落ちるナイフを敢えて拾いに行くなら日経平均のコールで短期のリバウンドを取りに行きたいところだね。この銘柄は2018年2月6日15時時点で1,000円程度もあれば取引することができるよ。コラムでも書いてあるけど、まずは少額から取引してみたほうがいいかもしれないね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

満期までの短めで、権利行使価格は相場水準よりもやや上だよ。日経平均が22,000を超えてくればリターンは期待できそうだね。

保有期間の目安

数日程度で利益確定、損切りを見極めていきたいところだね。

目標売却価格(買気配値)

1.5円を目標価格とするよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

この銘柄を見た方が他に見た銘柄
日経平均プラス5倍 第28回
日経平均プラス5倍 第30回
日経平均マイナス3倍 第28回
日経平均コール 第1130回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

この原資産を選んだ理由

ダウはこの2営業日で下落トレンド入りしたと考えているよ。今後の方針としてはダウが反発した局面、かつ、上値が重くなった局面まで待ってこのプット型eワラントを買って、再び生じる下落トレンドに乗りたいところだね。反発局面が来たら一旦売却して、また上値が重くなったところで買いなおして見るのもありかもしれないね。特に反発を交えながら下落トレンドが続くという前提であれば、この戦略が上手くいくかもしれないね。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

比較的長い下落トレンドも考えて満期が先の銘柄を選んだよ。

保有期間の目安

反発を確認したら手仕舞い売りをしたいところだね。

目標売却価格(買気配値)

15円を目標売却価格とするよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

日経平均プラス5倍 第29回
ダウ・ジョーンズ工業株価平均 コール 第355回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

eワラントを極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客様の購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」 CM全国放送記念キャンペーン!
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.