SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-10-19 23:46:32

マーケット > レポート > ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた >  排ガス規制強化で更なる追い風のEV関連銘柄に少額から投資

排ガス規制強化で更なる追い風のEV関連銘柄に少額から投資

2017/10/05

長い間相場の中心テーマのひとつとして語られることの多かった電気自動車(EV)ですが、ここ最近一段とその勢いは高まってきています。欧州や中国で将来の化石燃料車の販売を制限する検討が進められており、代替となるEVへの期待は世界中で高まっています。

EV関連銘柄と聞くと完成車メーカーを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、鍵となるリチウムイオン電池や様々な部品、充電設備などを手掛けるメーカーにも多大な恩恵がありそうです。

そこで本コラムではEVを取り巻く世界の状況を改めて整理すると共に、EVの普及によって恩恵を受けるであろう銘柄を考えます。eワラントなら国内外の個別株に少額から投資をすることができます。まずは少額からEV関連銘柄に投資してみたいとお考えであれば、この機会に是非eワラントをご検討ください!

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み
2

電気自動車(EV)を取り巻く環境

2017年7月にフランスとイギリスはそれぞれ2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を国内で止める方針を明らかにしました。その後、9月には世界最大の自動車市場である中国でも化石燃料車の生産・販売を禁止する検討(禁止時期は未定)が始められたほか、2019年度より自動車を生産・販売する企業に対し、全体のうち10%(2020年は12%)に相当する新エネルギー車(EV、燃料電池自動車など)の生産・販売を義務付ける規制が導入されることが発表されました。地球温暖化問題や深刻化する大気汚染への対策として打ち出されたものです。今後も自動車に対する環境規制は世界中で強化されることが予想され、EVの需要は更に高まっていく可能性が高いと見られます。

各国の環境規制

アメリカ

ZEV規制(カリフォルニア州)
:2018年以降は販売台数の16%以上をZEVにしなければならない

欧州

2040年までに内燃機関車の販売を禁止(フランス、イギリス)

中国

2019年に全販売台数の10%以上をZEVにしなければならない(2020年に12%へ引き上げ)
化石燃料車の販売禁止を検討

インド

2032年までにEV比率を40%へ引き上げ

ZEV(Zero Emission Vehicle):排出ガスを一切出さない自動車

また、EV自体にも性能強化が進んでおり、長らくボトルネックのひとつでもあった航続距離が徐々に改善を見せています。日産自動車(7201)が先日発表した新型リーフの航続距離は400kmとのことで、これは2010年に発売された初代リーフの2倍となっています。

EVが更なる普及をする上での課題としてはコストの削減に加え、安全性や寒冷地対応などが挙げられます。安全性や寒冷地対応という点では、トヨタ(7203)が中心となって進めている全固体電池の商品化など、リチウムイオン電池に変わるバッテリーの研究が進められており、技術革新によって課題の克服が進むかもしれません。

2

EV関連銘柄とeワラント

・完成車
EVは既存のガソリン車やハイブリッド車に置き換わる存在となるため、自動車業界全体の販売台数を大きく伸ばすという点はやや考えづらいでしょう。しかし、EVの普及に伴って業界内のシェアが変動する可能性は十分にあります。EVブームの中心銘柄であるテスラ(TSLA)や、傘下の三菱自動車(7211)とともにEVの商用化に成功している日産自動車(7201)はさらなる販売台数拡大が期待されます。一方、やや出遅れ気味であったトヨタ自動車(7203)はマツダ(7261)やデンソー(6902)とともにEVの技術開発を行う新会社の設立を発表しました。今後の巻き返しが期待されます。

・リチウムイオン電池関連
EVに必要不可欠な車載用バッテリー市場はEVの普及に伴って急拡大するものと見込まれています。テスラ(TSLA)にバッテリーを納入するパナソニック(6752)や欧州の自動車メーカーに供給するLG、サムスン電子の韓国勢が市場の中心となりそうです。またリチウムイオン電池の部材を供給するメーカーにも恩恵がありそうです。リチウムイオン電池の正極材となるニッケル酸リチウムなどを製造する住友金属鉱山(5713)や三井金属(5706)などの非鉄金属メーカーや、バッテリーのセパレーターを供給する東レ(3402)やダブル・スコープ(6619)はすでに相場の中心銘柄となっています。

・充電設備、充電サービス
EVの普及に伴い、ガソリンスタンドにかわって充電設備が整備されていくものと思われます。特に、アルバック(6728)が手掛ける太陽光発電を利用した急速充電システムは、クリーンエネルギーという観点からも注目が集まります。また、EVへの充電はガソリンスタンドほど大型の設備を必要としないため、コンビニなどの小型店舗でも行うことが可能となります。既に各コンビニチェーンで定額制の充電サービスの導入が始まっていますが、今後更に増加する可能性があります。

eワラントで投資するなら
テスラ コール 第62回
日産自 コール 第226回
パナソニック コール 第200回
住友鉱 コール 第190回
WSCOPE コール 第24回
アルバック コール 第6回
7&iHD コール 第102回

3

今回のコールくん、プットくんの注目銘柄

コールくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

相場が高値圏にあるため、相対的に出遅れているところが物色されると考えているよ。金融株はその候補になるかもしれないね。金融というとメガバンクの印象があるけど、地銀株のほうがメガバンクよりも値動きが軽そうな印象だね。3月の高値、株価600円台を回復してくるというシナリオを想定しているよ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

権利行使価格が相場水準より低い銘柄でリスクを抑えておこう。

保有期間の目安

2週間くらいを想定しているよ。

目標売却価格(買気配値)

4.3円を目標価格と設定するよ。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

コンコルディアFG コール 第2回
三菱UFJ コール 第263回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

プットくんが選ぶ〜注目銘柄

この原資産を選んだ理由

WTI原油先物相場は9月は上昇トレンドにあったけど、10月に入って下落トレンドに入ったかもしれないね。リビアとイラクで原油が増産されたことが背景みたい。米国でもシェールオイルが増産に転じたようだし、需給の悪化による原油価格下落継続を見込んでプットを選択したよ。

この権利行使価格と満期日を選んだ理由

現在の相場水準に近い権利行使価格50ドルを選んだよ。

保有期間の目安

数日から数週間で一旦売却のつもりだよ。

目標売却価格(買気配値)

10%〜20%の変動で一旦利食い、損切りの売りを繰り返していきたいね。

  • ※あくまでも現在の市場動向から推測した目安であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
この銘柄を見ている方はこんな銘柄も見ています

WTI原油先物リンク債2017年12月 プット 第2回
WTI原油先物リンク債2017年12月 コール 第2回

  • ※コメント作成時、eワラントホームページのアクセス状況に基づきます。

eワラントが10年以上投資家に支持されているワケ

eワラントのメリット

eワラントの関連コンテンツ

eワラントを極める!(毎週第1営業日更新)

申し込んで即取引可能!お申し込み・管理料は無料!
eワラントお申し込み

ご注意事項

  • SBI証券を通したマーケットメーカー(eワラント・インターナショナル)との相対取引になります。
  • 配当や株主優待の権利は発生しません。
  • 未成年口座のお客さまのeワラント取引のお申し込みは受付いたしておりません。

リスクについて

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式・株価指数、投資証券(REIT)、預託証券、国債先物、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。
さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。
お客さまの購入価格と売却価格には価格差(売却スプレッド)があります。
詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 400万口座キャンペーン
  • S株NOW!
  • 米ドル建社債
  • 成績表

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.