SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-05-19 17:59:16

ホーム > 不公正取引について > 「インサイダー取引」のチェックポイント

「インサイダー取引」のチェックポイント

質問に答えて、インサイダー取引の理解度をチェックしてみましょう。

質問 1 :

インサイダー取引規制は、上場会社が発行する株式のみが対象である。

質問 2 :

未公表の重要事実を知りながら、ストック・オプションの権利行使を行うことはインサイダー取引規制に該当する。

質問 3 :

上場会社のホームページ上での重要事実の掲載は、インサイダー取引規制上の「公表」にあたり、掲載後に行う取引は規制には該当しない。

質問 4 :

在職中に未公表の重要事実を知っていたが退職し、その半年後に行う当該銘柄の取引はインサイダー取引規制に該当しない。

質問 5 :

インサイダー取引規制違反の罰則は刑事罰のみで、個人の場合、5年以下の懲役もしくは、500万円以下の罰金または懲役と罰金が併科され、さらにインサイダー取引で取得した「財産」が没収・追徴される。

質問 6 :

新聞記者が取材の過程で未公表の重要事実を知った場合、インサイダー取引規制の対象となる。

質問 7 :

上場会社の子会社の社員が偶然、上場親会社の未公表の重要事実を知ってしまった場合、本人名義の口座での取引はインサイダー取引規制の対象となるが、家族や友人・知人等に指示した上で、他人名義の口座で行う取引は規制の対象外である。

質問 8 :

コピーを依頼された資料で未公表の重要事実を知った派遣社員は、インサイダー取引規制の「会社関係者」に該当する。

質問 9 :

災害による損害は重要事実に該当する。

質問 10 :

公開買付けの実施の決定はインサイダー取引規制の対象であるが、中止の決定は規制の対象外である。

SBI証券では取引に関する重要なルールについてお客様に理解を深めていただけるよう「東京証券取引所自主規制法人」が提供するeラーニングサービス「こんぷらくんのインサイダー取引規制入門」、「こんぷらくんのインサイダー取引規制応用編」及び「こんぷらくんの株価操作規制入門」を無料でご利用いただけます。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • 成績表

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.