SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-02-22 19:37:27

投資信託 > 1月の人気ファンドは?“日本中で人気”ファンドランキング!

1月の人気ファンドは?“日本中で人気”ファンドランキング!

2017/02/10

SBI証券の取扱いファンドの中には、SBI証券だけでなく他の金融機関でも人気のファンドも多く含まれています。モーニングスター社が推計した2017年1月の資金流入上位の銘柄の中から、当社でも取扱いしているファンドをピックアップ!ファンドの魅力と人気の理由について、詳しく解説します。

2017年1月の“日本中で人気”ファンドランキング!

1

レッグ・メイソン−LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)

(業界内順位:1位)

ファンドの特長

オーストラリアの株式を投資対象とし、配当利回りに着目して投資銘柄を厳選しています。

人気の理由

先進国で続く低金利を背景に高配当株への注目は高まりつつあります。
その中でも、オーストラリア株式の利回りは魅力的な水準であり、人気となっているようです。
毎月分配を行うファンドで、2015年7月の決算以降、200円(課税前)分配を継続しています。

2

東京海上−東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(愛称:円奏会)

(業界内順位:2位)

ファンドの特長

国内の株式、債券、リートに分散投資します。投資対象を円資産に絞ったシンプルなコンセプトのファンドです。

人気の理由

投資するのが国内資産のみであるため、為替変動の影響を受けず、また債券での投資比率が高いことから、安定的な運用が期待できることから人気となっているようです。
運用力の高さが評価され、モーニングスター社が選定する“Fund of the Year2016”のバランス(低リスク型)部門で2年連続の最優秀ファンド賞を見事受賞しました!

3

三井住友−グローバルAIファンド

(業界内順位:3位)

三井住友−グローバルAIファンド

カテゴリ:国際株式 レーティング:-
金額買付 口数買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定
ファンドの特長

世界の株式の中から、AI(人工知能)の進化、応用により高い成長が期待される企業の株式に投資するファンドです。

人気の理由

ロボティクスやIoTといったテクノロジーの進化がめざましい時代に突入していますが、それにはAIの進化が不可欠です。AIの進化に伴って様々な技術の開花が期待される中、AI関連企業の成長は投資の分野でも注目されています。世界のAI関連銘柄に当ファンドを通じて投資ができると人気を集めています。

4

One−みずほUSハイイールドオープンBコース(為替ヘッジなし)

(業界内順位:6位)

ファンドの特長

米国の米ドル建てハイイールド債券に投資し、相対的に高い利回りの獲得を目指します。

人気の理由

ハイイールド債券の高い利回りが魅力なっているファンドです。2015年7月の決算以降、毎月100円(課税前)を分配していることも人気を支えているようです。
当ファンドと同じ運用で、為替ヘッジタイプの「One−みずほUSハイイールドオープンAコース(為替ヘッジあり」がモーニングスター社が選定する“Fund of the Year2016”の債券型部門で最優秀賞を受賞しました!

5

ニッセイ−ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)

(業界内順位:8位)

ファンドの特長

世界の株式の中から配当利回りの高い銘柄に投資するとともに、オプション取引を活用してより高い利回りの獲得を目指すファンドです。

人気の理由

好配当銘柄の値上がりを狙うとともに、高水準の利回りの獲得を追及する運用方針が支持されているようです。300円(課税前)という分配水準も人気を下支えしています。

  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
  • ※運用状況によっては分配金額が変わる場合、または分配金が支払われない場合がありますのでご留意ください。
  • ※レーティングはモーニングスター社による評価の結果を表示したものであり、2017年1月末時点のものを記載しています。

ご注意事項

  • 当社取扱いファンドには、「毎月分配型」または「通貨選択型」の投資信託が含まれております。 該当ファンドにおきましては、お取引の前に必ず「毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項PDFです。新しいウィンドウで開きます。」の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • アムンディ・ダブルウォッチキャンペーン
  • 「動物×とうしん占い」

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.