SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-09-22 08:01:42

投資信託 > ついに毎日積立が実現!SBI証券の投信積立サービスが機能大幅拡充!

ついに毎日積立が実現!SBI証券の投信積立サービスが機能大幅拡充!

2017/09/12

投信積立のコースバリエーションが増加!究極の時間分散投資(毎日積立)が可能に!

今まで、SBI証券の投信積立サービスでは、毎月設定コースしかありませんでした。
今回、多くのお客さまの「毎日積立ができるようにして欲しい」とのリクエストにお応えして、投信積立サービスに毎日設定コースを加えます!究極の時間分散投資である「毎日積立」をぜひご活用ください!

さらに、新たな投信積立サービスでは、コースを拡充。毎日、毎週、毎月など5コースのなかから自由に積立コースが選べるようになります。これにより、今まで以上にきめ細かく「時間分散投資」ができるようになります!

選べるコースは全5コース!投資スタイルにに合わせて選べるように!

主要ネット証券最多!豊富なコースバリエーション

主要ネット証券5社のコースバリエーション比較

毎日コース

毎週コース

毎月コース

隔月コース

複数日コース

SBI証券
2017年10月中旬(予定)〜

松井証券

カブドットコム証券

(※2)

(※3)

マネックス証券

(※2)

(※3)

楽天証券

※1 本比較表は、ひとつのプランで一度に複数日数の積立プラン(コース)の設定をすることができるサービスを基準として作成しております。

※2 ※1のサービス基準に照らし合わせ、表示を「×」としております。ただし、一つの銘柄で月に何度も積立で買付をしたい場合は、指定日ごとに積立設定プランを都度作成することで、複数日数相当の積立設定が可能となっております。

※3 ※1のサービス基準に照らし合わせ、表示を「△」としております。ただし、一つの銘柄で月に何度も積立で買付をしたい場合は、指定日ごとに積立設定プランを都度作成することで、複数日数相当の積立設定が可能となっております。

※4 比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となります。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券を指します。

※5 カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券の積立設定プラン(コース)数は、2017/9/7(木)現在のサービスを基準に当社調べの内容を記載しております。

「時間分散投資」とは

時間を分散して少しずつ投資することで、高いときにたくさん買いすぎるのを避けることができる投資方法。これにより値段が高いときは少なく、値段が安いときは多く買うことで、結果的に安くたくさんの投資信託を買うことができます。

NISA投資可能枠を使い切れる!「NISA枠ぎりぎり注文」「課税枠シフト注文」

「NISA投資可能枠が残っていなかったため、NISAで積立の注文ができなかった・・・」
今までの投信積立サービスでは、例えば毎月50,000円の積立設定をしているのに、残りのNISA投資可能枠が40,000円しかなく、残りのNISA投資可能枠を超える積立注文があった場合、注文ができず、NISA投資可能枠を使い切ることができませんでした。

そんな問題を解決するために、投信積立サービスにNISA投資可能枠の残りに応じて自動で注文金額を調整する「NISA枠ぎりぎり注文」と、NISA投資可能枠に収まらなかった注文分を自動で課税口座での注文に変更する「課税枠シフト注文」が加わりました!
この新しい注文方法を活用すると、毎月の積立設定を変更することなく、NISA投資可能枠を残さず使いきることができるようになります。

NISA枠ぎりぎり注文

残りNISA投資可能枠よりも積立金額が多い場合、NISA投資可能枠を使い切る金額で積立発注を行ないます。

課税枠シフト注文

「NISA枠ぎりぎり注文」と同じく、残りNISA投資可能枠よりも積立金額が多い場合、NISA投資可能枠を使い切る金額で積立発注を行ないます。
それに加えて、NISA投資可能枠に収まらなかった残りの積立金額は、特定/一般預かりでの注文として積立発注を行ないます(NISA枠ぎりぎり注文か課税枠シフト注文のどちらかを選択できます。)

※「NISA枠ぎりぎり注文」を設定されている場合でも、買付手数料が発生する場合は、NISA投資可能枠が残り0円にならないことがございます。

投信積立銀行引落サービスが使いやすく!

今までの投信積立銀行引き落としサービスは、積立設定した金額の引落しのみでしたが、
新しい銀行引落サービスでは、積立金額だけではなく、自動引落金額を自由に設定できるようになります。
引落した資金は、投資信託の購入はもちろん、株式の購入、先物やFX、金などの様々なお取引に活用することができます!
積立FXや金・プラチナ積立をご利用されてる方、ロボアドなどの各種サービスにも、銀行引落サービスはおすすめです。もちろん、無料でご利用いただけます!

積立設定金額に関わらず、別に「自動引落金額」を設定できる!

銀行引落サービス

積立などの買付代金を、手数料無料でお客様ご指定の銀行口座から毎月自動的に引落して買付ができるサービスです。
証券総合口座へのご入金の手間を省きます。

SBI証券の投信積立サービスのメリット!

今回の機能拡充でますます使いやすくなった投信積立サービス。
SBI証券の投信積立サービスのメリットをまとめてご紹介!

※1 一部の銘柄は100円からの積立設定を行うことができません。

※2 ポイント付与対象は、当社取扱の国内公募株式投資信託のみです

さぁSBI証券で投信積立をはじめよう!

100円から手軽にはじめられ、商品ラインナップ、メール通知やポイントサービスなど周辺サービスも充実のSBI証券の投信積立。
「でも、どんな銘柄が投信積立におすすめなの?」
さっそくはじめてみたいとい方に、STEP1のおすすめの投資信託をまずはチェック!慣れてきたらランキングや投信パワーサーチも活用しよう!

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • ポートフォリオの達人

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.