SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-16 16:07:04

投資信託 > “Fund of the Year2015”発表!モーニングスターによるファンド解説つき

“Fund of the Year2015”発表!モーニングスターによるファンド解説つき

2016/03/03

国内最大手の投信評価機関「モーニングスター」が選ぶファンドアワード“Fund of the Year2015”が発表されました!
2016/3/3より、受賞ファンドの取扱いを3ファンド追加いたしました。
これにより、SBI証券でお取扱いしているファンドは、受賞ファンドのうち、最優秀ファンド賞が8本、優秀ファンド賞が23本となりました。
モーニングスターによる各ファンドの選定ポイントを各部門の概観とあわせて受賞ファンドをご紹介します!

“Fund of the year 2015”とは?

国内最大手の投資信託の評価機関であるモーニングスターは、毎年、国内の公募追加型株式投資信託 約5,000本の中から、運用実績と運用・調査体制などの総合評価に基づいて、優れたファンドを選定して『ファンド オブ ザ イヤー』として表彰しています。
2015年も、SBI証券のお取扱ファンドの中から28本が受賞しました!

2015年「国内株式大型」部門の概況

2015年は、日経平均株価が9.07%上昇し、部門内の86%のファンドがプラスのリターンを獲得するなど、投資環境は良好で、資金流入の面でも活況でした。そうした環境において、アクティブファンドとして、際立った運用スタイルで高いリターンを実現したファンドのほか、長期でも高い運用成績を維持しているファンド(SBI証券取扱ファンドは4本)が選定されました。

受賞のポイント

2015年のトータルリターンは18.52%と、類似ファンド分類「国内大型グロース」に属する104本のファンドの中で第4位の成績となりました。暦年のトータルリターンでは、7年連続で同分類平均を上回り、長期でも優れた運用成績を残しています。愛称が示す通り、徹底的な企業調査に基づいた約20銘柄への厳選投資が高いリターンを実現しており、2014年の「ファンド オブ ザイヤー」に続き、2年連続の最優秀ファンド賞を受賞しました。

優秀賞受賞

ページトップへ

2015年「国内株式中小型」部門の概況

2015年は、部門内の92%のファンドがプラスのリターンを獲得しただけでなく、20%以上のリターンを獲得したファンドも数多く存在するなど、中小型株ファンドが優位の投資環境となりました。そうした環境において、極めて高いリターンを獲得したファンドや、長期でも優れた運用成績を持つファンド(SBI取扱いファンドは5本)が選定されました。

受賞のポイント

2015年のトータル30.66%と、類似ファンド分類「国内小型グロース」に属するファンドの中で上位15%、運用効率の高さを示すシャープレシオは上位6%の成績となりました。過去10年間では、トータルリターン・シャープレシオがともに同分類内で上位10%以内となっており、長期でも優れた運用成績を残しています。当ファンドでは、年間5,000件を超える企業調査実績と強固な運用・調査体制が強みとなっています。

優秀賞受賞

ページトップへ

2015年「国際株式型」部門の概況

2015年は 、“チャイナショック”に代表されるように世界的に株価変動の激しい1年となる一方で、ヘルスケア関連ファンドや欧州株式ファンドは概ね良好でした。米国株式ファンドにおいては、利上げや原油安の影響から、組入業種や運用スタイルなどで大きく明暗が分かれました。そうした環境を上手く捉えて強みを発揮し、優れた運用成績を残したファンド(SBI証券取扱いファンドは7本)が選定されました。

受賞のポイント

2015年のトータルリターンは12.82%と、類似ファンド分類「国際株式・グローバル含む日本(為替ヘッジなし)」に属する170本のファンドの中で第1位の成績となりました。過去3年間では暦年のトータルリターン・シャープレシオがともに同分類内で上位5%以内の成績を維持するなど、近年は特に優れた運用成績を継続しています。2014年の「ファンド オブ ザイヤー」での優秀ファンド賞に続き、2015年は最優秀ファンド賞を受賞しました。

優秀賞受賞

ページトップへ

2015年「債券型」部門の概況

2015年は、部門内の約8割のファンドがマイナスのリターンとなるなど、厳しい投資環境のなかで、新興国や資源国の組入比率が低いファンドや、相対的に利回り水準の高い社債の組入比率を高くしていたファンドなどが、優れた運用成績を残す傾向が見られました。そうした環境において、相対的に高いリターンを獲得したファンドや、長期で安定した運用成績を残したファンド(SBI証券取扱いファンドは5本)が選定されました。

受賞のポイント

2015年のトータルリターンは1.20%と、類似ファンド分類「国際債券・北米(為替ヘッジなし)」に属する93本のファンドの中で第4位の成績となりました。過去5年間ではシャープレシオが同分類内第1位で、長期でも優れた運用効率を実現しています。海外資産に投資するファンドでは、海外の委託会社に再委託するケースも多いなか、当ファンドでは米国にアナリストを配置するなど、自社で一貫して運用しているのが特徴です。

優秀賞受賞

ページトップへ

2015年「REIT型」部門の概況

2015年のREIT市場は、地域間格差はあったものの、代表的な指数である「S&P REIT指数(ドルベース、配当込み)」のグローバル(除く日本)は7年連続で上昇しました。REIT型 部門における年間の純資金流出入額は2兆2,823億円の流入超過と、過去最高を更新しました。米国REIT市場で着実にリターンを積み上げた、人気、実力ともにトップクラスのファンド(SBI証券取扱いファンドは3本)が選出されています。

受賞のポイント

2015年のトータルリターンは3.17%と、類似ファンド分類「国際REIT・北米(為替ヘッジなし)」の中では上位25%内となりました。5年連続で類似ファンド分類平均を上回っています。ファンドマネジャーは、米国で30年弱の運用実績を有するREITファンドも担当しています。2014年の「ファンド オブ ザ イヤー」で最優秀賞を受賞しており、今回で2年連続となりました。また、優秀賞を含めて通算で6度目の受賞は最多タイとなります。

優秀賞受賞

ページトップへ

2015年「バランス(安定成長)型」部門の概況

2015年は、候補ファンドが属する類似ファンド分類「安定成長」のトータルリターン平均が▲2.91%となりました。年間のリターンがマイナスとなるのは欧州危機があった2011年以来4年ぶりと、厳しい投資環境となるなか、相対的に良好な運用成績を実現したファンド(SBI証券取扱いファンドは2本)が選定されました。

受賞のポイント

2015年のトータルリターンは2.42%と、類似ファンド分類「安定成長」平均を5.32%上回りました。良好な市場環境となった国内株式の組入比率が相対的に高かったほか、外国為替市場では円がユーロなどに対して強含むなか、国内資産を中心に構築するポートフォリオが奏功し、同分類内で上位15%以内の成績となりました。四半期ごとの3カ月トータルリターンでは10−12月期を除く3四半期で同分類平均を上回りました。

優秀賞受賞

ページトップへ

2015年「バランス(成長)型」部門の概況

2015年は、候補ファンドが属する類似ファンド分類「成長」「バランス」のトータルリターン平均がそれぞれ▲0.12%、▲1.17%となりました。いずれも、年間のリターンがマイナスとなるのはいずれも欧州危機があった2011年以来4年ぶりと、厳しい投資環境となるなか、相対的に良好な運用成績を実現したファンド(SBI証券取扱いファンドは2本)が選定されました。

受賞のポイント

2015年のトータルリターンは2.11%と、類似ファンド分類「成長」平均を3.29%上回りました。8月の世界同時株安に先立ち国内株式の組入比率を引き下げるなど比率の変更を適宜行ったことなどから、同分類内で上位30%の成績となりました。四半期ごとの3カ月トータルリターンでは、1−3月期を除く3四半期で同平均を上回り、世界同時株安が起こった7−9月期においても同分類内で優位となりました。

優秀賞受賞

ページトップへ

2015年「バランス(安定)型」部門の概況

2015年は、候補ファンドが属する類似ファンド分類「安定」のトータルリターン平均が▲3.25%となりました。年間のリターンがマイナスとなるのは欧州危機があった2011年以来4年ぶりと、厳しい投資環境となるなか、相対的に良好な運用成績を実現したファンド(SBI証券取扱いファンドは3本)が選定されました。

受賞のポイント

2015年のトータルリターンは1.26%と、類似ファンド分類「安定」平均を4.52%上回り、同分類内で上位20%以内となりました。国内外の株式市場の変動が高まる中、国内債券の比率を約7割で維持し、安定的にリターンを獲得。四半期ごとの3カ月トータルリターンは、4−6月期を除く3四半期で同平均を上回りました。世界同時株安が起こる直前の7月末時点で国内株式とJ-REITの比率をそれぞれ8.7%、8.2%と基本配分比率の15%より低く抑え、相場急変を乗り切りました。

優秀賞受賞

ページトップへ

※上記は過去の実績であり、将来の運用を保証または示唆するものではありません。

Morningstar Award “Fund of the Year 2015”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
当賞は、国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、各部門において総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資対象毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • 「毎月分配型投資信託」または「通貨選択型投資信託」が含まれております。お取引の前に必ず「PDFです。新しいウィンドウで開きます。毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.