SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-19 16:28:40

投資信託 > 特集 > 「まだまだインド」派 「NEXTインド」派 あなたはどっち?

「まだまだインド」派 「NEXTインド」派 あなたはどっち?

2024/4/15

【根強い人気】今押さえておきたい投資テーマ高配当

人口増加や経済発展に伴う成長期待から、好調なパフォーマンスを見せてきたインド株式ファンド。
SBI証券でも2023年以降「インド」が検索ホットワードに上がり続けており、その人気には衰えが見えません。
しかし一方で、高値警戒感やポートフォリオ分散の観点から、インドの次のテーマを物色し始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、引き続きインドに注目する「まだまだインド」派、インドの次(NEXT)に来るテーマを探す「NEXT インド」派、それぞれの方に向けて注目ファンドをご紹介します。(コメント・データは2024年2月末時点)

CONTENTS

まだまだインド派 インド株式ファンドでしっかりパフォーマンスを狙いたい

!

まだまだインド派のあなたのために、トータルリターンランキングをチェック!
また、玉石混交の新興国株式市場だからこそ注目したいポイントを、
SBI証券川上ファンドアナリストに聞きました。

インド株式ファンドのトータルリターン(1年)ランキング(※1)


  ファンド名 トータルリターン 標準偏差
6ヵ月 1年 3年
1 HSBC インド・インフラ株式オープン 27.8% 68.6% 34.8% 12.9
2 イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド 27.7% 62.4% 27.9% 12.7
3 イーストスプリング・インド・コア株式ファンド 23.1% 55.1% 44.4%※2 12.5

※1データは2024年2月末時点。データは、ウエルスアドバイザー社から提供を受けたデータを元に表示。
※2イーストスプリング・インド・コア株式ファンドは3年の運用期間が無いため、設定来のリターンを表示。

インド関連ファンドでは、インドの代表的な指数であるSENSEX30指数やNifty50インデックスへの連動をめざすインデックスファンドが人気となっています。しかし、1年リターンでは、Nifty50インデックスを大きく上回る好成績のアクティブファンドが多くなっていることに注目ください。

これらのアクティブファンドの特徴としては、
第2次モディ政権(2019年〜)の大型インフラ投資で恩恵を受けているインフラ関連(資本財、エネルギー、素材など)の株式にフォーカスして投資を行っているファンドであることや、堅調な個人消費の拡大を背景として高い成長が期待できる中小型株式に着目して投資を行っているファンドといえます。

高成長が期待できるインドへの投資においては、大型株の指数への連動をめざすインデックスファンドだけでなく、好成績のアクティブファンドを活用して高いリターンを狙う戦略が有効と考えます。

NEXTインド派  インドの次に来るテーマを探したい

!

NEXTインド派のあなたに向けて、SBI証券川上ファンドアナリストに、
インドの次に着目したいテーマを聞きました。

新興国株式への投資においてはインド株だけでなく、広く分散投資を行ってある程度リスクを抑えて高成長を享受したいというニーズもあると思われます。
そういう方におすすめしたいのは、新興国株式インデックスの実績を上回るアクティブファンドです。

SBI証券「国際株式・エマージング」カテゴリでのリターンを見てみましょう。

1年リターンの首位のファンドは、ビッグデータ新興国小型株ファンド(1年決算型)です。
新興国の小型株を投資対象としており、国別ではインド、台湾、韓国の組入比率が高くなっています(2024年2月末)。近年パフォーマンスで劣後する中国株の比率は新興国インデックスファンドと比べて低くなっています。

ビッグデータ新興国小型株ファンド(1年決算型)

SBIセレクト選出銘柄トータルリターン(1年):+40.7% (3年):22.4%

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

同様に3年リターン首位のファンドは、iTrust新興国株式(愛称:働きざかり〜労働人口増加国限定〜)です。
愛称の通り、労働人口の拡大に注目し、相対的に高い成長が期待される国に投資しています。2月末時点の上位組入国は、ブラジル、インド、メキシコ、南アフリカ、アラブ首長国連邦の5ヵ国となっています。その他9ヵ国に投資していますが、中国の組入れはありません。

iTrust新興国株式(愛称:働きざかり〜労働人口増加国限定〜)

SBIセレクト選出銘柄トータルリターン(1年):+39.9% (3年):23.1%

金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

分散型の新興国株式への投資は、インデックスファンドだけでなくアクティブファンドの活用も有効といえます。

ご注意事項

  • 「毎月分配型」「隔月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月または隔月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.