SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-10-17 18:46:38

投資信託 > 特集 > 環境関連が新たな成長分野に!「GX(グリーン・トランスフォーメーション)関連株式ファンド」の魅力を解説

環境関連が新たな成長分野に!「GX(グリーン・トランスフォーメーション)関連株式ファンド」の魅力を解説

2021/7/8

環境関連が新たな成長分野に!「GX(グリーン・トランスフォーメーション)関連株式ファンド」の魅力を解説

環境関連ビジネスは、先行していた欧州に加え、アメリカ、日本、中国でも強化する政策を打ち出しました。一昔前であれば環境関連ビジネスは儲からないビジネスというイメージがありましたが、テクノロジーの進化により成長分野として注目されています。いまや、世界のお金はESG投資や環境関連投資に大きくシフトしています。

そのような環境関連ビジネスの成長性に着目したファンドが「グローバルGX関連株式ファンド」「アジアGX関連株式ファンド」です。

グリーン・トランスフォーメーション"GX"とは?

二酸化炭素(CO2)の排出量の増加や海洋プラスチックごみによる環境破壊など、世界は様々な課題に直面しています。GXは先端技術を活用してこれらの課題を解決し、持続可能な社会を実現させることを指します。

2015年にすべての参加国に温室効果ガス排出削減の努力を求める国際的な枠組み(パリ協定)が採択され、2020年には中国、米国が脱炭素社会への転換を表明したことで、カーボンニュートラル(脱炭素)社会に向け世界が大きく動き始めました。

テクノロジーの進化により、地球の危機をビジネスチャンスに変えるグリーン・トランスフォーメーション”GX”は新たな成長分野として注目されています。

  • ※上記はイメージです。
  • (出所)三井住友DSアセットマネジメント

環境関連ビジネスの市場規模に注目

人類の歴史はテクノロジーの進化により大きく変化してきました。エネルギー関連分野の技術の進化は環境破壊に歯止めをかけ、2050年に向け、カーボンニュートラル社会(脱炭素社会)の実現が期待されます。

その市場規模の成長は2050年にかけて2,340兆円になるとの環境省予測もあり、GX関連企業は地球環境改善に貢献するとともに中長期的な成長が期待されます。

  • (出所)三井住友DSアセットマネジメント

組入銘柄をご紹介!

「グローバルGX関連株式ファンド」では世界の株式の中から環境に関する技術の進化や政策の変化に関して成長が期待できるGX(グリーントランスフォーメーション)関連企業に投資を行います。銘柄の選定にあたっては「脱炭素技術の進化」「エネルギーのクリーン化」「限られた資源の活用」の3つのてテーマから成長が期待できる銘柄を選別します。

以下では投資対象銘柄と運用者の見方についてご紹介します。

脱炭素技術の進化(EV向けバッテリーや部品など)

各国・地域の政府はガソリン・ディーゼル車の新車販売禁止に向けて動いており、今後5年〜20年で主役はガソリン・ディーゼル車から電気自動車(EV)等へシフトすると考えられます。

EVの台頭は長期にわたると予想されており、それに伴い関連するバッテリーや部品などの中長期的な需要増加が期待されます。

・リチウムイオン電池の開発と製造における世界的リーダーとして、新エネルギーアプリケーション向けの最先端ソリューションを提供。

・ 2020年のEVバッテリー生産量は、4年連続で世界トップ。

・テスラやトヨタなどメーカーに大手自動車メーカーに納入。

Contemporary Amprex Technology (CATL)
CATL (中国)

エネルギーのクリーン化 (再生可能エネルギー)

CO2排出量の軽減などの理由から、風力・太陽光発電などの再生可能エネルギーに注目が集まっています。実際に風力・太陽光発電の発電量は近年急速に伸びており、今後もエネルギー源別の発電量におけるシェア拡大が期待されます。

洋上風力発電は陸上よりも風況が良く広域に利用ができることから、風車の大型化が可能となり、スケールメリットによる発電コストの抑制が期待されます。

・風力発電のタービン製造から、タービンの保守・メンテナンスサービスなどを提供するフィービジネスを構築。

・ 洋上風力発電で70%以上のシェアを持ち、市場拡大の恩恵に期待

・ 2022年にローターの直径が200mとなる大型タービンの量産開始を予定しており、従来より年間発電量が最大40%向上予定

Siemens Gamesa Renewable Energy
シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー (スペイン)

限られた資源の活用 (脱プラスチック技術など)

海洋プラスチックごみ問題など、世界各国でプラスチックの規制強化の流れが強まっています。

2019年6月に行われたG20で、2050年までに海洋プラスチックごみによる追加的な汚染をゼロにすることを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を共有しました。この世界的な目標を達成するために、プラスチックごみの抑制に寄与する企業が注目されます。

・100%生分解性、再生可能なプラスチックを生産しており、次世代プラスチック市場で高い競争力

・ 次世代バイオプラスチック素材の開発で、石油資源の使用量やプラスチック廃棄物の削減などの脱プラスチックソリューションを提供

・ 同社の製造する100%生分解性のボトルは、植物の種子油を原料とし、土壌や海水などの幅広い環境下において生分解、有害なマイクロプラスチックを残さず消滅

Danimer Scientific
ダニマー・サイエンティフィック (米国)

  • ※上記は過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
  • ※投資対象銘柄の例示を目的とするものであり、ファンドにおいて上記銘柄に投資するとは限りません。また、個別銘柄を推奨するものではありません。
  • (出所)三井住友DSアセットマネジメント

動画で詳細をチェック!

  • ※YouTubeへ遷移します。

ご注意事項

  • 「毎月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

  • Vシリーズ

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • SMT MIRAIndex 未来はここから選び出す
  • つみたてステーション

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.