SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-01-25 19:06:16

投資信託 > 特集 >  「グローバルな株式投資の重要性と、アクティブ運用の魅力について」Vol.3

「グローバルな株式投資の重要性と、アクティブ運用の魅力について」Vol.3

2020/11/25

コロナ渦で先が見えない中、我々が取り組んでゆくべき資産形成の方向性とは一体何なのか?「人生と社会を豊かで幸せにする投資の本質」を説くインベスコ・グローバル資産形成研究所所長の加藤氏と、個人投資家に向けた情報発信を続けてきた、LIFE MAP合同会社代表で金融ジャーナリストの竹川氏が、資産形成において大切な二つのテーマについて熱く議論を交わしました。全3回に渡る対談内容の第3回目をお届けします。

加藤 航介
インベスコ・アセット・マネジメント(株)
グローバル資産形成研究所

竹川 美奈子
LIFE MAP合同会社社長

アクティブ運用との付き合い方とは?

 加藤 

本日は、アクティブ運用とパッシブ運用についても考えていきたいと思います。この二つの運用商品とどう付き合っていけば良いのか?研究所がお伝えしていることは、初心者の方は分かりやすいパッシブ運用から入って投資の経験を積む。ただし、ゆくゆくはアクティブ運用とパッシブ運用を半々で持つことを目指すのが良いと思っています。アクティブ運用は、世の中の応援やモニタリングという社会を豊かにするために不可欠な機能を果たす本来の株式投資の姿です。そしてパッシブ運用は、アクティブ運用の業界をけん制する役割を持っています。この2つは車の両輪でどちらも社会に欠かせません。

 竹川 

これから資産形成を始める方には、まず世界の株を丸ごと持つことをすすめています。日本を含む全世界の株式に投資できるパッシブファンドを1本持つなどです。アクティブ運用について誤解されがちなのは、その運用パフォーマンスが株価指数と比べられて論じられることです。そもそも株価指数にこだわらない運用がアクティブ運用です。最近はアクティブ運用の保有銘柄が、株価指数とどれぐらい違うのかという指標(アクティブ・シェア)も開示されたりしているので、参考にされると良いと思います。

 加藤 

価格の変動を抑える、配当を多く払っている企業に注目する、環境問題を重視している企業へ投資をするなど、アクティブ運用にはいろいろな特色がありますよね。大切なのは自分が共感できるファンドと出合い投資を継続させることです。日本人が長期のグローバル株式投資に取り組めていないのは、アクティブ運用という本来は社会を豊かにする土台の理解が浸透する前に、安さ重視のパッシブ運用が啓発されてしまったことが一因とも思っています。そして、投資を理解する上では、その本来の姿であるアクティブ運用と付き合っていくことはとても大切なことです。

 竹川 

アクティブ運用は商品によって商品性もかなり違います。だからこそ、英語の頭文字をとって5つの「P」と言われる①投資哲学(Philosophy)、②投資先の選定プロセス(Process)、③ポートフォリオの中身(Portfolio)、④運用体制(People)、⑤運用実績(Performance)を見ることが大事です。アクティブ運用は、とかくイメージ先行になりがちですが、「TVで紹介されていたから」とか「直近の成績がよかったから」ではなく、総合的に見ることが大切です。その上で、納得、共感できる投信を持ちましょう。

 加藤 

研究所では、アクティブ運用選びでは3つの基準を見てほしいと伝えています。ファンドマネージャーが、①本当に長期の視点で投資をしているか(ロングターム)、②企業のビジネスを見て投資先を選んでいるか(ボトムアップ)、③経営者が投資家と同じ船にのっているか(インセンティブ)です。この3つを満たしているファンドは、世の中の応援やモニタリングを行っており、結果、皆さんのお金が社会を豊かにしていくことに貢献しているからです。そして、社会の豊かさの増加の一部を得ることが投資の本質です。

 竹川 

資産運用会社は、製造業でいえばメーカーです。作り手として、もっと自社の投資哲学や運用の強みについて、発信してほしいです。商品についても、丁寧な情報開示を期待しています。歴史のある外資系の運用会社は、運用や社会に対しての確固たる哲学や理念がある訳で、それらを伝えて共感を得ることが、投資家に資産形成が根づくことにもつながると思います。

 加藤 

おっしゃる通りですね。資産運用会社は、個人投資家の方と共に資産形成の道を歩んでいくパートナーです。そして、グローバルな投資や、社会を豊かにする正しいアクティブ運用への理解を、より根付せていかなければならないと思っています。今回は、様々な意見交換をさせていただき、大変勉強になりました。ありがとうございました。

〜社会の豊かさに貢献している優良なアクティブ運用と正しく付き合おう〜

ご注意事項

  • 「毎月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション
  • 人気急上昇中の海外ETF!5つの人気の理由とは?

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.