SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-08-04 02:23:27

投資信託 > 特集 > ”コロナショック”にも負けない米国株の強さに注目!米国株インデックスファンド特集

”コロナショック”にも負けない米国株の強さに注目!米国株インデックスファンド特集

2020/7/21

世界中がアフターコロナ時代を見据える中、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が発表した「パンデミック下でも繁栄する世界トップ100社」では、コロナ禍でも強いのは米国(47社)と中国(24社)の企業という結果になりました。
なかでもネット小売り、クラウド、ソーシャルメディアなど今後さらに注目度が増すと予想される企業が多いことがポイントです。
そこで本ページでは米国株投資の選択肢として、同結果でTOP10に入った銘柄が多く含まれるインデックスファンドを指数別にピックアップしてご紹介いたします。

パンデミック下でも繁栄する世界トップ100社

 

会社名

時価総額の増加額(億ドル)

変化率

1

アマゾン

米国

4,011

43.8%

2

マイクロソフト

米国

2,699

22.4%

3

アップル

米国

2,191

16.8%

4

テスラ

米国

1,084

143.8%

5

テンセント

中国

931

20.3%

6

フェイスブック

米国

857

14.6%

7

エヌビディア

米国

833

57.8%

8

アルファベット(グーグル)

米国

681

7.4%

9

ペイパル

米国

654

51.5%

10

Tモバイル

米国

597

89.0%

  • ※出所:英紙フィナンシャル・タイムズ
  • ※調査期間:2020/1/1〜6/17

S&P500指数

ニューヨーク証券取引所、NASDAQに上場している銘柄のうち代表的な500銘柄で構成されている指数です。米国株式市場全体の動きを表す指数として、広く利用されています。米国株の代表的指数であり続けることを目指して定期的に見直しを行い、必要に応じて優良銘柄へ入れ替えを行っています。

過去の推移(1999/12/31-2020/6/30)

  • ※1999年12月末=100として指数化
  • ※S&P500指数(配当なし、米ドルベース)
  • ※出所:BloombergよりSBI証券作成

代表的な組入銘柄(上位10社)

  1. マイクロソフト
  2. アップル
  3. アマゾン・ドット・コム
  4. フェイスブック
  5. アルファベット(グーグル)
    (議決権あり)
  6. アルファベット(グーグル)
    (議決権なし)
  7. ジョンソン・エンド・ジョンソン
  8. バークシャー・ハサウェイ(小型株)
  9. ビザ
  10. プロクター・アンド・ギャンブル
  • ※2020年6月末現在
  • ※上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。

ファンド

ベンチマーク

信託報酬率
(年率・税込)

SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

S&P500株価指数(円換算ベース)

0.0938%程度

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

S&P500(税引き前配当金込/円換算ベース)

0.0968%以内

NASDAQ100指数

NASDAQに上場している銘柄のうち、金融銘柄を除いた時価総額上位100銘柄で構成されている指数です。時価総額は変動するため定期的に銘柄入れ替えを行っています。時価総額が大きくなりやすい金融銘柄を除いているため、IT関連企業の影響力が強く、S&P500指数と比較して値動きが大きくなる傾向があります。

過去の推移(1999/12/31-2020/6/30)

  • ※1999年12月末=100として指数化
  • ※NASDAQ100指数(配当なし、米ドルベース)
  • ※出所:BloombergよりSBI証券作成

代表的な組入銘柄(上位10社)

  1. マイクロソフト
  2. アップル
  3. アマゾン・ドット・コム
  4. フェイスブック
  5. アルファベット(グーグル)
    (議決権なし)
  6. アルファベット(グーグル)
    (議決権あり)
  7. インテル
  8. エヌビディアコーポレーション
  9. アドビ
  10. ペイパル
  • ※2020年6月末現在
  • ※上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。

ファンド

ベンチマーク

信託報酬率
(年率・税込)

農林中金-NZAM・ベータ NASDAQ100

NASDAQ指数(配当込み、委託会社円換算ベース)

0.44%

大和-iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

NASDAQ100指数(円換算ベース)

0.495%

FANG+指数

「FANG」とは、「Facebook」(フェイスブック)、「Amazon」(アマゾン・ドット・コム)、「Netflix」(ネットフリックス)、「Google」(グーグル)(上場企業名Alphabet:アルファベット)を繋げた略語です。FANG+指数はこの「FANG」に、iPhoneで有名な米アップル、中国ネット通販のアリババ集団、中国検索エンジンのバイドゥ(百度)、米半導体のエヌビディア、米電気自動車メーカーのテスラ、米情報発信ツールのツイッターを加え、現在のところ10銘柄で構成されています。銘柄数が少ないため、S&P500指数やNASDAQ100指数よりも値動きが大きくなりやすい傾向があります。

過去の推移(2014/9/19-2020/6/30)

  • ※2014年9月19日=100として指数化
  • ※FANG+指数(配当なし、米ドルベース)
  • ※出所:BloombergよりSBI証券作成

全組入銘柄(10社)

  1. フェイスブック
  2. アップル
  3. アマゾン・ドット・コム
  4. ネットフリックス
  5. アルファベット(グーグル)
    (議決権あり)
  6. アリババ
  7. バイドゥ
  8. エヌビディア
  9. テスラ
  10. ツイッター
  • ※2020年6月末現在
  • ※上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。

ファンド

ベンチマーク

信託報酬率
(年率・税込)

大和-iFreeNEXT FANG+インデックス

NYSE FANG+指数(円ベース)

0.7755%

ご注意事項

  • 「毎月分配型」「隔月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月または隔月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション
  • 人気急上昇中の海外ETF!5つの人気の理由とは?

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.