SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-04-05 07:50:06

投資信託 > 特集 >  中国のテクノロジー企業に厳選投資!「SBI中国テクノロジー株ファンド」

中国のテクノロジー企業に厳選投資!「SBI中国テクノロジー株ファンド」

2020/3/3

近年、テクノロジーの分野において中国企業の存在感が高まっています。テクノロジー関連企業というと、「GAFA」を代表とする米国企業を思い浮かべる方も多いと思いますが、中国は今、インターネットと製造業の融合を積極推進する「中国製造2025」などの国家戦略を掲げ、米国に代わるテック大国を目指しています。

そんな勢いのある中国テクノロジー関連の企業に着目した新ファンドが新登場!
世界27拠点に展開するモーニングスター・グループの情報も活用した中国株運用を、投資家の皆さまにご提供します。

SBI−SBI中国テクノロジー株ファンド

募集期間:2020/3/3(火)〜3/23(月) 12:00(インターネットでの申込の場合)

お申し込みはこちら

ファンドの特色

1上海・深セン証券取引所に上場されている人民元建て株式を中心に投資

2主に革新的なテクノロジーやサービスにより業界を牽引することが期待される企業に厳選投資

中国の成長を支える3つの国家戦略

今やデジタル大国となった中国を支えているのが、国家戦略です。中国は国を挙げて産業とインターネットを結びつけようという方針を強力に推し進め、政府・企業が一体となって新たなサービスを生み出し成長に結びつけようとしています。
さらに中国は13億人を超える人口を有する巨大マーケットであることから、そうして生まれた新サービスによる個人消費の拡大が、経済の成長につながると期待されています。

3つの国家戦略

1インターネットプラス

インターネットを用い既存産業や地域経済を活性化させる国家戦略。電子商取引、金融包摂、人口知能など11の指定分野においてインターネットと既存産業の融合を目指す

2次世代AI発展計画

中国AI産業を2030年までに世界最高水準に向上させる国家戦略。AIがこれからの経済成長を担うとしてAI技術の発展を後押しする

3中国製造2025

既に製造「大国」となった中国が技術面でも世界をリードする製造「強国」になるとの観点から、2025年までに製造強国に仲間入りするという国家戦略。次世代通信システム「5G」をはじめ10の重点分野と23品目を具体的に挙げて、それぞれに高い市場シェアを目標値として掲げる。

高いパフォーマンスが期待される中国株式市場

世界のGDPの15%を占めるまでに成長した中国。GDPの増加に伴い、中国株式市場の規模も大きくなっています。
また、米国や日本と比較して、中国A株は相対的に高いパフォーマンスを発揮しています。

世界における中国の名目GDP及び時価総額の比率

  • ※[出所] IMF(国際通貨基金)、世界銀行発表のデータよりSBIアセットマネジメント作成
  • ※データ期間(2003年〜2018年)

中国株式市場と他指数比較(現地通貨ベース)

  • ※出所 BloombergのデータよりSBIアセットマネジメント作成
  • ※各指数の2000年1月末データを100として指数化
  • ※期間:2000年1月末〜2019年11月末
  • ※本グラフの指数は配当込み指数ではありません。
  • ※SBIアセットマネジメント作成資料から抜粋

運用シミュレーションのご紹介

中国のテクノロジー関連企業とは、どのような企業があるのでしょうか。
ここではそのイメージをつかんでいただくため当ファンドの投資手法で行った運用シミュレーションの結果をご紹介します。

パフォーマンス推移(現地通貨ベース)

上場市場別構成比率

セクター別構成比率

  • ※出所 BloombergのデータよりSBIアセットマネジメント作成
  • ※2015年12月末を100として指数化
  • ※四捨五入の関係上、合計が100%にならない場合があります。
  • ※本グラフの指数は配当込み指数ではありません
  • ※上記はバックテストの結果であり、本ファンドの将来の投資成果を示唆・保証するものではありません
  • * 上記期間(2015年12月以降)にファンドが存在していたと仮定した上で、2019年12月末時点のモデル・ポートフォリオの組入銘柄を基にして算出したシミュレーション結果であり、実在するポートフォリオの値ではありません。また、費用、税金等については考慮していません。

投資候補銘柄

No.

銘柄

市場

時価総額
(百万元)

概要

1

ピン・アン・インシュアランス(グループ)カンパニー・オブ・チャイナ
中国平安保険(集団)股分有限公司

上海A

15,390

ピン・アン・インシュアランス(グループ)カンパニー・オブ・チャイナ(中国平安保険(集団)股分有限公司)は個人金融サービスを提供する会社です。同社は保険、銀行、投資及びインターネット金融商品とサービスを提供し、保険事業・銀行事業・資産管理事業・インターネット金融事業の4つの事業区分により構成されています。

2

ハンヂョウ・ハイクビジョン・デジタル・テクノロジー
杭州海康威視数字技術股分有限公司

深センA

3,060

ハンヂョウ・ハイクビジョン・デジタル・テクノロジー(杭州海康威視数字技術股分有限公司)は監視カメラなどのビデオ製品の研究・開発・製造・販売及びビデオサービスの提供に従事する会社です。同社は主にフロントエンド製品、バックエンド製品、及びセンターコントロール製品を提供しています。また、建設エンジニアリングサービスとイノベーション事業も提供しております。

3

ゼット・ティー・イー
中興通訊股分有限公司

深センA

1,377

ゼット・ティー・イー(中興通訊股分有限公司)は情報通信技術(ICT)関連システム、機器及び端末の設計・開発・生産・流通・設置に従事する中国拠点の会社です。同社はネットワーク事業・政府企業事業・消費者事業の3つの事業区分により構成されています。

4

ウィル・セミコンダクター・シャンハイ
上海韋爾半導体股分有限公司

上海A

1,238

ウィル・セミコンダクター・シャンハイ(上海韋爾半導体股分有限公司)は主に半導体デバイスの研究・開発、設計、販売を行う中国拠点の会社です。同社の主な事業は、半導体の研究・開発・設計および半導体製品の販売です。同社の製品は主に移動体通信、インターネット通信および家庭用電化製品などに適用されています。

5

ロンジー・グリーン・エネルギー・テクノロジー
隆基緑能科技股分有限公司

上海A

937

ロンジー・グリーン・エネルギー・テクノロジー(隆基緑能科技股分有限公司)は主に単結晶シリコン・インゴットと単結晶シリコン・ウェハの研究・製造・販売に従事する中国の会社です。同社は単結晶シリコン・インゴット、単結晶シリコン・ウェハ、多結晶シリコン材料、ポリエチレン・グリコール、炭化ケイ素粉末及び太陽電池モジュール等の製品提供と加工サービスを行う。

  • ※出所 Bloomberg並びにモーニングスター社のデータよりSBIアセットマネジメント作成
  • ※2019年12月末のデータを利用
  • ※上記は将来の組入を約束するものではありません。また、個別銘柄の推奨を目的とするものではありません。
  • ※SBIアセットマネジメント作成資料から抜粋

SBI−SBI中国テクノロジー株ファンド

募集期間:2020/3/3(火)〜3/23(月) 12:00(インターネットでの申込の場合)

お申し込みはこちら

ご注意事項

  • 「毎月分配型」「隔月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月または隔月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。
アジア経済の次なる主役?成長期待高まるベトナム株に低コストで投資!「T&Dベトナム株式ファンド」

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション
  • 人気急上昇中の海外ETF!5つの人気の理由とは?

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.